SCRAMBLE

ENTERTAINMENT  /  2019.10.30

7485

謎解きが楽しい!おすすめ「探偵もの」映画

皆さん、こんにちは。森岡悠です。
映画好きの私がみなさんにおすすめ作品をご紹介します。
今回のテーマは「探偵」です!

今年もあと残り2ヶ月もないんですね!

季節はすっかり秋に移り変わって、今年も残すは2か月もないという衝撃的事実。

毎年思うことですが、歳を重ねるにつれて時間が経つスピードが早くなっているような気がします。
充実しているとも言えるし、時間に追われているとも言えるのかなぁと思ってみたり。

先日お父さんと電話をしていて「時間は皆平等だもんね!」という話になりました。
皆同じ時間のスピードの中で泣いたり笑ったり、努力したり、落ち込んだり…。
残りの2019年も充実したものになるように頑張ろうと思います。

先日舞台を終えました!

先日「探偵なのに」という舞台が終わりまして、今は「ノッキンオンヘブンズドア」という舞台の稽古に励んでいるのですが、面白い事にどちらも「探偵もの」の舞台なのです。

そして更に面白い事に、「探偵なのに」の幕が空いてからは、至る所で「探偵」という文字が視界に飛び込んでくるのです。
ふと電車の中から外を見ていたら探偵事務所を見つけたり、立ち止まって横を見たら探偵事務所のポスターが貼ってあったり…本当に偶然に。

これが引き寄せの法則(!?)なんて思いながら、きっと今は探偵というものに縁がある時期なんだろうなぁと思いまして、今回はそんな探偵ものの映画をご紹介したいと思います。

『シャーロック・ホームズ』(2019)

アーサー・コナン・ドイル著書の『シャーロック・ホームズ』に登場する人物を元に作られたミステリー作品。

ホームズとワトソンは儀式によって6人目の女性殺害を行おうとしているブラックウッドの犯行現場に乗り込み、彼女を救出する事に成功する。
ブラックウッドは逮捕され、死刑宣告が言い渡されて死刑が執行される。これで事件は解決…と思いきや、ホームズとワトソンの元に「ブラックウッドが生き返ったのを目撃した人物がいる」という情報が入る。

死者がどうして生き返ったのか、ブラックウッドの本当の目的は何なのか、魔術というのが本当に存在するのか…。
これらの謎を解き明かす為に、ホームズとワトソンは動き出す。

探偵と助手の関係性が見逃せない!

ミステリー作品というのは主人公と一緒に自分も謎解きをしているような気持ちになれるのが本当に楽しいところだなと思います。
だからこそ納得出来る事件の真相じゃ無かった時のストレスも計り知れない訳なのですが、今回は儀式や魔術が推理する対象になっているというのもあり、答えが全く読めず終始ワクワクしながら観入ってしまいました。

「え…?魔法やない?絶対魔法やない?」と思わずにはいられないトリックたち。
ホームズが推理をしているシーンでパッパッとカメラワークが切り替わってホームズの頭の中を覗き見る事が出来るのですが、ホームズの頭の回転の速さが凄く表現されていて好きでした。ワクワクせずにはいられない…!

そして見逃せないのが、ホームズとワトソンの関係性。
探偵と助手。仲の良い友達とはまた違う、お仕事仲間だと割り切っている部分と、とはいえ深い根っこの部分で繋がっている信頼関係が凄く好きでした。サッパリとジットリというかなんというか。

それこそ私はグループ活動をしている時に、家族では無いのだけれど家族よりも沢山の時間を共有していて、友達では無いのだけれど同じ目標を抱えていて…という仲間の存在を得ることが出来て、ホームズとシャーロックの関係性はこの「仲間」に近いような気がしました。

親友などとはまた違う深い信頼関係。こういった関係の人に巡り合えるのも決して当たり前では無いですよね。

いかがでしたか?

『シャーロック・ホームズ』は、続編である『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』と、まだ未公開の3作品目もあるとのこと。
またホームズやワトソンと謎解きの旅に出かけようと思います!

外が寒い日は、お家で温まりながら映画鑑賞も良いですよね!

森岡悠

■生年月日 1996年7月9日
■血液型 A型
■出身地 福岡県(東京都在住)
■特技/趣味
演劇/映画鑑賞

エイベックスのアイドルグループ、元GEMのメンバー。
現在は女優で活躍中。