SCRAMBLE

ANIME  /  2019.03.13

16202

入門編にも最高「スパイダーマン」最新作が熱い

アメコミ大好き才原茉莉乃です。
アメコミとはアメリカの漫画の事。「スパイダーマン」「スーパーマン」「バットマン」「アベンジャーズ」など実写映画やドラマ、アニメ、ゲームなどさまざまなコンテンツがあります。アメコミは今熱いコンテンツの一つ!たくさんの人に好きになっていただきたいので発信していきます!

本年度アカデミー賞(長編アニメーション賞)、ゴールデン・グローブ賞(アニメーション作品賞)を受賞した、今最も熱いアメコミ映画が日本に上陸!

3/8公開「スパイダーマン:スパイダーバース(SPIDER-MAN INTO THE SPIDER-VERSE)」

アメコミキャラで一番有名と言っても過言ではないスパイダーマンのアニメーション映画が公開されました。

実写映画は何度も制作されているし、日本で特撮ドラマもしていたくらいなので、日本で一番知名度のあるアメコミキャラです。
しかし、アニメーション映画が日本で公開されるのは初めてではないでしょうか?

イマドキ風な作風だけど、内容はスパイダーマンの魂が受け継がれていて、さらには世界共通のヒーローの成長物語、いや、全ての人の心に響く成長物語です。

ヒーロー映画としても最高で、主人公・マイルスが「ヒーローの葛藤」もあり「ティーンエイジャーの葛藤」もあり、さらには誰もが通る、通ってきた道を『同じ能力、同じ境遇だけど見た目も年齢も性別も住むユニバース(世界)が違うスパイダーマンたち』と出会うことで、成長して学びながら敵を倒し、新しい世界のスパイダーマンになる…というお話です。

心にグッときすぎて大号泣

3/1〜3まで開催のIMAX先行上映で観てきたのですが、大号泣しました。

ヒーロー映画だし、スパイダーマン特有のコメディなシーンもたくさんあるし、戦闘シーンはめちゃくちゃかっこいい。

その中に潜む『熱さ』が、涙腺を刺激してきて《胸熱》状態になり、感動とかではなく心にグッときすぎて大号泣してしまいました。

さらにアメコミ好きとしては、違う世界のスパイダーマンたちが映画で動いてるのが一番嬉しくて嬉しくて…。

とくに、アメコミにハマったのは「アルティメット・スパイダーマン」というアニメからなので、その作品にもさまざまなスパイダーマンがでてくる回もあります。

その時から好きな「スパイダーマンノワール」が映画館でみれて、グッズもでてるのがめちゃくちゃ嬉しいです。

スパイダーマン入門編としても最高の映画!

主人公・マイルスも言ってみれば違う世界のスパイダーマンの一人で。

あとは、ピーター・パーカーが死んでグウェン・ステイシーがスパイダーマンの能力を持った世界のヒーロー、スパイダー・グウェン。

カートゥーン(アニメ)世界のコメディ王なスパイダーマン、スパイダーハム。

英国のスパイダーマンの能力を持つモノクロ世界の探偵、スパイダーマンノワール。

日系アメリカ人の高校生で「SP//dr」というメカ・スーツを使って戦う、ペニー・パーカー。

そして、オリジナルのスパイダーマンであるピーター・B・パーカー。

いろんな世界のスパイダーマンが集まりますが、何も知らなくても大丈夫!むしろスパイダーマンを知らなくても大丈夫です!

全て劇中で説明してくれるので、スパイダーマン入門編としても最高の映画です。

世界で超話題作の「スパイダーマン:スパイダーバース」皆さんもぜひ見てください!

才原茉莉乃

2013年avex×CanCamにて誕生した「痩せたらクビ!太り過ぎてもクビ!」エリートぷに子ユニット”Chubbiness”(チャビネス)として2019年3月まで活動。
現在はタレント、女優として活動中。