SCRAMBLE

GO OUT  /  2020.05.08

41343

美しいけどキケン!ミノカサゴはこうして釣る!

こんにちは!おかまりこと、岡田万里奈です!

今回は、2020年3月初旬、南伊豆まで遠征して釣った、ミノカサゴをご紹介します!

海底にいるかと思いきや、意外と普通に泳いでる!?

ミノカサゴという魚、皆さんはご存知でしょうか?
カサゴなら見たことがある!という方も多いかもしれません。

ミノカサゴは、カサゴ目フサカサゴ科の海水魚で、見た目はもう、見るからに毒のありそうな見た目をしています!
ただ、海の中を泳いでる姿は、それはもう美しく、誰もが目を奪われること間違いなし。

カサゴは通常海底にいるイメージだった私ですが、今回南伊豆の海を歩きながら散策してると、なんと水面でヒラヒラ泳いでいるミノカサゴを発見!

最初は弱ってるのかなー?なんて思ったのですが、ルアーを投げてみると、なんとびっくり。ついてきたんです!

ルアーに興味津々のミノカサゴ

季節は3月初旬で春でしたが、まだまだ寒い時期で、水温も低かったため、ついては来るもののなかなかルアーに追いついてこないミノカサゴ(笑)
ルアーを止めて待っていてあげてもなかなか追いつけません。かわいいです。

前に他の記事でも紹介しましたが、カサゴ系のお魚は自分で獲物を追い回していくというよりは、自分のテリトリーに入ってきたお魚を捕食します。

それを思い出した私は、すぐさまミノカサゴのお散歩はやめて、回収したルアーをミノカサゴの目の前にポチョンっと落としてみました。

予想通り

すると、さっきまでのスローペースは嘘のように、ビックリするくらいの速さでルアーを吸い込み、パクリ!
理想的な場所に、針掛かりしてました!(笑)

さっきまであんなにかわいかったはずのミノカサゴが、なんだか動きが鋭すぎて、ギャップに驚いてしまいます…!

ちなみにルアーは、reinsのアジミートと1.5gのジグヘッド。ラインは、エステルライン0.3号を使っているので、抜きあげは不可でした。

掛かってからは堤防をちまちま歩いて、どうにか陸に上げることに成功。

上げてみると、デカイ

釣り上げてみると思ってたより大きく、40cmくらいありました!

私はこんなふうに持ってますが、このトゲトゲしたヒレすべてが毒なので、もし釣ることがあれば、本当に気をつけてください…。

そんな怖い魚なら釣るなよ!と言う声が聞こえてきそうですが、釣り人の性として、見えている魚を狙わないわけにはいかないのです…(笑)

意外と美味しいミノカサゴ

最後にちょこっと情報ですが、このミノカサゴ、実はヒレを切って身だけにすれば、それはもう美しい白身で、味も絶品なんだとか!

私は捌いてる間に毒にやられたくないビビリなのでまだ食べたことはありませんが、興味はめちゃくちゃあるので、どなたか食べてみたら教えてください(笑)

そんなわけで、見て美しい!釣って楽しい!食べて美味しい!三拍子揃った不思議な魚、ミノカサゴ。

皆さんもぜひお近くの海を探してみてはいかがでしょうか?