SCRAMBLE

GO OUT  /  2020.05.01

46877

簡単絶品!釣ったアジで作る『アジの南蛮漬け』

こんにちは!おかまりこと、岡田万里奈です!

今回は釣ったアジを使って、『アジの南蛮漬け』に挑戦してみました!

シンプルなのに、絶品料理が出来上がりましたよー!

まずは、アジを釣る

まずは、アジを釣ります!

今回の釣り方は、サビキ釣りという方法です!
船ではもちろん定番の釣り方ですが、陸でもこのサビキ釣りはできます!

その中でも私がよくやるのは、ジグサビキといって、サビキとジギングが合体した、一石二鳥の釣り方。
サビキのオモリ代わりにジグをつけることで、サビキでもジグでも魚が釣れます。

アジも大きいものだと、ジグに食いついてきたりするので、とっても面白いですよ〜

今回は、ちょいと小さめのアジを使って、調理していきます!

アジを三枚おろしに

釣れたアジは三枚おろしにします。

小さめのアジなら、揚げてしまえば骨も問題なく食べられますが、大きめのアジの場合は中骨もしっかり取ってあげてくださいね!

アジは塩を振って、小麦粉をまぶして置いておきます。

野菜をカット

次に玉ねぎ、ピーマン、人参を細切りにします。

この時、繊維と垂直方向に切ると野菜が柔らかく切れるので、生で食べても美味しいそうです。
逆に炒めたりするときは繊維と平行に切ると◎

これはイカも同じなんですよね〜(笑)

味付け

続いて味付けです!

・砂糖:大さじ3
・酢:1/2カップ
・塩:少々
・水:1/4カップ

お好みで
・鷹の爪:カットして1本

今回は、こんな感じで味付けしました!

鷹の爪は種を入れるとかなり辛くなってしまうそうなので、種は除いています。
それでもかなりスパイシーだったので、辛いの苦手な方は入れなくてもいいかもです!

バットか何かに野菜と調味料を入れて、よく混ぜたら準備OKです!

アジを揚げる

塩で下味をつけ、小麦粉をまぶしたアジは、150度くらいの油で揚げていきます。

わたしは、IHがうまく使いこなせておらず、油の温度に関してはほんとに150度なのかわかりませんが、なるべく念入りに揚げてください(笑)

骨も気にならないくらいになったらOKです!

熱いうちに、浸ける

揚がったアジは温かいうちに、野菜たちのいるバットに入れます!

この熱が酢などを吸収してくれるんだとか。
なんだか煮物とかでも、冷めるときに味がつくとはよく言いますよね!

あら熱が取れたら、冷蔵庫で冷やして盛り付けです!

完成!

お皿に盛り付けたら完成です!
今回は、見映えもすごくよくできましたー!うれしいー!(笑)

でも、おばあちゃんに画像を送ったら、無地のお皿の方が料理が映えると言われました。確かに…(笑)

私は今回、7時間くらいは浸けてた気がします!いい感じに野菜もしなっていました。

うまい!

肝心なお味はというと…!

これまためちゃくちゃうまい!

私は今実家に住んでるんですが、両親も久々においしいと言ってくれました…(笑)久々…???

何はともあれ、アジはとっても味のあるお魚なので、シンプルな料理でもぐっと美味しく作れるお魚なんです!

味付けもシンプルで簡単なので、アジを捌くところから!是非、皆さんも作ってみてはいかがでしょうか♪

    岡田万里奈

    釣り好き一家の一人娘です。アオイソメはもう噛みちぎれるレベルまできています。よろしくお願いします!

    【テレビ】
    テレ玉「フィッシング倶楽部」(不定期出演)
    釣りビジョン「釣りステ釣会議」(不定期出演)

    【新聞連載】
    日刊スポーツ 「オカマリの雨のち晴れ、いっつも釣り!」