SCRAMBLE

GOURMET  /  2019.03.08

8018

爽やかな飲み心地「鯖専用のお酒」が気になる!

こんにちは。Lunaです。
突然ですが、みなさま鯖はお好きですか?
ここ最近、急遽巻き起こっている鯖ブーム。素朴な水煮缶からおしゃれな高級鯖缶まで、たくさんの種類の鯖缶が店頭に並んでいますよね。
鯖缶コーナーが缶詰コーナーの中でももっとも存在感を放っているスーパーも、最近ではよく見かけます。
私は、偶然名古屋のコンビニで出会った鯖のオリーブオイル漬け缶が大好きなのですが、まだ東京では見つけることができていません。地方限定のものだったのかな。

そんな空前の鯖ブームの中、満を持して「鯖専用のお酒」が発売になるという噂をキャッチしたので、調査してきました。

漁獲量日本一の鯖大国 茨城が生んだ、鯖の旨味が引き立つ「鯖専用のお酒」

度重なる研究によって作られた、鯖の旨味を引き出すお酒

茨城県は日本一鯖の漁獲量が多いことをご存知でしたか?

『茨城県が誇る鯖を、もっと美味しく食べていただきたい』

そんな願いを込めて開発されたこの商品は、幾度にもわたる研究が重ねられ、鯖の旨味を引き出してくれるお酒になっています。

この美味しい鯖を通してもっと茨城を知ってほしい。茨城を好きになってほしい。そんな願いも込められているそうです。

美味しい鯖をより美味しく感じられるお酒なら、ぜひ試してみたいですよね。

気になるお味は?女性も挑戦しやすいレモンの香り

レモンを添えて飲むのもおすすめ

気になるお味ですが、心地よいほのかなレモンの香りがするのが特徴なこのお酒。

柑橘系の爽やかなお酒は、普段あまりお酒が得意でなく、焼酎は飲んだことがない!という女性にもとてもおすすめできます。

シメさば、さばの味噌煮、焼さばなど、色々な鯖料理に合わせて楽しめる一本になっています。

カップルでも楽しんでほしい。二匹の鯖に込められた思い

ラベルには二匹のゴマサバ。大きさの違う2種類が発売されます

ボトルのラベルは二匹の鯖がキスをしている(商品名のCHUとかけてある)ものになっており、ぜひカップルでも楽しんでほしいという願いが込められているそうです。

『SABA de CHU』内容量720ml
¥1,380(税別)

『SABA de CHU』内容量300ml
¥690(税別)

品目:リキュール
アルコール分:16度

<販売元:明利酒類株式会社>
茨城県水戸市の老舗酒造メーカー。江戸時代末期の安政年間に、現在地で創業した加藤酒造店が前身で、昭和25年(1950年)に明利酒類株式会社として法人化する。以後蒸留酒、アルコールなどを製造し、現在は清酒、焼酎、リキュール類(梅酒等)、発酵調味料などを造る総合酒類メーカーとして販路を全国へ広げているほか、世界へ向けて輸出も行なっている。

Luna

美味しいものが大好き。激辛好きライター。
お酒はビールと日本酒を特に愛してます。
主にグルメ記事を執筆。ガジェットものも書きたいと思ってます。
たまに美容記事や好きな趣味の分野についても。