SCRAMBLE

SPORTS  /  2020.01.31

9164

【ラグビー】伝統の早明戦で「荒ぶる」を体感!

こんにちは!南端まいなです。
1月12日にラグビー大学選手権の決勝戦が行われました。
23季ぶりの早明戦、しかも新国立競技場で見られるということで、沢山のラグビーファンが集まっていました。

中には、新国立競技場を見に来ている方もいました。
写真を撮るスポットがあったり、どこもかしこも綺麗でした。

W杯のような盛り上がり!

会場では試合前やハーフタイムに、応援している大学のフレームをつけてスタンドのお客さんを電光掲示板に映してくれたり、ハーフタイムにスタンドのお客さん全員で協力して楽しむゲームがあったりと、まるでワールドカップと同じような盛り上がりでした!

試合中にスクラムを組んでいるときは一際歓声が大きくなって、広いスタジアムの中に両チームへ向けてのコールが響き渡ってました。

この試合では、明治コールが特に大きかったように感じました。
沢山のお客さんがいる中でも、紫紺のジャージやグッズがすごく目立っていて、明治は目に見えて応援が大きかったです。

これが早明戦か…

いざ試合へ。
前半は31対0で早稲田が大きくリードしました。

ケガから復帰したCTBの中野選手が突破口になり、ディフェンスを何枚も引き付けて、大外が開いたところでトライ、という場面が何度も見られました。
また、明治のハイパントに対してFBの河瀬選手があまり蹴らずに攻めていたのも、マイボールキープにつながっていたのではないかと思います。

ディフェンスも対抗戦に比べて明治のFWをしっかり前で止めていたり、LOの三浦選手、下川選手がよくボールに絡んで攻撃を遅くしていた印象がありました。
そのため、明治に早い球出しをあまりされていなかったと思います。

後半は明治の意地も見えて、早明戦の緊張感がありました。
見ていてすごくハラハラしました。

伝統の一戦が見られて、「これが早明戦か…!」と久しぶりに体感することが出来ました。

11大会ぶりに「荒ぶる」を生で見られました!

表彰式の後には、隣に座っていた早稲田のマフラーを巻いたご夫婦と泣きながら握手しました。

小さい時に泣きながら見た、優勝した時のみ歌うことが許される「荒ぶる」を、11大会ぶりに生で見ることができてよかったです。

来年も新国立競技場で、伝統の一戦を見たいです!

    南端まいな

    2018年2月に解散したアイドルグループ「アイドルネッサンス」のメンバーとして2014年5月にデビュー、約4年に渡り活動。Zepp DiverCity TOKYO、ディファ有明でのワンマンライブを成功させ、CD、配信合わせて15作のシングル、1作のミニアルバム、2作のアルバムをリリース。
    2018年8月、配信シングル「センチメートル」をリリースし本格的に活動を再開。ラグビーをこよなく愛する18歳。