SCRAMBLE

SPORTS  /  2019.03.29

11650

快晴のプロ野球オープン戦!ロッテ×ヤクルト

こんにちは。香澄明希です。野球のオフシーズンって寂しい…とあんなに思っていたのにあっという間にシーズン突入。
関東でオープン戦が始まった途端、1週間に5試合も球場へ観戦しに行ってきました。
今年初めての野球観戦は3月12日、ZOZOマリンスタジアムにて千葉ロッテマリーンズ対東京ヤクルトスワローズの試合を。

気持ちのいい観戦日和!

快晴でビールがすすみます。

マリーンズのピッチャーは昨年まで4年連続9度の開幕投手を務めている涌井秀章投手。

スワローズのピッチャーは2年連続チームで唯一の規定投球回をクリアし、さらに昨年は球団史上5人目となる外国人投手二桁勝利を記録したブキャナン投手。

先発ローテーションの中心となるであろうピッチャー同士の対戦となりました。

そして、昨年まで北海道日本ハムファイターズに在籍し、ファイターズに在籍した4年間ずっとチームトップの本塁打数を記録していたレアード選手は今年からマリーンズの一員となり、この日もタイムリーツーベースを放ちました。

また同じく今年からマリーンズに加入したバルガス選手、ここまでのオープン戦でまだヒットが出ていなかったのですが、この日もノーヒット。

(手前に写っているのは昨年引退した根元俊一コーチ。今年から内野守備走塁コーチを務めることになりました)

昨年のドラフト会議で1位指名された藤原恭大選手は8回に代打で出場。

結果はセカンドゴロでしたが、甲子園春夏連覇を果たした大阪桐蔭高校出身の高校生ルーキーの登場に大歓声があがりました。

この日はついマリーンズの新戦力に注目して観戦してしまいましたが、スワローズのドラフト8位のルーキー吉田大成選手はフル出場でショートとセカンドを守り、二塁打を放ち1打点を記録。

1年目からの活躍が期待されます。

日米野球以来約4カ月ぶりの野球観戦でしたが、とてもあっという間に感じました。

とうとうペナントレース突入!今年もたくさん球場に行けますように。