SCRAMBLE

GO OUT  /  2020.05.15

39990

サビキで釣った「アジ」で作る!みりん漬け焼き

こんにちは!おかまりこと、岡田万里奈です。

今回は釣ったアジで、アジのみりん漬け焼きを作ってみました!

まずは、アジを釣る

まずは、アジを釣ります!

釣り方は、このコラムでは何度もご紹介している「投げサビキ」
船ではよく使われる仕掛けですが、そのサビキを陸で使います。

釣り方は簡単。ただ投げて、着底したら、しゃくりながら巻いてくるだけ。
活性が高いアジだと、投げて着底するまでの間に、どんどん食いついてきます。

コマセを使わないこのやり方はコスパ最強で、手も汚れません。

あんまり水深が深すぎるところだと、棚が取れずターゲットを絞りづらいのですが、水深がそんなに深くない場所なら比較的どんなところでも、何かしら釣れる釣りだと思います!

三枚に下ろす

釣ったアジを、三枚に下ろしていきます。

同じ場所で釣れたアジでも、身の色がこうも違ってたりします。理由はわかりません(笑)

漬ける

三枚に下ろしたアジは「みりん5:しょうゆ1」の割合で味付け。

ジップロックに入れて、2〜3時間漬け置きします。

焼く

味つけをしたアジを焼きます。

ここで一旦干したりしたら、みりん干しになるんでしょうか!?
でも今回は時短レシピなので、このまま焼いちゃいます!

両面焼けたら、最後に袋に残っている汁を入れて、ぐつぐつ煮立てます!
魚の身に色がついたら、火からあげます。

完成!

最後に、白ごまと青じそを添えて完成!

かなり、おつまみみたいな仕上がりになりました(笑)

こんなお煎餅を見たことあるような…?

いただきます!

というわけで、いただいてみました。

んー…、んー…。
ちょっと想像と違う?味でした(笑)

でも醤油をかけたら、なかなかいけました。
私的にはもうちょっと甘い方が良かったかも?ってかんじです。母は美味しい美味しいと食べてましたが(笑)

今回はアジのみりん漬け焼きを作ってみましたが、次はやっぱり干して作ってみようかな?と思います。

皆さんもお手軽に釣れるアジで、おつまみの一品作ってみてくださいね!