SCRAMBLE

SPORTS  /  2019.07.30

17549

ヤクルト設立50周年!ドリームゲーム行ってきた

こんにちは!一緒に飲めるアイドル、飲みドルの田邉絵莉です。このコラムでは野球についてのお話しをさせていただきます。
前半戦も終わりセ・パ共に試合の無かった7月11日、神宮球場では夢のような試合が行われていました。

スワローズ球団設立50周年記念!

スワローズ球団設立50周年を記念して行われたOBたちによるスペシャルマッチ、「オープンハウスpresents Swallows DREAM GAME」。

この日の神宮球場は平日にも関わらず、試合前から多くのスワローズファンで賑わっていました。

Swallows Museum

この日は試合以外にもファン必見のイベントがありました。
室内練習場では1日限りの『Swallows Museum』がオープン!

野球殿堂博物館協力のもと、当時の貴重なグッズが展示されていました。

そして『サンケイスポーツ×ニッポン放送presents History Road』ではサンスポのカメラマンさんが撮影した写真が並び、写真の下にあるスピーカーからニッポン放送の試合実況が流れていました。目と耳の両方でスワローズの歴史を振り返ることができます。

まだファン歴の浅い私は「過去にはこんなことがあったんだ」と勉強するつもりでこのブースを歩きましたが、昔から応援されているファンの方は当時を思い出して懐かしい気持ちになったのではないでしょうか。

Swallows FANBOOK Library

球場正面には歴代のファンブックの表紙をまとめた巨大ブックが登場!

ファンブック、私は2015年以降の物しかもっていませんが、何年も前から発行されていたんですね。

限定グルメも!

球場内の売店ではこの日限定の復刻ヘルメットグルメも販売されていました!
ヘルメットは国鉄スワローズ時代・1990年代の黄金時代・1978年初優勝時代の3種類。

私は黄金時代のヘルメットが欲しくて、内野にある『さぼてん』で復刻ヘルメット唐揚げを購入しました!

正直ヘルメット目当てだったんですが、この唐揚げかなり美味しかったです。今度から試合中に唐揚げが欲しくなったらさぼてんに行こうと思います。

ヘルメットグルメなどの対象商品を買うと貰える限定のコースターも頂きました!

あっという間の6イニング

雨が少し降っていましたが、試合は無事開催されました。
ちなみにこの日は野村克也監督率いる『GOLDEN90's』と、若松勉監督率いる『Swallows LEGENDS』の対決。

選手たちは歴代のユニフォームからファン投票で選ばれた1990-1998年のホーム・ビジターユニフォームを着用していました。

試合前にはスワローズのファンクラブ名誉会員であるさだまさしさんによる国家独唱があり、始球式には同じく名誉会員の出川哲朗さんが登場されました。

イニング間のバックスクリーンにはこの日出場できなかったスワローズOBからのメッセージも流れたり、花火の打ち上げもあったりと、試合内容以外にも楽しい企画が盛りだくさんでした!

試合結果は若松監督率いる『Swallows LEGENDS』の勝利!両チームスワローズなので勝ち負けはあまり気にしてませんでしたが(笑)

心に残ったのは、やはり野村克也監督が代打で登場した場面。他の選手に支えられながらの登場でしたが、打席に入るとしっかりバットを構えます。結果は申告敬遠。この日1番の盛り上がりでした。

実はこの日の出場選手の中で、私が現役時代を知っている選手は4人(田中浩康選手、今浪隆博選手、松岡健一投手、山本哲哉投手)だけだったのですが、その4人の姿を見ただけで懐かしさと嬉しさで涙腺が緩んでしまいました。

そしてテレビでしか見たことがなかった選手、私がファンになった時には既に引退されていた選手、監督・コーチとしての姿しか見たことがない選手を目の前で見ることができたのも、とても嬉しかったです。

私が好きになったスワローズという球団は50年で沢山の選手、そして沢山のファンに支えられてここまで来たんだなと知ることが出来た1日でした。

今シーズンは大型連敗もあり苦しい状況が続いていますが、そんな時こそ私もファンの1人として、チームを支えられるように出来る限りの「応燕」をしていきたいと思いました。

    田邉絵莉

    一緒に飲めるアイドル『飲みドル∞エイトカンパニー』のメンバーとして活動中。

    Twitter:@tanabe_eri