SCRAMBLE

ENTERTAINMENT  /  2019.06.01

32421

女の子の青春と心の葛藤を描いたオスカー受賞作

こんにちは!kolmeの香美です♪
ハリウッド女優の代名詞といえば、みなさんは誰を想像しますか?「ハリーポッター」シリーズのエマ・ワトソンや、「バイオハザード」シリーズのミラ・ジョヴォヴィッチなど…日本で有名な女優さんはたくさんいますよね。その中でも群を抜いて素晴らしい美しさを兼ね備えた大女優がいます。
その名も「アンジェリーナ・ジョリー」日本でも知らない人はいないのではないか!?
今回はそんな彼女が初めてアカデミー賞を受賞した作品をご紹介します!

「17歳のカルテ」(1999年)

主演を演じるウィノナ・ライダー自身が作品に惚れ込み、自ら主演・製作を行った映画です。

精神療養施設へと送り込まれたスザンナが、自分よりも深い心の闇を抱えた患者たちと触れ合っていく中で、自らの心を成長させていく物語。

これぞアカデミー賞と言える作品

一言で言うと、アンジーがアカデミー賞をとった理由が一目瞭然に分かる作品です。

特にカラーが強いキャラクターを演じたアンジー、彼女にしか出せない力強さを感じました。
あたかも本当の彼女がその作品の中で生きているかのように。

物語はティーンならではの心の葛藤が描かれていました。
しかし、この映画を観ている時の私は、こんな状況が少し羨ましい…と感じてもいました…。

超真面目で悪さもせずに生きてきた青春時代を少し後悔しましたね。スタッフの目を盗んで立ち入ってはいけない場所へみんなで行ったり…。抜け出してみたり…。

自分の学生時代をまたやり直せるなら、もうちょっと悪さがしたかったかな(笑)
正直、そんな風に思う作品でした。

女の子の青春の物語

これは誰もが通る、女の子の青春の物語です。
誰にだって悩みはあるけど、それは一人で解決できるものじゃない。

自分の知らない他人の人生に触れて初めて、自分の悩みを解決できたり自分の考えを正せたりするものなのだなぁと思いました。

あなたにも必ず大切な何かを気づかせてくれる、思い出させてくれる作品だと思います。

ぜひ観てみてください!

KOUMI

KOUMI、RUUNA、MIMORIの3人によるガールズユニット『kolme』で活動中。
2014年12月30日に結成。それぞれの得意分野を活かし楽曲やパフォーマンスをセルフプロデュースする新しいスタイルのガールズユニットとして活動をスタート。
リーダーのRUUNA、ダンスを得意とするKOUMI、作曲を得意とするMIMORIの3人が一体となったクオリティーの高いダンスと楽曲の創造性溢れるパフォーマンスが魅力。