SCRAMBLE

GO OUT  /  2019.12.27

33051

年末だから大集合!?今年お世話になった魚たち

こんにちは!おかまりこと、岡田万里奈です!
いよいよ冬本番。陸っぱりアングラーとしては、なかなか厳しい季節になりました。

しかし、そんな釣果の出ない中でも、必ずと言っていいほど釣れる釣りがあります。
それが、小物釣り!!!(笑)

持ち帰れないけど、食べられないけど、魚のアタリを楽しむこの釣り。
私は結構好きなんですよね〜(笑)

釣れない釣りが続く日々の中で、2019年はこの子たちに本当に救われました。
というわけで、一匹ずつ感謝をしながら釣っていくことにします!

狙い目は岩礁帯

さあ!ここが今回のフィールド。
こういう岩がたくさん入っているところは、隠れる場所になるので、小さい根魚が集まるんですよねー!

たまに、何十年そこにいるの?サイズのが混じってたりもするけど(笑)
それもまたロマンがあるんですよねー!

今回はミニジグとワームの2種類で釣っていきたいと思います!

まずはアカハタ

まずは、駿河湾の定番アカハタ!!!
初めて釣れたときは、南国の魚が釣れたかと思って、かなりびっくりしたけど。

今年の駿河湾は、アカハタが本当に多かった!
小さいうちは黄色の個体も多く、それもまた謎だなと思っています!

来年もよろしくね!

イッテンイシモチ

今年一番たくさん釣った魚が、もしかしたらこの子じゃないかな?

通称ネンブツダイと総称される魚ですが、模様によって名前があることも今年知りました。

今年も一年ありがとう!

オオモンハタ

クイックな動きにも動じずに釣れてくる、このオオモンハタ。
サーフや堤防、いろんなところで楽しませてもらいました。

一説によると、この魚の開きが、人生を変えるほどの美味しさなんだとか!!!
大きくなって会えれば、一度食べてみたいと思います。

楽しい思い出をありがとう!

最後はカサゴ

東京でも静岡でも、よく釣ったカサゴ。

最初はガツンとひくくせに、すぐに生きることを諦めて、釣られてしまうところも愛くるしいです。
来年はもっと、生きることを諦めないで!と言いたい。

また会えるのを楽しみにしています。

いかがでしたか?

今回の釣行で釣れた小魚たちを紹介しました。

この子たちは2019年、本当に私には無くてはならない存在でした。思い出がたくさん。
魚たちはどう思ってるのでしょうか?(笑)

小さい魚をリリースするとき、私はいつも一方的に再会を誓って、海にかえしています。
またいつか大きくなって、会えるのが楽しみです!

というわけで、今年一年コラムを読んでくださった皆様も、本当にありがとうございました!

また来年もたくさん釣りに行って、皆さまに良さをお伝えできたらと思います!

    岡田万里奈

    釣り好き一家の一人娘です。アオイソメはもう噛みちぎれるレベルまできています。よろしくお願いします!

    【テレビ】
    テレ玉「フィッシング倶楽部」(不定期出演)
    釣りビジョン「釣りステ釣会議」(不定期出演)

    【新聞連載】
    日刊スポーツ 「オカマリの雨のち晴れ、いっつも釣り!」