SCRAMBLE

GO OUT  /  2021.01.15

85823

きれいな景色に、きれいな魚。大好きな開成FSの魅力

こんにちは!おかまりこと、岡田万里奈です。

今回は、東名高速大井松田インターを降りてすぐ、都内からのアクセスもとっても便利な管理釣り場、開成フォレストスプリングス(開成FS)へ行ってきました!

昔、父や叔父とよく通ってた開成FS。久々に行って感じた魅力をお伝えします!

広い敷地に大きい魚

開成フォレストスプリングスの魅力といえば、広い敷地!!!

都内から少し離れただけなのに、とってものどかな風景、広い池にはたくさんのトラウトが泳いでいます。定期的に通る電車の音もなんだか素敵なんですよね〜♪

そしてお魚も、かなりサイズの大きい子がたくさん。これは釣り人にとっても嬉しいです!

敷地内のログハウスには、フライ毛鉤やルアーなどの販売も。ランチメニューには、トラウトカレーやトラウトのパスタなど、トラウトにまつわる美味しいメニューが目白押しです。

わたしはいつも、トラウト関係なしのカツカレーをいただくんですが、これがかなり大盛り(笑)
お腹を空かせていかないと、食べきれないボリュームです^^

おしゃれな道具たち

トラウト釣り、なにがテンション上がるかって、やっぱり道具がおしゃれ〜なところ!

それから汚れる心配もあまりないので、普段の服のまま行っても全く問題なし!ファッションも楽しめて、若い人にも人気です。

私が使っているのは、WILDCATというメーカーの竿。いただき物ですが、細部までデザインにこだわっていて、本当にお気に入り!

トラウト用の竿は持ち手がコルクのものも多いので、お家に飾っておくだけでインテリアにもなりますよ!もちろん釣り味も素晴らしいです!

意外と難しくなかった

管理釣り場というとスプーンやクランクベイトで釣るのが一般的なので、まずはスタンダードに〜♪

開成FSは難しいなんて話も聞いていましたが、釣れる場所すら把握していれば、意外とわたしでもすぐ釣れました!

私が行った日は、赤金など目立つ色が良く釣れましたが、日によってお魚の気分はマチマチ。

プロから聞いた話、最低8色くらいはレパートリーを持っておいた方がいいんだそう。それもいろんな種類のルアーではなく、同じ種類のもので合わせることもポイントなんだとか。

釣れないカラーはないけれど、その日釣れるカラーは必ずある。釣りの格言?かなにかで、どこかでだれかが言っていました!(←記憶曖昧すぎ)

まあなんにせよ釣り方は、職員さんに聞くのがベスト!!!

夕陽もきれい

朝まずめ、夕まずめなんて言葉は、釣り界ではよく言われますが、釣れる時間帯はやっぱりエリアトラウトにもあります。

大体の管理釣り場は、朝の10時頃に餌やりをしている?そうなので、その前とかそのくらいの時間帯がよく釣れるそうです。

でも管理釣り場の方に、餌やりの時間を教えてもらうのもなんだか気まずいし、私は朝一か夕方のどっちかに居ることができたらいいのかな〜なんて思っています(笑)

ちなみに開成の16時ごろ。見てくださいこの夕陽。あまりにも美しくて、思わず見惚れてしまいました。

これならもし、魚が釣れなくても、眺めるだけで幸せに帰れる!癒しを求めていくだけでも、素敵な場所だと思います。

しばらくは自粛だけど

緊急事態宣言が再度発令され、世の中でまた自粛の雰囲気が強まってきました。

しばらくは思うようにあちこち出かけられない日が続きそうですが、管理釣り場のお魚は待っていてくれます。

もちろん自粛も大事ですが、自分にとっての息抜きも同じくらい大事!環境が変わってストレスも多く溜まるこれから。

折を見て皆さんも、きれいな景色ときれいな魚に出逢いに行ってみてください!