SCRAMBLE

GO OUT  /  2019.05.30

11420

コマセなしの投げサビキ!東京湾でアジを釣る!

こんにちは!おかまりこと、岡田万里奈です!
今回は、東京湾にてアジ釣り!アジングではなく、投げサビキで釣ってきましたよー!

まず、今回のタックル&仕掛け

まず、今回の仕掛けはこちらです!

普段シーバスで使っているタックルをそのまま使用。hayabusaから出ているサビキを付けただけです!

普通堤防からの投げ釣りというと、もっと長い竿を使うイメージですが、わたしはそれだと疲れちゃうので…(笑)

このくらいの長さの竿に対応する三本針のサビキを使って、釣っています!
飛距離もそこそこは出るので、あまりに遠い群れは狙えないけど、ある程度の距離の群れならこれで十分!
場所にもよりますが、意外と堤防近くにも群れは回ってくるみたいです!

【タックル】
竿:Foojin'R 93ML/APIA
リール:EXSENCE CI4+ C3000M/SHIMANO
ライン:PE1号 リーダー20lb
オモリ:5〜8号

最近のお気に入り

最近の我が家でのブームは、hayabusaからでているこのサビキ!

『飛ばしサビキ ケイムラ』

このサビキを使って、ママが一人勝ちしたその日から、みんなこれが使いたいのです(笑)

でも岡田家は基本、サビキは手作りなので、それ以来このサビキに似せたものを大量生産しています。
でもまだ、どこか何かが違うらしい…いつかこのサビキを超えるものが作れないかなぁ(笑)

欲の深さがでてしまう(笑)

おもりには、オモック(オモリ+フック)を使用。

これはパパの仕掛けですが、わたしはジグを下に付けたりもします!

こうすることで、しゃくった時に、サビキでも狙えるし、ジグやオモックにも魚が食ってくる、まさに一石二鳥なのです!

わたしは次回から、ナス型オモリにジェルネイルで塗装して、針を付けてみようと思ってます!多分これからの時期、何か釣れると思うんだよなぁ…(笑)

いざ、実釣!

投げサビキは意外と、フォールが早くても食ってくるので、わたしはジグの場合30g弱、ナス型オモリなら8号くらいを使ってます!エギングロッドでやるときは、20g前後またはオモリ5号がほとんどです!

基本的に底を狙うので、着底したらしゃくってフォール、また着底したらしゃくってフォール…の繰り返し。

ママは独自の釣り方があるらしく、しゃくった竿をまたゆっくりと元の位置へ戻すことで、フォールの姿勢を変えてるのだとか。

わたしの場合はしゃくった竿を止めて、シンプルにカーブフォールさせる釣り方が多いけど、これに関してはママが一番よく釣るので、ママの意見が参考になるかと思います…(笑)

釣れた。

ということで、さっそくアジが釣れてくれました(笑)

わたしは二匹までしか経験したことがないのですが、6本針の人なんかだと6本全部にアジが付いてきたりもします!

こんなに小さいアジだけど、意外と引くので面白いです。たまにゲストで、シーバスの子供とか、イシモチなんかも釣れてくれます。
ザ・東京湾!って感じですね!

コマセがなくても…

東京湾の投げサビキ、コマセを撒けばもっと確率は上がるかもしれませんが、コマセを撒かなくても、アジを釣ることができました。

これなら手を汚したくない方にもオススメ!東京湾の釣れたてアジは、本当に美味しいですからね!

初心者の方でも簡単に、お魚が釣れてしまう投げサビキ、これからの時期は予期せぬゲストも釣れるかも知れません!

夢ある釣り、是非一度試してみてはいかがでしょうか♪