SCRAMBLE

GOURMET  /  2019.07.13

13309

福岡・太宰府名物「梅ヶ枝餅」の意外な由来って?

こんにちは、梅干しマニア、橘香央里です。
みなさん、福岡県太宰府市の名物で、名前に「梅」が付く焼餅を知っていますか?
今回は梅つながりの梅ヶ枝餅(うめがえもち)をご紹介します。

梅の香りも味もしない梅ヶ枝餅

福岡に住んでいた頃、何気なくいつも食べていた梅ヶ枝餅。
ふと考えたら梅ヶ枝餅って梅の味も香りもしない。

梅の花の刻印が押してある餡子入りの香ばしいシンプルな焼餅は、なぜ「梅ヶ枝餅」という名前なのか?

それは、日本三代怨霊の一人といわれる菅原道真が生前、太宰府へ左遷され落ち込んでいた時に、安楽寺の門前で餅売りの老婆に「元気を出して」ともらった餅をとても気に入り、道真の死後、老婆が餅に梅の枝を添えて墓前に供えたという説。

もしくは菅原道真が軟禁されている時に、老婆が格子ごしに梅の枝に刺して餅を差し入れたことが由来とされているようです。

風味や味に梅は感じられませんが、とっても美味しいので福岡へ行かれた際はぜひ。

博多駅や空港でも買えますよ。

かさの家 博多駅KIOSK売店内

梅ヶ枝餅:1つ120円

住所:福岡県福岡市博多区博多駅中央街1 KIOSK売店内
電話番号:092-922-1010
営業時間:8:00~20:00
定休日:なし