SCRAMBLE

GO OUT  /  2019.12.06

24834

大好きなドラゴン再び!東京湾でタチウオ釣り!

こんにちは!おかまりこと、岡田万里奈です!
今日は私の大好きな釣り、陸っぱりからのタチウオジギングについて紹介します!

以前沼津で何十本という爆釣劇に出会ってから、すっかりハマってしまったこの釣り。
今度は駿河湾ではなく、私のホーム「東京湾」で釣りをしてきました!

おすすめジグ

というわけで、今回使ったジグはこちら!

『COSOJIG/GAN CRAFT 30g オールグロー』

いつもは大体ダイソージグをグロー(夜光)にカスタムしてる私ですが、今回は既製品を使います。

このジグの何がいいかって、写真でもわかるこの蓄光量と、グラム数に対してのシルエットの小ささ。

夜のタチウオは光れば光るほど餌を見つけてくれるので、この蓄光量はかなり役に立ちます!
また、小さいシルエットなので魚も食べやすいですよね!

その代わり、ジグがまるごと口に入ってしまったとき、タチウオの歯で糸が切られないように、ルアーの前に10号くらいの太いリーダーを噛ませてます。
ワイヤーリーダーなどもありますが、私は船・ショア共にあまり使わないですね。

太いリーダーでも心配!という方は、ワイヤーを使ってもいいかも(笑)
わたしも一応買ってはあるので、今度試してみますね!

こだわり

ショアのタチウオをやり始めてまだ数回ですが、なんとなくこうかなー?と、私なりに釣り方を見つけてきました。

基本は一定間隔でしゃくりを続けるのですが、たまに急激に早巻きを入れるとそのあと食うことが結構多いです。

あとは船でやっててもいつも思うのですが、タチウオはフリーフォールのときに食ってくることが多いので、わたしはときどきベールを返して、ジグをひらひらとフォールさせてます。

これも意外と重要なのかな?と思うのですが、私流なので、信憑性はありませんね(笑)

ベイトはアジ

このタチウオたち、なにを食べてるの?と気になったので、ちょっと釣ってみたところ、ベイトの正体はアジでした!

時々水面がバシャっ!となって、アジが追われてるのがわかります。
こういう光景を目にしたら、もう興奮が抑えられない。

では、満を持してジグを投げてみましょう!!!

釣れた

隣の人がゴンっ!当たったのを見た瞬間、わたしにもゴンっ!そして、また隣にもゴンっ!

なんだか漫画のような展開です。

タチウオのアタリは、かなり中毒性のあるアタリで、この感覚は一度味わったらなかなか忘れられません。
私はたぶん魚のアタリ依存症で、特にこのタチウオに関しては、夢にまで出てくるほど衝撃でした。

そしてそのまま1匹目は途中でバレちゃいましたが、2匹目は無事キャッチ。
こうやって写真で見ても、本当にきれいな魚ですねー!

指何本?

タチウオ特有の数え方、メーターやキロよりも、釣り人はみんな指何本分かで数えます。

この日のタチウオは結構いいサイズで、なんと指5本!通常「ドラゴン」と呼ばれるサイズです!

私は一応女子なもんで、指は少し細め。なので、男性で数えると4本くらいでしょうか…?

でもショアでこれだけの大物が釣れたら最高ですよね!この日はお持ち帰りして、食べることにしました!

もう終盤です

ついつい熱くなってまた長く語ってしまいましたが、タチウオのショアジギングは、もうぼちぼち終盤に差し掛かっています。
来週行ったらもういないかも?ってくらい終わりかけです。

今シーズン、こんなに楽しい釣りを知って、ますます釣りの世界へ引きずり込んでくれたタチウオには、もう感謝しかないです。

ただもう一回、もう一回だけ、次回はワインド釣法で釣ってみたいという夢があって、私的には今シーズンまだ終われない状況です。
なのでまた来週、きっと最後になるであろうショアタチウオを釣りに、東京湾か駿河湾を散策してきますね!

今日もまたタチウオが夢に出てくることを祈って、眠りにつきたいと思います。
また釣れたら記事書きます!

    岡田万里奈

    釣り好き一家の一人娘です。アオイソメはもう噛みちぎれるレベルまできています。よろしくお願いします!

    【テレビ】
    テレ玉「フィッシング倶楽部」(不定期出演)
    釣りビジョン「釣りステ釣会議」(不定期出演)

    【新聞連載】
    日刊スポーツ 「オカマリの雨のち晴れ、いっつも釣り!」