SCRAMBLE

GO OUT  /  2020.01.16

26979

私のイチオシ!「宵姫」最新作でライトデイゲーム

こんにちは!おかまりこと、岡田万里奈です!
今回は久々に、私のイチオシ製品『宵姫』シリーズをご紹介します!

最後にイベント告知もあるので、お見逃しなく!

宵姫とは?

『宵姫』と聞いてピンとくる人は、少ないかもしれません。

宵姫シリーズはこのコラムにも何度か登場していますが、がまかつのルアー製品に特化した「LUXXE」というメーカーから出ている、ライトゲーム用の製品たちなんです!

いわゆるアジングやメバリングといった、小さい魚たちをターゲットとする釣りの最高峰ともいえる竿が、この宵姫!!!!

初めて使ったときの感動は忘れもしません。
私は宵姫EXという少し前の型を使っていますが、この竿に変えてから釣果が激変。

1匹、2匹しか釣れなかったアジが、30匹も釣れるようになり…一気にライトゲームの世界へ引き込まれました。

今回は、そんな宵姫シリーズの最新作『宵姫 天』を使って釣ってきたので、どうかお付き合い下さい。

ワンハンドキャスト

『宵姫 天』の特徴といえば、やはりワンハンドキャストで使うということ。
持ち手のところがスポンっと取れるようになっているので、取って使います。

私は今回『宵姫 天S510ML-Solid』という、天の中でもヘビーランクのものを使用。それでも自重が41gという驚異の軽さです。
一番ライトなものになると、なんと重さ28g。ルアー1個よりも竿の方が軽いです(笑)

普段ワンハンドキャストに慣れない私でも、かなり自然にキャストが実現します。
インスタに動画も載せてるので、よかったらみてください。本当にちょっと上手く見えます(笑)

ワームは、オフセットフック

さて、続いてはワーム。

宵姫シリーズ最大の特徴は、やはりオフセットフックです。
バス釣りなどに用いられるこの付け方で、ジグヘッドにワームを付ける時間を短縮。初心者やナイトゲームの暗さでも簡単にセットできます。

また、各ワームを半分に切ると前後バラバラでも使えます。
3WAYなのもまた、宵姫のワームの特徴です。

針の刺さり

そしてなんといっても、がまかつ製品ならではの針の刺さり。

釣具の整理をしていて、針が手に刺さることはよくありますが、がまかつの針は特別痛い。
それだけ鋭く刺さりがいいということです。

確かに釣ってても、アタリだけで終わりってことはほとんどなく、追ってきた魚は逃さない。
がまかつの針の信用度は、いまだにピカイチだと私は思います。
このジグヘッドもかなりオススメ!

地味に初魚種

まあそんなこんなで、最強のタックルとワームを使って、沼津の漁港で釣りをしてきました!

連続して釣れたのは、なんとマハタ!!!
ハタ系はよく釣ってきたけれど、実はマハタははじめてです。ちいちゃいけど、めちゃめちゃ嬉しい(笑)

一方的に再会を誓い、今回もリリースしました。

感度に感動

その後もちいちゃい魚は無限に釣れ続け…その度に私は、この素晴らしい竿の感度に感動してました。

「使ってみたら分かる」としか言いようがないのですが、この宵姫シリーズの竿に関しては、本当に感度が良すぎる…!

潮の重みや魚のどんなアタリも感じることができるので、海の中の情報が多く得られ、結果的に釣果に結びつきます。
集中すれば魚の気配すら感じられそう…(笑)

ここまできたら、リールもやっぱり軽いものを選ぶべきですね!

つづきはフィッシングショーで

さて、止まらない宵姫愛をペラペラ、ペラペラとお話ししてきましたが、まだまだ伝えたい魅力がたくさん。

そんな私のために…ではありませんが、今年も釣りフェスティバル2020が開催されます!!!

今年フィッシングショーから名前を変えて、釣りフェスティバルになりました(笑)
フェスって使いたかったのかな?

そんなことはさておき、私は1/17〜19の東京(パシフィコ横浜)、そして2/8・2/9の大阪(インテックス大阪)、どちらもがまかつブースにて参加させて頂くことになりました!!!
今回は、この宵姫を生み出したプロスタッフ藤原さんと、宵姫の魅力について対談します。

他にも釣りガールトークや抽選会、そして出演番組のブースも回る予定です!
詳しい出演スケジュールは、私の公式インスタグラムに掲載予定なので、ぜひご覧ください!

また今となっては、なかなかファンの方などに会う機会も少なくなってしまったので、この機会にぜひ会いにきてくれたら嬉しいです!

まってまーす!

    岡田万里奈

    釣り好き一家の一人娘です。アオイソメはもう噛みちぎれるレベルまできています。よろしくお願いします!

    【テレビ】
    テレ玉「フィッシング倶楽部」(不定期出演)
    釣りビジョン「釣りステ釣会議」(不定期出演)

    【新聞連載】
    日刊スポーツ 「オカマリの雨のち晴れ、いっつも釣り!」