SCRAMBLE

ANIME  /  2019.11.28

7928

30年以上も…ガンダムが愛され続ける7つの理由

こんにちは、可恩です!

今年で40周年を迎える、ロングセラーアニメのガンダムシリーズ♪そんなガンダムシリーズが30年以上も愛された「7つ」の理由とは?今回は、その秘訣を徹底調査してみました◎

1、テーマの一貫性

シリーズものとしての基本テーマ!

ただのロボットアニメ…と思っている方は大間違いです!

涙あり、感動あり、興奮ありなガンダムシリーズには魅力的な「ニュータイプ」という独自な世界観が存在しています。

一貫性のあるシリーズだと、なんだかんだでずっと追い続けてしまいますもんね◎

2、キャラ設定が巧妙

ガンダムシリーズに登場するキャラクター達は完璧な人格ではないのも魅力的なんです!

駄目な部分や弱い部分なども多々あり、非常に人間らしいキャラクター設定にもが目立ちます。

視聴者がキャラクターと自分自身を重ね合わせて楽しむことが出来るのも、キャラクター達が親しまれた理由の一つかもしれませんね!

3、戦争観がリアル

基本的に報われないのがガンダムシリーズ。

戦いの末にあるのはいつも悲しい結果…戦争の様子をリアルに訴えかけ続けている唯一のアニメかもしれません。

様々なキャラクター達が命を落としていく姿に何を思うか…常に問われているような気がします。

4、名セリフがたくさんある

「アムロいきまーす!」が有名なセリフとして挙げられてしまいそうですが…(笑)

ガンダムシリーズには数え切れないほどの名言が残されています!

スゴ得の記事でも各シリーズごとにセリフを特集していますが、シャアをはじめとした様々なキャラクターたちのグッとくるセリフにも心を動かされますね♪

5、正義と悪を上手く描いている

勝手にガンダムシリーズの裏テーマだと思っているのですが!

悪や正義…どちらにも言い分や守りたいもの。手放せないものや立場や家族があるんですよねぇ…。

ガンダムシリーズを見ているとどちらにも悪と正義があるようか気がしてしまいます。

完璧な人間はいないということですな。

6、少年心をくすぐるモビルスーツ

ガンダムの醍醐味といったらやっぱりモビルスーツ!紛れもなく何年も愛される理由のひとつでしょうね◎

何世代に渡って愛される理由はなんだろう?と考えた時に一番に浮かびました!

子供はもちろん、大人になってもロマンに溢れるモビルスーツ…大空をカッコイイガンダムに乗って羽ばたいてみたいものです♪

7、切なく儚い恋沙汰

最後はこれ。ガンダムを語る上で避けては通れない恋沙汰。

こちらも普通のアニメのように一筋縄にはいきませんよ!(笑)

不器用ながらに恋愛を通し成長していく人間ドラマもしっかりと描かれています。

最強要素が盛りだくさん!

いかがでしたか?

「ガンダムは人生」という言葉が生まれる理由、分かる気がしますよね。

長く愛される理由が少しでも伝わっていたら嬉しいです!

可恩(かのん)

元「清 竜人25」の第6夫人「清 可恩」として活動。現在は「Dreamy Melts」として自身が作詞曲、ボーカルを務めるバンドを結成。そして元SKE48、元ももいろクローバーの高井つき奈プロデュースアイドル「simpatix」の期間限定メンバーも務める。アイドルとバンドの両方を持ち合わせたマルチな活動に今後も目が離せない。