SCRAMBLE

  /  2019.09.06

16033

【イケてるハーツ】5周年記念ライブ直前!5年間の歴史を振り返るスペシャルインタビュー

2019年9月8日(日)、結成5周年記念ライブ「イケてるハーツ 5周年記念ライブ」を開催するイケてるハーツ。飛躍を続ける彼女たちに、SCRAMBLEが独自取材をさせていただきました。2期生加入、そして1期生の卒業…さまざまな経験経て6年目に突入する彼女たちは、今何を思うのか。1期生の虹香さん、宇咲美まどかさん、そして2期生の愛瀬りさこさんの「今」に迫ります。

変化し続けた5年間でした。

ーーーまずは皆さん、結成5周年おめでとうございます!

全員:ありがとうございます!

虹香:あー、今すごい5周年を実感した(笑)

ーーー5周年を迎えた心境を、教えてください。

宇咲美まどか:5年前の9月7日にステージデビューした頃は、私はまだ研究生で。自分がデビューすることすら実感がなかったんですが、今5年も続いてきて、ありがたいことにシングルも7作品出させていただいて…。元々、いろんなアニメソングを歌っていた「アフィリア・サーガ」さんに憧れてStand-Up! Recordsに入ったんですが、アニメソングも2作歌わせてもらったりと、あの頃と全然環境が違うというか。ステージに立てることがやっとだったのに、今はライブも当たり前のように出させてもらって、テレビで自分の曲が流れて…っていう、私の夢だったアイドル像に「イケてるハーツ」がならせてくれたというか、なりたかったアイドルに「イケてるハーツ」で初めてなれたので。なんか…5年ってやっぱり長いじゃないですか?(笑)

ーーーそうですね、オリンピックも一回迎えてますからね(笑)

宇咲美:ですよね(笑)普通の社会人の方も、5年経つと「仕事を長く続けてるな」って感じるって聞いたんですよ。ちょうど節目みたいな。それを聞いた時に、自分もそう思うようなところがこの一年あって、「あー5年になるんだ」「自分、5年間やってきたんだよね」と思うところも結構あったりして。…なんて言ったらいいんだろう。今、5年間続けているアイドルって、だいぶ減ってきたと思うんですよ。仲間がどんどんいなくなっていった中、今も続けているっていうことは…自分も頑張ったんだぞって思いになります。

ーーー自信がついた、ということでしょうか?

宇咲美:そうですね。それもあるし、「長いグループとしてもっと前に出ていくために私たちも頑張らなきゃ」ってちょっとプレッシャーにもなっています、若干(笑)長いグループが解散したり、新しいグループが売れていくを見ると、歴が長いからハーツだからこそ「魅せられる何か」を出していかなきゃなっていうプレッシャーと改めて葛藤するというか。頑張ったなって思うところと、頑張らなきゃなってところの境目にいるような感じです。

ーーー虹香さんはいかがですか?

虹香:今、「5周年おめでとうございます」って言われて、改めて実感したというか。まどかちゃんの言ってた通り、5年前の私たちは想像もしていないような今現在で…。毎日がすごい充実しているから、あっという間だったなっていう風に思うんですけど、この5年間で変わったことはすごい多いです。最初の頃はライブすることに必死だったのが、今ではたくさんライブさせていただいたり、アニメタイアップも2作品いただいたりとか。あとはやっぱり、2期生の加入が大きかったなって思います。体制が変わると気持ちも変わるというか…最初は後輩が入ってくるとは思っていなかったので、それで引き締まったところがあったなって思うし。イケてるハーツとして、2期生の加入を機に変われたなってすごい思いました。

ーーー具体的に、どんな変化がありましたか?

虹香:最初は8人でスタートしたんですけど、その頃は「8人でこのままやっていくんだ」って思っていたんですよ。だから一人卒業した時に(由良乃ゆのさん卒業)、7人で頑張っていかないといけないんだってちょっと心細い気持ちがあって。そんな中で4人が入ってきてくれたので、仲間が増えたというか、嬉しい気持ちと、この11人で戦っていかなきゃいけないっていう心構えっていうのかな…。すごい心境が変わりましたね。あとは、2期生のお手本にならないといけないとか、色々受け継いでいかないといけないっていうのは感じました。5年ってすごい長いと思うんですけど、先輩の純情のアフィリアさんは約10年やってきてるわけじゃないですか。それに比べるとまだまだだなって思うところもあるので、「もう5年」という意味では、もっと上を目指していかないといけないなと思うし、「まだ5年」って意味でも、まだまだいろんなものと戦って成長していきたいなっていう風に思いますね。

ーーーグループ愛というか…「イケてるハーツとして」大きくなりたいっていう気持ちをすごく感じます。

宇咲美:そうですね。みんな、そういう風に思って活動してきたことが大半だったりするっていうか。

全員:うんうん。

宇咲美:「グループとして強い」っていうのがまずあって、その上で個々の活動があることが一番ハーツのためにもなるし。あとは、自分がお仕事をもらうためにもグループが大きくなって、「私達はこういうグループです」っていう強みがないとやっていけないなとはずっと思っていたので。まずはグループとして大きくなって、皆さんに知ってもらいたいっていうのを一番に考えて5年やってきたのは大きいですね。

ーーー愛瀬さんはいかがですか?

愛瀬りさこ:5周年。私は、3周年の時からライブに出させてもらってるのかな?加入は2年前なんですけど。「あ〜もう5周年か」って…あ、途中から入ったやつなんですけど(笑)

全員:(笑)

愛瀬:もう5周年なんやって思いますし、二人も言ってたんですけど、5年もグループがあり続けて活動させてもらってることってすごいなって思うんですよ。しかも初期メンバーがまだ残っているっていうのもすごいなって思うし。先輩メンバーには色々尊敬するところがあるんですけど、まず5年も続けているっていうことが尊敬するポイント1つ目っていうか、すごい。なんか…なんやろ、尊敬してます!

全員:(笑)

愛瀬:2期生は、5周年ライブの時が加入してちょうど2年くらいなんです。私たちは、衣装もいっぱいあって曲もいっぱいあって、ライブができる環境になってから加入させてもらって。それを作りあげてきてくれたのは初期メンバーなので、すごい感謝もあるし、引っ張っていってくれてるなっていう実感はありますね。でも、いつまでも甘えててもあかんなって思うから、5周年を機にじゃないけど、自分もしっかりしようって思って。それこそ虹香さんリーダーなんですけど、リーダーだからって100甘えていいわけじゃないじゃないですか。歳も若いし(笑)

宇咲美:最年少だもんね。

愛瀬:だから、自分もしっかりしないとあかんなって。それは、私だけじゃなくて2期生みんななんですけど。で、まどかさんも言ってた通り、個々の仕事も大事だしやりたいけど、まずはグループとして大きくなりたいというか。グループ名が世に広まったら、それこそ個々の仕事もやりやすくなるやろうし。グループで売れないと、グループになった意味ないと思っているので。私達って、「5年もやってるんですよ!」って、今言えるじゃないですか。だからもっとイケてるハーツというグループを、初めは関東で、そこから徐々に徐々に…。私大阪出身なんで大阪にもいきたいし、福岡出身のメンバーもいるんで福岡にも行きたいし。イケてるハーツ知ってるよーとか、聞いたことあるよーでもいいんですけど、5周年を機にもっともっと広めていきたいなって思います。

末っ子が、リーダー就任で「変化」したこと。

ーーーこの5年、メンバー間であった「変化」はありますか?

虹香:個人的には、自分がリーダーになったのがすごい変わったなって思います。今まで末っ子だったので、「お姉さんたちがなんでもやってくれる」みたいな気持ちだったんですよ。みんな優しいし、本当のお姉ちゃんみたいなので。あと私、家族構成でも妹なんです。実際にお姉ちゃんがいるので、普段から妹気質というか、人に甘えてばっかりなところがあったので、リーダーになってすごい変わったなって感じます。リーダーは、メンバーとスタッフさんの投票制で決まったので、指名されるより、遥かに責任を感じて…。

宇咲美:うちらも押し付けちゃった感が…(笑)

虹香:そんなことない!そんなことない!

愛瀬:そんなことはないよね(笑)

宇咲美:いや、ごめんと思うところもあるんです(笑)グループの中だと虹香が一番しっかりしてて、リーダーっぽいなって思う中での投票制だったので。「あーこれは絶対に虹香だな」って虹香以外はわかってる中で投票させてるから、ごめんねって思いながら…(笑)でも、すごいしっかりやってくれてるので、感謝してます。

虹香:最初の方は、選ばれたからには頑張らなきゃ!って、それに縛られてちょっと固くなっちゃってたかなって思うんですけど、最近はリラックスしてできている感じがするので、この5年を機にもっといい感じのリーダーになれたらなっていう風に思います(笑)

メンバーの卒業を経て、今思うこと。

ーーー宇咲美さんは、何か大きな変化はありましたか?

宇咲美:私は、去年お姉さんメンバーの2人(新ユウユさん、舞波和音さん卒業)がいなくなっちゃった時に、改めて自分もしっかりしなきゃいけないとすごい感じました。私も、年齢でいうと下から3番目くらいなんです。入った時もまだ高校生だったので、それが今21歳になって…。自分がハタチを超えてるってことにも気づかないくらいに毎日があっという間だったので、中身だけは本当に大人になれずに(笑)

全員:そんなことない!(笑)

宇咲美:中身は大人になれないまま来ちゃって。メンバーが卒業した時に、改めて存在の大きさを感じました。安心感というか、なにかあった時に頼れる人がいると、軽い気持ちで甘えちゃう部分があったんですけど。1期生が少なくなった瞬間に、これは自分もグループを引っ張れる「何か」がなきゃいけないなって思って。

全員:うんうん。

宇咲美:私は、自分のやってきたことってダンスしかなかったので、パフォーマンスでもグループを引っ張って行きたいなと思ってます。やっぱり人数が少なくなると、ステージでも一気に人が居なくなったなって感じちゃうんですよね。だから1人が抜けた分、自分が2人分やらなきゃとか。アイドルが本業なので、ライブのこととかは人一倍考えます。11人から9人になったってすごく大きいことだと思うし、減っていく不安感もあるけど、しっかりしなきゃいけないっていうのはすごい思うようになって。それに関して、特に1期生は、きっとみんな同じことを思っているなっていうところはありましたね。

ーーーすごい。メンバーの考えていることがわかるって、素敵なグループですね。

宇咲美:本当ですか?一緒にいすぎちゃうんで、毎日。こんなに顔合わせるかってくらい(笑)2期生も今こう感じてるかな〜って思うし、1期生は5年も一緒にいるので、わかるんですよ。今、この人何を考えてるのかなって。

愛瀬:毎日毎日、ほぼ一緒なので。

宇咲美:ハーツの子たちは、頭の思考回路が大体一緒というか…例えば2択あった時に、みんながどっちを選ぶかがわかるっていうか。でも、わかるようになったのも、グループの事とかをいろいろ考えるようになったからかな〜って。自分の視野がちょっと広くなったかな、みたいなところはありましたね。1期のメンバーが卒業してから、ちょっとだけ大人になった気がしましたね。ずっと一緒にいてお互いがわかるからこそ、できることもあるんじゃないかな。

愛瀬:確かに!

メンバー同士が向き合うからこそ、喧嘩もフォローもする…!?

ーーー仲の良いイケてるハーツさんですが、喧嘩をすることはありますか?

愛瀬:私、メンバーの今井あきとたまに言い合いします(笑)

全員:(笑)

愛瀬:お互い言いたいこと言って、ちょっと時間経てば直るんですよ。「ごめんね」とか言わないんです、2人とも。スッて戻って、お互い「うん、この子そういう子やな」みたいな感じで納得しちゃうから。頻繁にはしないんですけど、たまに、「これはこうだよ」「いやこうだよ」みたいにお互い曲げへん時あるんです。でも1時間くらいしたら、スッと戻ります(笑)

宇咲美:例えば、これが嫌なんだなっていうのも大体わかるんで、メンバー一人ひとり。

愛瀬:お互い感情で怒っちゃう時もあるけど、お互い自分の中で消化して、元に戻れる。それも、2年で学んだことです(笑)

宇咲美:みんなでなんとなくカバーしたりとかして(笑)多分お互いさまなんです。私もそうだし、メンバーもきっと私をカバーしてくれているところがあるのかなって。

愛瀬:わかる。あの人今めっちゃ機嫌悪いなとか。

虹香:わかりますわかります。

宇咲美:本当に一緒にいるからね、わかるんだよね(笑)なにか言うよりも、あーじゃあ今はこうしようって。

ーーーメンバー同士がちゃんと向き合っているからこその関係性ですよね。

虹香:この5年やってきて、大事なのってやっぱり話し合いだなってすごい思いました。レッスンの空き時間とかに、例えば定期公演のセットリストを決める時とか、何かのテーマを決める時とか。みんなで意見を出し合って話し合うんですけど、その中で気づくことも多いなって感じます。メンバーってこう考えてるんだっていうのを、話し合いを通して感じるようになりました。

ーーー9名もいると、思ってることが1人1人違ったりしますもんね。

虹香:そうなんです。

宇咲美:それをぶつけ合わずに、9通りの意見をちゃんと受け止めることも大事だと思うし、受け止めてばっかりじゃなく自分が発言することも大事だから、そこはすごい学びましたね、大人数だから。他の大人数のグループさんってどうしてるのっていつも思います(笑)

虹香:思う!思う!本当に思います!

宇咲美:全員違うこと思うじゃないですか?軸は一緒でも、飛び抜けて違うところってあるから、どうやってやっているんだろって。

全員:めっちゃ思う!!

一番の思い出は、壁に当たった「9人でのツアー」

ーーー今までのグループ活動の中で、一番の思い出は?

愛瀬:一番の思い出…?えっ、選べない…(笑)

虹香:どれも濃すぎて。

愛瀬:うん、全部濃い。

宇咲美:やっぱり、近いことばっかり思い出しちゃうかもしれない。

虹香:一番最近のツアーは、結構覚えてる。やっぱり2人が卒業してからの穴を埋めつつ回るツアーは、なんだろう…。壁にぶつかりましたね。どうしたらお客さんが増えのか、どうしたらライブを見に来てくれるのか、どうしたら会いたいって思ってもらえるのかっていうのを、すごいみんなで考えて…。考えて考えて。プラスでパフォーマンス面も考えなきゃいけなかったんで、9人で周ったツアーは大きかったですね。

宇咲美:私も。9人になって初のリリースイベントから、そのままツアーになったんですけど、リリースイベントの時もやっぱり目に見えてお客さんの反応がわかるじゃないですか。ツアーも、どうしてもファンの方が減っちゃうところってあるんですよ。ハーツって、5年やってるからこそのメリットもあるんですけど、名前が知られてる分、新鮮さがないところにデメリットもあるなと思っていて。みんなが知っている、名前は聞いたことがあるグループのライブって、キッカケがないと「じゃあ行ってみよう」ってなるのは難しいなと。長いグループって、きっとみんなも目や耳に慣れ親しんでるから。5年やってるグループだけど新しく応援しようって、どうやって思ってもらえるのかって、すごい難しいです。ずっと続いてる漫画の最新話を見て面白いと思っても、その前に二十何話とかあったら、読むの疲れちゃうじゃないですか(笑)それと一緒なのかなって。

ーーーイケてるハーツとしての歴史がたくさんありますもんね。

宇咲美:そう、自分たちは「大きい問題じゃない」思っていても、ファンの方からしたらやっぱり難しいと思うんですよ。だから、いつでも「今のアイドルの人」として見てもらえるかどうかっていうのは、この夏のフェスとかでもすごい痛感しました。9人になって、一番の壁でした。

ーーーツアーを終えてみて、今どういう心境ですか?

虹香:ツアーを通して、グループとしてちょっとは前に進めたなって思ったんですけど、でもまだ足りないなって思いますね。満足はしてないです。やっとスタートできたというか。考えて考えてスタートして、進めたは進めたけど、満足まではいかないなって思います。

宇咲美:ちょっと掴んできたけど、そこをのし上がっていくまでには、時間かかっちゃうなぁ…って思うところは、正直ありますね。

愛瀬:難しい。満足はしてない。

宇咲美:もっと上に行きたいっていうのはみんな思ってるんで、「もっとこうしたい」っていうのが、多分まだまだ溢れ出すと思います(笑)

5年ライブの意気込みと、チャレンジしたいこと。

ーーーイケてるハーツ6年目、チャレンジしてみたいことは?

虹香:私たち「東名阪ツアー」しかやったことがなくって。メンバーに福岡出身がいたり、沖縄出身がいたりとかするので、もーっと広い…。

愛瀬:海外行きたい!!

虹香:イケてるハーツ、以前はシンガポールだったり台湾だったりフランスだったり行ったんですけど、2期生が入ってから海外行ったことなくて。海外も行きたいし、あとは東名阪を超えてもっと広い範囲でツアーしたいなって。

愛瀬:5大都市くらい!

虹香:うんうん、やりたいですね。

宇咲美:やりたいなぁ。

愛瀬:美味しいものも食べたいし(笑)

全員:(笑)

ーーー5周年ライブ、どんなライブにしたいですか?

虹香:今回、元メンバーのCY8ERさんのましろちゃんと、この間までメンバーだった新ユウユちゃんがゲストで出演してくれるんです。さっきまどかちゃんが漫画に例えて、「今までの巻を読もうと思わない」って話してたのを聞いて感じたんですけど、ゲスト2人が来てくれるからこそ、この5周年のライブで今までのハーツを知ってほしいなと思いました。セットリストも、5周年を感じられるセットリストなんです。

愛瀬:エモいところもあるけど、最近のイケてるハーツもちゃんと感じられる。

虹香:…っていう並びにしてるんですけど、それだけじゃ足りないじゃないですか。だから自分たちでイメージをしながら、昔を思い出しながらっていうのもあるし。2人も登場してくれるので、新しくきてくれた人にもわかりやすく伝えて、引き込んでいけたら!(ガッと引き込む手の動き)と思いますね。

愛瀬:話題にもなるかもしれないですしね。

宇咲美:毎年、周年ライブはイケてるハーツの総集編みたいな感じなんですよ。昔から振り返る日って、年に一度のこの日だけなんで。「あ、この時も知ってたなぁ」とか、きっと来てくれる人も振り返ることがあると思うんですけど、私たち自身もそうなるようにセットリストも作っているし、1年経つと曲も増えたりとか、新しい歴史を感じたり。去年とはまた違った1年間を詰め込んだライブになっているので、虹香も言ってくれたように、新しい人もきっとそのライブを見たら「あ、こんなこともあったんだなぁ」と思う答えになると思うし。逆に途中までしか知らなかった人が久しぶりにハーツを見て、「最新話のハーツもいいじゃん」みたいになるところもあったら嬉しいです。

全員:(無言で頷く)

宇咲美:今、みんなで全部準備してきているので、改めてハーツがいいなって思ってもらえるライブにしたいなって思います。

ファンの皆さんへ、イケてるハーツより。

ーーーでは最後に、ファンの方に一言ずついただけますか?

虹香:ファンの方に…うわー、なんか考えちゃうな(笑)

宇咲美まどか:難しい…これ一番難しい…(笑)

愛瀬:私、簡潔に一言で今終わらそうとしちゃった。

虹香:いいよ!どうぞ!

愛瀬:6周年もよろしくお願いしまーす!

全員:!?(笑)

虹香:早い早い。

愛瀬:あ、たしかに!まだ5周年!5周年迎えてない!

虹香:なんだろうなぁ、やっぱり5周年っていうのを実感すると、考えちゃいましたね。

ーーーファンの方に向けたメッセージとなると、重みがあります?

虹香:はい、重みがありますね。

愛瀬:重みある。重みある。

宇咲美:でも、5年間を知ってる人も知らない人も、いつもイケてるハーツのライブは楽しめるライブになっているし、その分きっと私たちもめちゃくちゃ思いがこもった特別なライブになると思うので、その重みを私たちから感じてもらって…。皆さんが笑顔で楽しめるライブを用意するので、笑顔で楽しみに待っていただけたらなと思います。

ーーーありがとうございます!では、虹香さん最後に…。

虹香:はい。難しい。でもなんだろうね、やっぱり…。

宇咲美:リーダーが締めに!(笑)

虹香:やめて!本当にやめて!プレッシャー!(笑)でも、本当にさっきも言ったように、今までのハーツも伝えつつ、これからのハーツを楽しみって思ってもらえるようなライブにしたいなって思っています。1周年〜4周年のライブよりも、昔のメンバーもゲストで来てくれることもあって特別感もあるだろうし、より歴史を感じられると思うし。歴史も届けつつ、これからのイケてるハーツも応援しようって気持ちになって思ってもらえるように、熱いライブにしたいなって思います。あと、昔から来てくれている人たちにとってはいつまでもハーツが「ホーム」であってほしいなと思いますね。ちょっと元気なくなったら会いにくるとか、新しい人もそうですけど、そういう存在にイケてるハーツがなれたらいいなって思います。

愛瀬:めっちゃ良いこと言ってる。

一同:(笑)

宇咲美:いつ帰って来ても全然、待ってるので。

愛瀬:うん、来てほしいです。

虹香:本当に来てほしいですね。離れちゃった人にも、来てほしい。とりあえず、とにかく、会いに来てほしい。

宇咲美:「いつ帰って来ても楽しいぞ!」っていう場所を、ハーツが作り続けたい。

愛瀬りさこ:やっぱハーツだなぁ〜みたいな。

虹香:うん、みんなに会いに来てほしいなと思いました!

素直で、真面目で、仲間・ファン想い。

取材終了後、「語りすぎちゃってごめんなさい」と言っていたメンバーの皆さん。
5周年を迎え、いざ今までの自分たちと向き合うと言葉が溢れて止まらなかったとのこと。

今抱える不安や、未来への野望を素直に言葉にできるのは、「イケてるハーツ」に真剣に向き合っているからこそ。
たくさん言葉が浮かんできたのに、「ファンの皆様へ」とコメントを依頼した途端、言葉を詰まらせて真剣に悩む姿が印象的でした。

グループのことも、ファンのことも大切に大切に考えるイケてるハーツ。
5周年記念ライブ、アイドルに真っ向勝負で挑むイケてるハーツを、ぜひ目に焼き付けて下さい。

イケてるハーツ

左から虹香、宇咲美まどか、愛瀬りさこ

世界中の人々の、疲れていたり、病んでしまった心、時に傷ついてしまったネガティブなハートを『歌』と『ダンス』と『元気な笑顔』で「イケてるハート」へとポジティブ変換してもらうために結成されたユニット。

虹香(にじか)
ニックネーム:にじちゃん
誕生日:6月8日
出身地:栃木県
血液型:AかO型
担当カラー:レッド
Twitter:@nj_68

宇咲美まどか(うさみ まどか)
ニックネーム:まどりん
誕生日:2月4日
出身地:埼玉県
血液型:A型
担当カラー:ピンク
Twitter:@__mdrin

愛瀬りさこ(あいせりさこ)
ニックネーム:じゅてこ
誕生日:12月20日
出身地:大阪府
血液型:B型
担当カラー:ゴールドグリーン
Twitter:@risako_afilia

<告知情報>

『イケてるハーツ 結成5周年記念ライブ』
【日程】2019/9/8(日】
【時間】OPEN17:30/START18:00
【会場】赤羽ReNY alpha
【料金】

チェキ付き優先入場券:4,000円(+別途 D)

前売り:3,800円(+別途 D)/当日:4,500円(+別途 D)

当日受付のみ:19歳以下の女性無料(+別途 D)

【公式サイト】http://stand-up-project.jp/live/5thanniversary

CHEERZプレゼントキャンペーン開催!

9/8(日)開催の『イケてるハーツ 結成5周年記念ライブ』を記念して、
『CHEERZ』ファンコミュニティサービスにて、ファンプレゼント企画を実施!

イベント期間中、「イケてるハーツ特別アカウント」に沢山CHEERをしてくれた上位1名様へ、『イケてるハーツ 結成5周年記念ライブ』で発売のグッズタオルに、虹香さん・宇咲美まどかさん・愛瀬りさこさんの直筆サイン入りでプレゼントいたします!

イベント期間:9月7日(土)00:00〜9月8日(日)23:59
詳細はコチラ:https://cheerz.cz/ranking/event/1210?key=B6tSMCJwb6

    SCRAMBLE編集部

    SCRAMBLE編集部のアカウントです。
    インタビューや独自取材した記事を中心にお届けしていきます。