SCRAMBLE

GOURMET  /  2019.03.11

12336

絶品『トリオdeショコラ』と贅沢な時間を堪能

花粉に悩まされ、鼻がつまり、チョコレートを美味しく食べられない日々が続きへこんでいます。RPI(ロールプレイングアイドル)ラストクエスチョンの勇者、みっすーです。
3月、少しずつ木々も色を付けはじめ、春へと向かっていますね。寒いとあまり外出したくないですが、そろそろ街に繰り出したくなります。
そこで今回は、先日私が実際に行ったカフェのおすすめ商品をご紹介します。

トリオdeショコラ

価格:756円(税込)

池袋Esola内にある【本と珈琲 梟書茶房】にて食べられる商品、《トリオdeショコラ》です。

チョコスポンジのシフォンに生クリームが挟まり、その上を飾るのはチョコクランチと生チョコレートです。

これだけでも十分チョコレートチョコレートしていて美味しそうなのに、ここにさらにチョコレートをかけます。

もうこの見た目だけでよだれが出そうです。
さっそく食べてみたいと思います。

飽きることもなくパクパクと食べられてしまう

これだけチョコレートがたくさんなのに、味が喧嘩することなく口に広がります。

チョコスポンジと生クリームは甘さがやや控えめ、上に飾られているクランチは食感がしっかりしています。

生チョコレート自体は甘いものの、ココアパウダーのほんのりとした苦味がくどさを抑えています。そこへさらに、しっかり甘いチョコソース。

1つの商品の中にそれぞれの役目を持つパーツが合わさって喧嘩することもなく、飽きずにパクパクと食べられてしまう1品です。

ボリュームもあるのに、最後まで飽きずに食べられることにとても感動しました!

飲み物にストレートティーを選んでいたので、余計な甘さがない分そこもよいチョイスだったのかな?と個人的には思います。

梟書茶房は本と珈琲の魅力を伝えるために生まれた場所で、カフェ内ではこだわりの珈琲、そしていくつもの本が置いてあり、自由に読めるようになっています。

商品やコンセプト1つ1つがしっかりしており、ここでは伝票ではなく鍵を渡され、帰る際にこちらを店員さんに渡すシステムになっています。

何から何までおしゃれ…!

贅沢な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

なかでもふくろう文庫と呼ばれるシステムは、たくさんの本が置いてあるのですが、表面にタイトルの表記はなく、感想やおすすめ理由だけが書いてあります。

数ある本を見て、推薦文を見て、インスピレーションで本を買う。
斬新ですよね。

そんな本を読みながら、スイーツを食べ、贅沢な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

本と珈琲 梟書茶房(フクロウショサボウ)

住所:東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola(エソラ)池袋4F
電話番号:03-3971-1020
営業時間:10:30~22:00(L.O.21:30)
定休日:なし

桃井美鈴

RPI(ロールプレイングアイドル)ラストクエスチョンとして活動中。役職は勇者。
2018年の誕生日にファンの方から頂いたDARSの数は115個。2019年は126個頂いてしまった!
2019年5月11日(土)渋谷WOMBにてワンマンライブ開催決定!

Twitter:@Misuzu_Momoi