SCRAMBLE

GO OUT  /  2019.09.05

17872

コマセでアジ釣り!新鮮なアジ料理が絶品すぎる

こんにちは!おかまりこと、岡田万里奈です!
今回は初心にかえり、金沢八景の太田屋さんでコマセでのアジ釣りです!

初心者にも大人気のこの釣り、たまーに極端に釣れない時もありますが、比較的ボウズを免れることが出来る、入門にはかなりオススメの釣りです!これにまつわるイベントのお知らせもあるので、ぜひ最後まで読んで下さい♪

今回の仕掛け

まずは、仕掛けから!

一般的なコマセ釣りの仕掛けですが、アジの仕掛けにはひとつポイントが。アジは口が切れやすいお魚なので、仕掛けの中にクッションゴムを噛ませます。

アジが掛かった時、このクッションゴムがビヨーンと伸びて、引っ張り合う力を吸収してくれるので、口切れせずにアジが上がってきてくれるのです!

クッションゴムの製品も販売してますが、ヘビー級の輪ゴムでも全然大丈夫!私は大体いつもそれを使ってます。まあそれこそ、どこに売ってるのって感じですけどね…(笑)

開始早々に

さっそくアジをゲット!!!

最初の数回は、とにかくコマセをガンガン撒きます!一隻の船でたくさんの人が撒いていれば、船周りはもう魚が溢れんばかり寄ってくる!イメージ!(笑)

だんだんとアジが、「ここには餌があるんだ」と分かり始めると、連続してポンポン釣れ始めます。一匹掛かっても、もう一匹掛かるまで上げないなんて人もよくいますよ。
一気に2匹も3匹も掛けてくれれば、二桁なんてあっという間に達成できますね!常連さんなんかだと三桁なんて話も。捌くことを考えると気が遠くなっちゃいますけどね(笑)

写真のアジもダブルヒット〜!我ながら良い顔してますね〜(笑)やった!

食べる前提で釣っている私は

そう、食べること前提で釣っているわたしは、船の上でここまで下処理しちゃいます!

頭や内臓などは、家でゴミになるとなかなか処理に困るものなので、船上で一気に捌いちゃうと楽!でも、うねりの中でやると一気に船酔いするので、凪の日限定ですが(笑)

昔取材でアジを釣って、記者さんが写真撮るよー!って言った時にはもう、エラから内臓取り除いてた時あったな…そのときの記者さんの苦笑いが未だに忘れられません(笑)

この日の釣果は!

というわけで、この日の釣果は、おそらく20数匹くらいだったと思います!
同行者の釣果も合わせて、食べる分は十二分に釣りましたね^^

さてここからは、ひたすら捌く作業〜。
太田屋さんのBBQ場にある台所で、一人黙々とさばいていきます♪

完成

即席ですが、まずはお刺身から!

アジの身が分厚くて、見た目もボリューミーな仕上がりになりました!

お皿はもちろん紙皿なんだけど、それもなんかまたいいでしょう?(笑)

味は言うまでもなく絶品!わさび醤油でいただきました!

干物

つづいては、アジの干物!

釣れたそばから開いて、船の上で天日干ししてました。

これが、わたし的にはナンバーワンでしたね!干物ってあんなにすぐできちゃうものってこともこの日初めて知りましたー!!

さっきまで泳いでたとは思えない姿になってしまったけれども…。

まったく映えてはいないけど

アジ料理のラインナップはこちら!

アジをミンチにして、餃子の皮に包んだアジ餃子もなかなか美味でしたよー!

ただ火が小さすぎて、中まで火が通らなかったのが残念でした(笑)

でも釣って捌いて料理して、みんなでわいわいBBQの一日は本当に楽しすぎてあっというま!

というわけで、こんなイベントやりますよー!!!

岡田万里奈とアジ釣り&バーベキューを楽しもう!!

日刊スポーツ主催のスペシャルイベント!
『岡田万里奈とアジ釣り&バーベキューを楽しもう!!』

恐縮ですが、釣りガールの私岡田万里奈と一緒に、釣りしてバーベキューするイベントでございます(笑)

私もインストラクター兼盛り上げ役として、皆さまに釣りの楽しさをお伝えできたらと思ってます。しかも今回は、必ず日刊スポーツに載れる!とのこと!!

一生の記念になること間違いないですね!

応募は、以下のURLまたは、次の見出しに添付のQRコードからできます。私のインスタやフェイスブックにも掲載あるので、そちらからでもOKです!

この機会に、たくさんの方とご一緒できるのを楽しみにしています!ぜひ応募してみてくださいね♪

(応募締め切り:9/21)

QRコード

    岡田万里奈

    釣り好き一家の一人娘です。アオイソメはもう噛みちぎれるレベルまできています。よろしくお願いします!

    【テレビ】
    テレ玉「フィッシング倶楽部」(不定期出演)
    釣りビジョン「釣りステ釣会議」(不定期出演)

    【新聞連載】
    日刊スポーツ 「オカマリの雨のち晴れ、いっつも釣り!」