SCRAMBLE

  /  2019.09.30

15420

縛りって開放感がすごい!?「永尾まりや」さんインタビュー

グラビア・ドラマ・映画等で大活躍中の永尾まりやさんが、3冊目の写真集『JOSHUA』 をリリース。
『JOSHUA』はジョシュア・ツリーの生い茂るアメリカ・カリフォルニア州サンディエゴを舞台に撮影され、作品中で「縛り」に挑戦していることが大いに話題を呼んでいます。
今回は永尾さんに、今年5月に行われたという撮影の裏話をお伺いしました。

壮大な地で縛られたかった

ーーはじめに、ロケ地であるサンディエゴの印象はいかがでしたか?

永尾:都会を離れていわゆる田舎の方へ行ったんですが、車で走っていると家もなくて、一面ずっと「ジョシュア・ツリー」が広がる景色のところがあって。

すごく遠くまで見通せて、初めて見る壮大な景色に感動しました。

ーー初めての「縛り」に挑戦したことが話題となっていますね?

永尾:今回の企画は「私がやりたい」って言った案がそのまま通ったんです。砂漠だとか壮大な地で「縛られたい」っていう。

ーー(笑)実際に縛られた感想は?

永尾:露出も結構したんですけど…ほんとに気持ちいいですね(笑)。

あの場所は人通りもないので、仮にあのままずっと一人で縛られてても誰にも気づかれないじゃないですか?
そういった意味での精神的な開放感がすごかったです。

ーーロケ地は後から決まったんですか?

永尾:そうですね。砂漠で撮影したいなって思っていて、色々調べていただいてサンディエゴがいいということになって。すごくいいところへ行かせていただきました。

あと今回の写真集は素朴な感じにしたくて、衣装も数少なく、という風に考えてました。

ーー写真集の発売記念イベントで、購入者の皆さんを縛るという特典がありましたが、縛ってみた感想は?

永尾:せっかくなのでイベントも面白いものをやりたいな、ということで幻冬舎さんと考えたんですけど、意外にも皆さん喜んでくれて。

初めは「何それ〜」みたいな感じだったんですけど、最終的には「結構よかった」みたいな方が多かったですね。

縛られるのが初めての方が多かったので、「皆さんの初めてを私が縛れてよかったな」と思ってます(笑)。

旅行みたいで楽しかった撮影

ーー「縛り」以外にも、印象に残っているエピソードはありますか?

永尾:撮影班みんなでキャンプやバーベキューをしたり、朝ごはんもみんなで作って食べたりとか。
撮影で行ったというよりも、本当に旅みたいで楽しくて。全然重荷じゃなかったです(笑)。

広いサンディエゴを一周しながら、モーテルに泊まったり、撮影で使ったキャンピングカーに泊まったり転々としてました。

ーーこの作品は、旅行している様子を収めた写真集という一面もあるんですね。

永尾:そうなんです。実際泊まって、撮影して、みたいな感じで。
この写真に写っているモーテルも泊まったモーテルですね。ちなみに、ここの周り何もないです(笑)。

あと、この写真に写っている車は、おじさんが貸してくれて…。

ーーえっ、おじさんが(笑)!?

永尾:はい、地元のおじさんが(笑)。

写真集の中の衣装や持ち物も最初から用意していたものだけでなく、私物も多いんです。「かわいいから撮ろう」という流れになって、私のパジャマでそのまま撮ったりもしました。

ーー楽しんで撮影されたということですが、「これは大変だった」ということは?

永尾:奥地に行くにつれて、乾燥地帯なのかめちゃめちゃ暑くて。パッって脱いで撮影して、すぐ車に戻るみたいな感じでした。

ーー木の上に寝っ転がったりだとか、大変ではなかったですか?

永尾:木の上もそうなんですけど地面が一番熱くて。地面に寝っ転がった姿を撮りたいというカメラマンさんの要望があって、めちゃめちゃ熱くてヤケドするかと思った(笑)。

ーー遮るものが何もないですもんね(笑)。

永尾:あとは、プールがめちゃめちゃ冷たかったです。気持ちいいとかじゃなくて、本当に冷たすぎて嫌だったんです。試練みたいな(笑)。

ーー今回の写真集の中で、特にお気に入りのカットは?

永尾:(永尾さんが背中越しにこちらを見つめるカットを指して)ここらへんが私的には気に入ってますね、ドレスも可愛くて。

この写真は、カメラマンさんが「まりやちゃんはケイト・モスっぽいから、ケイト・モスみたいな感じで行こう」ということで、ケイト・モスをイメージしながら撮りました。

実は食べることが好き!

ーー同性の私から見てもすごくセクシーだなぁと思うんですが、体型はどういった風に維持されてるんですか?

永尾:えー、全然維持できてない…と、事務所からも言われていて(笑)。
趣味がグルメなので、暇さえあればサイトを見て「このお店に行きたい」と言って、友達にランチとかにも付き合ってもらうんですけど。

でもこの時は、お尻を上げるパーソナルジムに通っていたので、お尻は上がってるかもしれないです。

ーー食べることがお好きなんですね?意外でした。撮影中はどんなものを食べましたか?

永尾:何食べたっけ…?私タコベルが好きなんですけど、朝ごはんにスタッフの方がタコベル買ってきてくださって。日本とサンディエゴのタコベルは中身が違うんですよね。

デザートも日本だとチョコレートが挟まってるスイーツなんですけど、サンディエゴは超甘いドーナツの中にバターが丸々入ってるもので、それがめちゃめちゃ美味しくて。

永尾:それを食べてたらマネージャーさんに「どんだけ食べるんですか!」みたいに言われてしまって(笑)。

ーー「ダメだ、太っちゃうから食べられない」みたいな感じなのかと思ったら。

永尾:撮影中も全然食べちゃってましたね、結局。

次回の構想は…

ーー新しい写真集をリリースしたばかりですが、次回の構想はあったりしますか?

永尾:もし4冊目が出るとしたら、めちゃめちゃキレイに撮ってもらいたいなって思ってます。

今回の3冊目を含めて、今まで写真集では一番キレイなカットを使っている訳ではなくて、味があったりだとか、別にスタイルは良く見えないけど「なんかいいなー」みたい写真を選んでいるので。

もし次の写真集を出すとしたら体型も完璧にして(笑)、一番キレイなショットを100枚だとか撮ってみたいなと思ってます。

多くの人に見てもらいたい!

ーーでは最後に、写真集をご覧になるファンの皆さんにメッセージをお願いします。

永尾:縛るとか縛られるとか、結構過激に感じるかもしれないんですけど、でも中身はなんていうんですかね、おしゃれな感じに仕上がっているので、女性の方にも見ていただきたいと思ってます。

本当に素敵な写真集なので、少しでも多くの人に見てもらいたいなと。ぜひ見てください!

永尾まりや(ながおまりや)

1994年3月10日生まれ。神奈川県出身。
2016年にAKB48を卒業し、現在はモデル・女優として雑誌・ドラマ・映画等で活躍中。
2019年8月27日に3冊目の写真集『JOSHUA』をリリース。

永尾まりや 3rd写真集『JOSHUA』

撮影:佐藤裕之
定価:2,778円(税抜き)
仕様:A4サイズ/ソフトカバー/オールカラー/144ページ
ISBN:978-4-344-03495-2 C0072
出版社:幻冬舎

追加イベント決定!

大好評につき、追加イベントが10月5日に決定!スペシャルな特典が盛りだくさんです。
詳しくは、幻冬舎のHPをご覧ください。
https://www.gentosha.jp/article/13880

永尾まりやさんのサイン入り音声チェキをプレゼント!

永尾まりやさんの音声メッセージ付きのサイン入りチェキを、1名様にプレゼントいたします。

▼応募方法
・SCRAMBLE公式Twitterをフォロー
・以下の対象ツイートをリツイート

▼SCRAMBLE 公式Twitter
@SCRAMBLEWEB

▼対象ツイート
https://twitter.com/SCRAMBLEWEB/status/1178550290129313793?s=20

▼応募期間
9/30(月)15:00〜10/7(月)23:59まで

当選者の方には、SCRAMBLE公式TwitterよりDMでご連絡させていただきます。
※当選の場合、DMにて住所氏名をお伺いし、郵送いたします。
※個人情報につきましては本件の発送以外には使用いたしません。

SCRAMBLE編集部

SCRAMBLE編集部のアカウントです。
インタビューや独自取材した記事を中心にお届けしていきます。