SCRAMBLE

SPORTS  /  2018.07.19

725109

【試合レポ】ジャイアンツ対DeNAベイスターズ

こんにちは。香澄明希です。連日猛暑が続いていますが、皆さまお元気でしょうか。
本日は7月5日に東京ドームで行われた東京読売ジャイアンツ対横浜DeNAベイスターズ戦をリポートします。

「#巨人戦に連れてって」

今年はジャイアンツ初の試みで「#巨人戦に連れてって」というタグをつけてSNSにアップした人の中から1000組2000人を招待するというキャンペーンを行っていたのですが、嬉しいことに私も7月5日のチケットが当選しました。

巨人戦を観に行く度にせっせとTwitterやInstagramに投稿していてよかったです。

席は指定席のFCエリア、Cエリアから選べたのでCエリアを選びました。
少しベイスターズ寄りの2階席。
上から見下ろせる2階席はオープン戦入れて今年3回目ですが、全体が見やすくお気に入りの1つです。

また、この日は良寛さんと夕日の町出雲崎スペシャルナイターということで先着1万名に新潟県出雲崎町のパンフレットと町の特産品の紙風船を、2万名に田舎めしセットがあたるラッキーカードを配布していました。

私は17時前に入ったのですがもう紙風船はなく、ラッキーカードのみの配布でした。
東京ドームの観客者数、すごい…(この日の観客者数は40186人でした)

#巨人戦に連れてってキャンペーンの当選者には同伴者含め全員にオレンジタオルのプレゼントが。
やったー!

ジャイアンツの先発投手は山口俊投手。

今シーズン14登板目。6勝5敗。
ベイスターズの先発投手は今永昇太投手、7登板目、1勝4敗。
2人とも完投能力の高い日本を代表するピッチャーです。

この日の結果を先にお伝えすると6対4でベイスターズが勝利しました。

今永投手は6回110球を投げ被安打4、失点3で今シーズン2勝目をあげました。
対して山口投手は6回115球、今シーズンワーストの被安打10、5失点。

私はこの試合、初回に試合の流れが決まったように感じました。

それは先頭打者の桑原選手が2塁打を打ったあと乙坂選手が送りバントをしたシーン。
バントに勢いがあり山口投手が桑原選手をアウトにしようとサードに投げたのですが、マギー選手のベースカバーが遅れ桑原選手、送りバントをした乙坂選手ともにセーフになりました。

その後乙坂選手は盗塁をし、3番宮崎選手の打ったショートゴロでベイスターズは先制点。
続くバッターは抑えたものの山口投手は初回だけで22球を投げました。

完投能力が高いこと、更に3試合連続(前半戦まででこの次の試合も合わせると4試合連続)中5日での登板だったからこそ、いつもより球数を意識していたと思います。

アウトにできたはずのランナーを守備の乱れから失点に繋げてしまったこと、初回に22球を投げたことでリズムが狂ってしまったのではないだろうかと感じました。

さらに1回裏にジャイアンツはワンナウト満塁のチャンスもあったのですが得点できず、そのまま試合が決まってしまったように思います。

前日7月4日は先日このコラムにも書いた、選手がオレンジのユニフォームを着てプレーする橙魂デーだったのでこの日も限定の橙魂サワーが販売されていました!

みかんフローズンのサワーにスライスオレンジ入り。
濃いみかんジュースをのんでいるようで甘すぎずジューシーな冷たいサワーで暑い夏にぴったりのドリンクでした。

友人は選手プロデュースの中から内海投手プロデュースの、内海哲也のピリ辛‼︎タッカルビライスバーガー。

辛いチキンやキャベツがたっぷり入ったボリューム満点のライスバーガーを食べていました。

私はお酒に合わせようと東京ドームたこやきを。

6個入りの大きなたこ焼きです。

サワーをのみ終わったあとはプレッツェルや

久しぶりにラブポーションサーティーワンも食べました。(球場でのサーティーワンについては、初回のコラムをぜひご覧ください!)

友達は売り子のお姉さんから東京ドームのモナカアイスを購入していました。

東京ドームの形で(四角いけど)ちゃんと東京ドームのロゴが入っている定番のオリジナル商品です!

プロ野球はオールスターも終わり後半戦に突入。

私自身もペースを落とさずしっかり観戦してプロ野球の楽しさをお伝えできるように頑張ります!

香澄明希(かすみあき)

スポーツ観戦が大好きで夢は始球式。
よろしくお願い申し上げます。

Twitter:@praki911