SCRAMBLE

SPORTS  /  2019.03.22

5323

AIを使った『未来のトレーニング』を体験!

こんにちは。
2回に渡ってスポーツ産業展で見つけたプロ野球にまつわるグッズ等をリポートしてきましたが、3回目の今回は「まだ世に出ていない未来のサービス」をリポートさせて頂きます。

AIを使った最先端の取り組み!

まず、株式会社NTTPCコミュニケーションズ様のブースで体験させて頂いた「Any Motion」というサービス。

このサービスではAI技術で動画から人物を特定し、骨格の検出と差異の判定を行い具体的な改善点を認識できます。

感覚に頼らないフォームの修正を可能にすることができるそう。

画面に出ているお手本の動き(なんと今回のお手本にはラグビーのトップリーグ所属のNTTコミュニケーションズシャイニングアークスの沼尻大輝選手が登場)と同じ動きをして、自分の動きが具体的にどう違うのかスマートフォンやカメラで撮るだけで違いがわかるというもの。

アームカールにチャレンジ!

私も沼尻選手と同じようにアームカールにチャレンジ。

すると、

支点ごとに合っているところは緑、間違っているところは赤、と表示されました。

また沼尻選手の動きと一致している部位別、時間別の度合いや意識すべき部位も、このようにとても詳しく表示されました。

AnyMotionを使えば運動音痴の私でも一人で正しいトレーニングをすることができるし、スポーツだけでなくリハビリにも活用できるそう。

もちろん野球のバッティング、ピッチングのフォームも比べることもできるそうで、近い将来バッティングセンターで好きな選手のスイングと自分のスイングを比べることができたり、ピッチングのフォームを真似することができたりするんじゃないかなぁとわくわくしました。

また、今秋に始まるという株式会社ジャストワーク様、株式会社日本カードクリエーション様の提供する、今後のプロ野球カードに関わるだろうサービスも。

こちらのサービスについて教えて下さった、株式会社ジャストワークの竹葉様、満保様。

ホワイトカードにアプリから好きな選手を選んでオンデマンドプリンターからその場で印刷することができるため、ホロプリント等を施したレアカードやその日だけの限定カードを印刷できたり、データを更新して毎日新しい情報のカードを手に入れることができるそう。

またICを内蔵することも可能で、リーダーにタッチすると特典画像が見られるようにすることもできるという、まさに未来のベースボールカード。

わくわくする展示会でした!

こんなハイテクなプロ野球カードが手に入る未来がすぐ近くに…!
想像するととても楽しみです。

今回取材させて頂けたスポーツビジネス産業展は3回に渡ってリポートしてしまうほどプロ野球、スポーツ産業についてたくさんのことを学んだり感じることができ、とても楽しく、わくわくする展示会でした。
行けてよかった。

お忙しいなか取材させて下さった皆様、本当にありがとうございました。

そして間もなく始まるプロ野球シーズン。今年はどんな一年になるのでしょうか。

オフシーズンに学んだことや感じたことを加え、プロ野球を更に楽しんでいきたいと思います。