SCRAMBLE

  /  2020.08.30

17430

【イケてるハーツ】6周年記念!愛瀬りさこ×柚木菜花スペシャルインタビュー【後編】

2020年9月7日に結成6周年を迎えるイケてるハーツ。昨年の5周年インタビューに引き続き、今年も独占取材をさせていただきました。2019年11月に3期生が加わり、さらに勢いを増していく彼女たち。6周年を迎える今年、2期生×3期生の「今思うこと」を語っていただきます!
今回は、愛瀬りさこ(あいせりさこ)さんと柚木菜花(ゆずきななは)さん、お二人の対談の後編をお送りします。

3期生はフレッシュでキャラが強いんです(笑)

ーーー3期生が入ってきて先輩メンバーが変わったことと、3期生の方々は1、2期生のことをどういう風に思っているのかを、それぞれお聞きしたいです。

愛瀬:3期生が二人入ってきて…。なんか、二人ともキャラが強いんですよ(笑)だからなんだろう、楽屋がちょっと明るくなったというか、若々しくなりましたよね。

ーーーいやいや、1、2期生のみなさんも若いですよね!

愛瀬:いやー(笑)ハーフツインテールの髪型とか、あんまりこういうキャラ(柚木さん)のメンバーはいなかったんですよ。こういうって言ったらあれですけど(笑)いなかったんで、すごいフレッシュだなっていう。リリースイベントで結構コスプレして出たりするんですが、菜花ちゃんは「これ着るの初めてです!」っていう場面が多いのも新鮮です。それこそ「チャイナ服とか人生で初めて着ます」みたいなことを言ってて。なんかそういう人、久しぶりに出会ったなぁって。うちのグループ、アフィリアグループのコンセプトカフェとかで働いていた子が多いので、コスプレ経験済みの子が多いんですよ。だからコスプレが初めてって聞いて、久しぶりにこんな子に会ったわーって感動しました。自分的には衝撃でしたね。

柚木:チャイナ服は誰かが着てるのを見たりテレビで見てた感じだったので、こうして着ることができてすごいなって(笑)

愛瀬:本当にフレッシュで、刺激を受けます。アイドルとしてというか、人として初々しいなって…。すみません、目線が親みたいですね(笑)

先輩方を尊敬してます。

ーーー3期生の柚木さんから見て、1、2期生はどんな風に見えていますか?

柚木:尊敬してるのはもちろんなんですけど、すごく感謝してるところが多くて。歌とかダンスとかパフォーマンスの面でももちろん教えてくれて感謝しているんですけど、たくさんお話ししてくれたり、自分が大変な時でも気にかけてくださって。どこがよかったとか、ここはもうちょっとこうしたほうがいいよ、ってアドバイスをくれて感謝しています。ふとした時、普段の生活の中でも人として尊敬できるところもたくさんあります。

ーーー人として尊敬できるところって、具体的にはどんなところですか?

柚木:そうですね…自分が大変なときでも、先輩方は周りのことをちゃんと見ていて、気にして声をかけてくれたり。

ーーー視野が広い方が多いんですね。気を使い合えるというか。

愛瀬:(思わず照れ笑い)

柚木:「見てないよー!(大声)」という感じで、全然見てないように見える先輩も、実際は気にかけてくれてたりして、すごく尊敬します!!(笑顔で力説する柚木さん)

一同:(笑)

ーーーもう、本当に微笑ましいですよね。本物のお姉ちゃんと妹みたいに見えます(笑)

愛瀬:はい、本当に妹みたいな感じなんですよね。なんかいつもアンパンマンのお菓子食べてたり…。

ーーー可愛い(笑)

愛瀬:いつも美味しそうにお菓子食べてたりジュース飲んでて。なんか「自分子ども産んだっけ?」ぐらいな(笑)

ーーーお姉ちゃん超えてお母さんですね!

愛瀬:お母さんかなーみたいな気持ちになりますね(笑)

早くライブがしたいです!

ーーー今までの活動などを踏まえて、グループとして「今後の活動」にどのような目標がありますか?

愛瀬:やっぱり、新型コロナの影響で今はあまり活動できていないんですけど…、もう少しライブできたら嬉しいなと思うし、この9人でまたCDを出せたらいいなと思ってます。実は、まだ菜花ちゃんと一緒にジャケットに載ってないんですよ。出したシングルに参加はしてるんですけど、ジャケットには写ってなくて。この9人で一緒のジャケットで残したいなっていう気持ちはあります。

柚木:私もりさこさんと同じで、みんなでジャケット写真に写ったり、リリースイベントまたしたいなとか。いつか、今までやったライブ会場の中でも一番大きいところでやりたいなとか、そういうことを思ってます。

愛瀬:うん。いつとは言えないんですけど、できるようになったらすぐにでもやりたいですね。

いろんなことを発信していきたい!

ーーーでは次に、それぞれが個人としてどんな活動をしていきたいか、お聞かせください。

愛瀬:今年で加入して丸3年になるんですけど、最近はちょくちょく個人でお仕事をいただけるようになって。こちら(SCRAMBLE・CHEERZ forスゴ得)でも、餃子のコラムも書かせていただいてて、コロナ期間であまりお店に行けなかったりもしたんですけど、紹介したお店にファンの方が行ってくれたりとか、あの餃子買ったよーとか、逆におすすめを教えていただいたりとかしてるので、もっといろんなお店を開拓していきたいなと思ってます。餃子って、男女問わず人気じゃないですか。男の人でもフラッと行きやすいお店も多いし、りさこを知らなくても、餃子の記事をきっかけに、いろんなアイドルさんを見にきたファンの方たちにも見てもらいたいなと思っています。

ーーーありがとうございます!今後のコラム、楽しみだなぁ…。

愛瀬:あと、玲亜ちゃんも最近プリンの記事を書かせていただいているんで、二人で「プリンと餃子旅」をできたらいいね、って話をして。ただ、ちょっと今暑いんで…(笑)涼しくなったら行こうって話をしてて、私もプリンで美味しそうなやつを見つけたら玲亜に送るんですよ、行こうよって。そしたら私この近辺で餃子屋さん探すよーって。でももうちょっと涼しくなってから行こうねーって(笑)計画してます。

ーーーすごい、カロリーが高めの旅!楽しそうですね!

愛瀬:餃子って結構何種類もあるんですよ。シソ餃子とか揚げ餃子とか普通の焼き餃子とか、一人で食べ切るのが結構大変なんで、人がいたほうがこっちも助かるんです(笑)

ーーーなるほど、胃袋的なところで(笑)

愛瀬:色んな種類が食べたくなって、でも量的に助けてー!みたいなところがあるんで、その意味も込めて…(笑)私もプリン食べたいなって思うから、ちょっと一緒に行こうよって話をしています!

ーーー柚木さんは、今後の活動について目標や意気込みなどはありますか?

柚木:私は、ライブとかで直接動いている姿をお見せすることがあんまりできなくなっちゃったので、自分でももっとたくさん元気な姿を発信して…。ファンの人が「ニッコニコ」になれるアイドルになれたらな、と思ってます!(満面の笑み)

ファンの方へ。イケてるハーツより。

ーーー最後に、ファンの方へ伝えたいこと、それぞれお聞かせください。

愛瀬:今この状態でなかなか会えなかったり、私たちもライブはするんですけど、やっぱり働いてるところや住んでるところの関係で会場に来られない人もいるかもしれないなと感じていて。だからこそ、配信とか、今できることを大切にしていきます。逆にそれなら、世界中の人と繋がれるわけじゃないですか。それでもっとイケてるハーツを発信していって、6周年も頑張って楽しんでいきたいと思ってます!

ーーーでは、柚木さん。

柚木:はい。ファンの人に向けて言います。いつも、たくさんありがとうございます。すごい感謝していて、自分がニコニコにさせるんじゃなくて、自分もファンの人からニコニコにさせてもらってるから、ニコニコを発信できています。オタクさんたちから学ぶことや感謝してることが、本当にたくさんあります。ありがとうございます。

愛瀬:オタクさん…(笑)

ーーーオタクさん(笑)素敵なメッセージ、ありがとうございました!

彼女たちの勢いは止まらない!

直接会う行くことが難しい今だからこそ、改めてファンとの交流を大事にすること、今できることをすることにしっかりと向き合っている彼女たち。インタビューの合間、目を合わせて笑い合うお二人の様子に、しっかりとしたメンバー同士の絆を見たように感じます。

昨年、新メンバー2名を加え更にパワーアップしたイケてるハーツ。7周年に向けて、更に結束を深め突き進んでいく姿から目が離せません。今後のさらなる活躍にも注目していきたいですね!

「サイン入り6周年Tシャツ」をプレゼント!

イケてるハーツさんの結成6周年を記念して、メンバー全員の直筆サイン&ご当選者さまのお名前を入れたTシャツを1名様にプレゼントいたします!

▼キャンペーン詳細
キャンペーン詳細・応募はこちら!
※CHEERZ for スゴ得に遷移します。

▼応募期間
2020/8/27(木)12:00 〜 2020/9/7(月)23:59

SCRAMBLE編集部

SCRAMBLE編集部のアカウントです。
インタビューや独自取材した記事を中心にお届けしていきます。