SCRAMBLE

GO OUT  /  2020.06.13

77495

パスポートの要らない海外!?「新島」の旅

こんにちは、可恩です!
皆さまは東京都に「パスポートの要らない海外」があることをご存知ですか?
碧い海に、白い砂浜…そんなリゾート気分が味わえちゃう東京都の離島「新島」の魅力についてご紹介したいと思います♪

東京から3時間。

新島は伊豆諸島の一つで、東京・竹芝から高速フェリーで3時間のところに位置する、人口3000人にも満たない小さな島です。

住所は東京都新島村。東京に村があったなんて驚きでした◎

フェリーは伊豆大島と利根島を経由し、あっという間に到着!

広がるのは一面の青い海!

島に降り立つと…。

え、これ東京なの?

見てください、この青く透き通る海を。

東京から3時間、しかも都内にこんなリゾートスポットがあったなんて…。
感動でしばらく言葉を失ってしまいました(笑)

ハワイやグアムに訪れた際と同じくらいの感動、と聞いていたのですが…まさかここまでとは。

まさに「パスポートの要らない海外」ですね!

サーフィンの島♪

観光スポットとしても有名な羽伏浦海岸は、6.5キロメートルにも及ぶ白い砂浜が迎えてくれます!

ハワイのノースショアと似たような良質な波がサーファーの間でも人気なようです♪

波が結構高く、素人にはとても入れそうではなかったですが…眩しい程の白い砂浜と青い海を眺め、ゆったりとした時間を過ごすことができました◎

ここも羽伏浦海岸の有名なインスタ映えスポット♪風がかなり強かったです(笑)

白いアーチから覗く海を背に記念写真を撮りました!

温泉も無料◎

海沿いにある湯の島露天風呂は、なんと入浴無料!水着を着用しての入浴でしたが、周りの観光客も居たので写真は断念。

ギリシアの古代神殿を思わせる展望風呂で、海水を使った温泉♪

夕日を眺めながら浸かるお湯は、自然が産んだ最高の贈り物。
ぜひ黄昏時に浸かることをおすすめします◎

宿では島の絶品料理が。

そして、今回泊まった宿は「民宿 沖」という、おばあちゃんとおじいちゃんが切り盛りするこじんまりとした民宿。

新島にはホテルは一つしかなく、多くは民宿に泊まります♪

そこでいただいたのは、新島で採れたお刺身やご当地の明日葉の天ぷら…心温まる味の絶品料理の数々でした!

新島には飲食店などが少ない(不定休な所が多い)ので、ご飯付きのプランや宿をおすすめします◎

ちなみに、自転車や花火のライターなども貸してくれました(笑)

一度は訪れるべし!

いかがでしたか?

こんなに手軽にリゾート気分が味わえるなんて…もっと早くに知りたかったです(笑)
写真撮影もとても捗ります◎

他の離島もそれぞれの素敵なポイントがあるのですが、海の綺麗さやリゾート感で選ぶなら絶対に新島!

一度は訪れてみて欲しい、絶景スポットのご紹介でした♪

可恩(かのん)

元「清 竜人25」の第6夫人「清 可恩」、元SKE48、元ももいろクローバーの高井つき奈プロデュースアイドル「simpatix」の初期メンバーとして活動。現在は「Dreamy Melts」として自身が作詞曲、ボーカルを務めるバンドを結成。アイドルとバンドの両方を持ち合わせたマルチな活動から今後も目が離せない。

    可恩

    元「清 竜人25」の第6夫人「清 可恩」として活動。現在は「Dreamy Melts」として自身が作詞曲、ボーカルを務めるバンドを結成。アイドルとバンドの両方を持ち合わせたマルチな活動に今後も目が離せない。

    Twitterアカウント→@Dreamy_Canon