SCRAMBLE

ENTERTAINMENT  /  2019.12.26

45045

MARVELも!20年アメコミ映画は「女性」メイン

アメコミ大好き才原茉莉乃です。
アメコミとはアメリカの漫画の事。
「スパイダーマン」「スーパーマン」「バットマン」「アベンジャーズ」など実写映画やドラマ、アニメ、ゲームなど様々なコンテンツがあります。
今熱いコンテンツの一つ!たくさんの人に好きになっていただきたいので発信していきます!

前回から引き続き、「女性の物語」が多い2020年のアメコミ映画【MARVEL作品編】をお送りします。

ブラック・ウィドウ

5/1日本公開

アベンジャーズの一人で、エンドゲームではストーンと引き換えになった、女スパイ・ナターシャ・ロマノフのお話。
もちろん、主演はスカーレット・ヨハンソンさん。

出演回数は多いけど、ナターシャの過去について触れられることはほとんどなかったのですが、今回の映画で全貌が明らかになるかもしれません!

ロシアでスパイとして教育されていたのは映画で判明済。
ということで、ロシアでのお話しとなります。

レッドガーディアンというロシアのキャプテン・アメリカも登場し、ヴィランにはあらゆる戦術武術ができるコピー能力に長けたタスクマスターも登場予定。

アベンジャーズシリーズ、フェーズ4の一番最初の映画となるので、ここでどのようになっていくかわかるのかもしれません。
「シビル・ウォー:キャプテン・アメリカ」後の話になるので、おさらいしておいた方が楽しめると思います!

エターナルズ

11/6アメリカ公開

こちらは、久々の新ヒーローチーム映画です。

エターナルズは、セレスティアルズによって生み出された宇宙種族。
なので、次は宇宙のお話になりそうです!

「あれ?女性アメコミキャラのお話しじゃないんじゃ?」って思ったそこのあなた!
いえいえ、こちらのエターナルズ。主演のセナ役はアンジェリーナ・ジョリーさんが演じるのです。

ヒーローチームですが、主演は女性。
こちらも、女性ヒーローが活躍する映画になること間違いなしです!

まだトレーラーが公開されていないので不明なところが多いのですが、今からとても楽しみな映画です。
何も知らなくてもわかりやすいと思うので、気負わずに観られそう!

いかがでしたか?

2020年は、DCコミックスもMARVELも、女性キャラクターが大活躍すること間違いなし。

まだ1作品も観たことがないという人は、2020年からアメコミ映画デビューをおすすめします!

才原茉莉乃

2013年avex×CanCamにて誕生した「痩せたらクビ!太り過ぎてもクビ!」エリートぷに子ユニット”Chubbiness”(チャビネス)として2019年3月まで活動。
現在はタレント、女優として活動中。