SCRAMBLE

GO OUT  /  2020.03.13

32199

クセになる楽しさ!茨城県三和新池でヘラブナ釣り

こんにちは!おかまりこと、岡田万里奈です!
今回は茨城県の三和新池で、ヘラブナ釣りをしてきました!

「ヘラに始まり、ヘラに終わる」なんて言葉があるくらい、長い歴史の中で人々に愛されてきた釣り。
そんなヘラブナ釣りを、今回は管理釣り場で体験してきましたよー!

まずは餌作り

ヘラブナの釣りで使う餌は、基本的には練り餌です。

こんな感じで最初ポロポロに作っておいて、水を足してどんどん柔らかくしていく感じ。
おむすびを握るみたいに、丸や三角に握って針につけていきます。

この時の握る強さや形や餌の柔らかさで、水中で餌の溶ける速さが変わり、それが釣果につながっていくんだとか。

なんとも簡単そうで奥の深い釣り。
子供の頃やったヘラブナ釣りは、そんなこと何も考えていなかったなぁ…(笑)

ヘラは、浮きを見て釣る!

わたしのつたない絵ですが…。
ヘラといえば、大事なのがこの浮き!!!

浮きは基本的には細ながーい色付きのもの。
「最初は餌の重みで沈んでいく→餌が溶けて浮いてくる→魚が食べると沈む」
このような順で変化していきます。

ヘラブナ釣りは水中で起こっていることが手元に伝わってくるような釣りではなく、この浮きを見てすべて判断します。
なので、目で見る釣り…という感じ。

たしかにこの釣りをやっていれば、おばあちゃんになっても目が良いままでいられそう。

そしてぇぇえ…!!!

じゃーん!さっそく、ヘラブナゲット〜!

管理釣り場とはいえ、魚はめちゃくちゃ綺麗!真珠みたいにキラキラ光っています!

冬といえば、魚たちの活性も落ちてきて、一日中やっても一枚、二枚の世界だそうなんですが、ここ三和新池は比較的活性の高い魚がいることで有名だそう。

わたしもなんと、今回10枚くらい釣れちゃいました!(笑)

ヘラブナのように体の平たい魚は、水の抵抗を受けるのか、大きさ以上によく引きます。
カーボンや竹のほそい竿で釣ると、これがスリリングで楽しすぎる!

一匹大きいのがかかったときには、力に勝てず、円柱に巻かれて外されてしまいました。残念。
魚も釣られ慣れてるだけあって、頭が良くなりますね(笑)

伝統を守っていく

最後に、今回たくさん楽しませてくれた道具たちをご紹介。
本当に美しい、日本の技術が詰まった道具です。

ぜひアップにして見て頂きたいのが、竿置き!このデザインや機能性なんて、目を見張るものがあります。
木から一つ一つ作っていると考えると、もう頭が下がります!

色んな便利なものも増えて、ヘラブナ釣りも現代風に変わりつつありますが、まだまだ若い人のヘラブナ釣り師は少ないそうです。

私が小さい頃に行った管理釣り場も、いつのまにか無くなっていました…。
このまま伝統の釣りがなくなっていくのは悲しすぎる!

一周まわってオールドの釣具がかっこよく見えるわたしは、いつかこんなふうに一式買い揃えられたらと思っています。

難しいとか、若い子はやらないとか、いろんなイメージがあると思いますが、一度体験したら忘れられない釣りになること間違いなし。

「ヘラに始まり、ヘラに終わる」。

皆さまもぜひ、ヘラブナ釣りを始めてみてはいかがでしょうか!