SCRAMBLE

GO OUT  /  2020.10.23

62514

誰もが釣りタイ!駿河湾で狙う、コマセマダイ!

こんにちは!おかまりこと、岡田万里奈です。

今回は、私の大好きな街、静岡県沼津市の船宿さんから出船し、マダイ釣りに行ってきました!

魚磯丸

まず、今回お邪魔した船宿さんはというと…マダイ釣りでは、とっても有名な船宿『魚磯丸』さん。

沼津市西浦の久料に位置し、平日でも賑わう人気の船宿さんです。

私もデビューしたての頃、よくマダイを釣らせてもらったのですが、今回は数年ぶりにお邪魔することになりました!

釣り方は定番のコマセ

釣り方はというと、定番のコマセ釣り!

小さなエビをカゴに入れ水中で撒き、同じエビを針にもつけます。
餌を食べに寄ってきた魚が、針の餌にも食いついて釣れるという仕組み。

マダイの仕掛けは、普段長さ11m以上のものを使うことが多いですが、今回は5号のハリスを6m使います。

糸を太くして短くする…これが沼津流の仕掛けなのかな?
ひとまず、わからない釣りは郷に従えです!

船の揺れで誘い出す

マダイ釣りの基本は待つこと!だと私は勝手に思っていて、誘いを入れたり動かしてみたりは、ほとんどしません(笑)

普段はルアーの釣りで急か急かしているので、エサ釣りのときはまったり船の揺れに身を任せ、なんなら竿も任せてます(笑)

波と同調して、ふわふわ漂うコマセ。
案外こういうのがよかったりするんじゃないかなぁ…Zzz

マダイ目覚まし

まーったり、ゆーったり揺られながら、もう眠くなってきたーなんてウトウトしていると!

竿がガンガン!と大きく揺れました!

集中してる時は釣れないのに、目を離したりすると掛かる。
釣り人あるあるですね〜おはようございます(笑)

めちゃくちゃ元気に泳ぎ回るので、なんだ?青物か?とみんなが思っていましたが、上がってきたのはキレイなマダイ!!!

目のアイシャドウのような青といい、バチっと開く背びれといい…やっぱり釣れたてのマダイは宝石みたいにきれい…。

竿の動き方は、"叩く"と表現されますが、そのいわれのごとく、叩くような動き方をします。
この引きがたまらず、釣り人は虜になってしまうんですね。

うーん、たしかに思い出すだけで幸せ。わたしももうやられてしまったみたいです。

結局、とんでもないくらい釣れた

結局、この日釣れたマダイは3枚。
一緒にいった記者さんも2枚釣れていました。

ただ驚くのが、なんとこの日マダイ以外にも、サバ、イナダ、イサキ、イラ、そして高級魚カイワリ、全6種のお魚が釣れたんです!!!

もうお土産がたくさんすぎて、クーラーパンパン。
うれしい重みを感じながら、この日の釣りは終了となりました。

釣りの時間は、5時間弱だけど、ずっとずっと釣れ続けていました〜!
本命はもちろんだけど、いろんなお魚に出会えるのは、楽しさも倍増ですね!!!

絶景を眺めながら

帰路に着く頃には、もう夕暮れ。

コロナでなかなか難しくなったけれど、昔はこの景色に魅了され、週一で沼津へ通っていました。

物悲しげな夕焼けは本当に美しくて、秋の終わりの寒さも相まって、心にじーん。

朝焼けや夕暮れの時間、沖にいれるのも釣り人の特権ですね!
この景色、一度見たらもう忘れられません!

今がベスト!

今回ご紹介した、駿河湾のマダイ釣り。
船長いわく、今はベストシーズン、釣れているとのことです!

釣れるときに釣らないと、いなくなっちゃうよ〜とお客さんのおじさまが言っていたので、皆さんも釣れている今、ぜひ行ってみてください!

ちなみにわたしは今回午後便で行きましたが、12時半出船なので、そこまで早起きしなくても大丈夫ですよ♪

綺麗な景色と美しい魚に癒されて、心があったかい気持ちになります。
この秋、是非お勧めしたいマダイ釣り、皆さんも体験してみてください!

魚磯丸

住所:静岡県沼津市西浦久料13-14
電話番号:055-942-3230
定休日:なし