SCRAMBLE

GOURMET  /  2021.01.26

73186

大人なあなたへ…。グミで嗜む「大人」の味!

こんにちは!グミアーティストのバーディーです!今回はちょっといつもとは一味違う目線でグミを紹介!テーマは【大人】です。
グミってどちらかというと、子どもや若い子が食べるイメージのお菓子だと思うんです!そんな常識を覆すような大人なグミが最近出ているので、紹介して行きたいと思います!

ワインをグミで嗜む!?本格的な味わいのワイングミ!

カルディ 大人のワイングミ

最初に紹介するのは、いきなり一番大人な味のこちら!カルディで発売されている大人のワイングミ!
パッケージもなかなかおしゃれで大人の渋さがありますよね。

そしてまず、袋を開けた瞬間からワインの香りがしてびっくりしました。
ワインのグミと言っても、そんなに本物の香りがするグミなんて今までなかったからです!もうこの香りだけで酔ってしまいそう!

それもそのはず、ちゃんとアルコール分0.3%入っているんです!飲酒運転にならないようにお家で食べないといけませんね!

シンプルな形のグミの中にはジュレが入っていて、上品で香り高い味わいがします。
後味引く味わいで口の中にもワインの香りがいつまでも残るので、本当にワインを飲んでいるかのような錯覚を起こしそうになりますね。

私はお酒が弱い方なのですが、このグミだけで十分酔えます(笑)

特に寒さが厳しい今年の冬にはピッタリのグミ。
仕事が終わったお休みの前日に、家でお気に入りのキャンドルやランプをつけたお部屋でお気に入りの本を読みながらゆっくり味わって食べたい…そんな妄想をしてしまうグミです!

誰もが小さい頃から親しんだあのグミ、大人になった今、また食べてみませんか?

meiji 果汁グミ ほろにが蜜漬けレモンピールIN

続いて紹介するのは、グミに意識を置いてなくても誰もが子どもの頃一度は口にしたであろうグミ、果汁グミから!

パッケージには「大人になったあなたへ。」というメッセージが添えられている、ほろにが蜜漬けレモンピールIN!
なんだかこの、大人になったあなたへ、というメッセージに、ちょっぴり泣きそうになってしまいますね。

そんないつの間にか大人の味が分かるようになってしまった私たちに、果汁グミの懐かしさも兼ね備えて用意してくれたのがこちらです。
蜜漬けのちょっとほろ苦いレモンピールが普通の果汁グミよりもちょっと贅沢で、大人だから分かる美味しさがたまらないんです!

大人な味なんだけど美味しくて止まらなくて、夢中になって一袋平らげてしまったあの頃を思い出すかもしれません。

10周年を迎えたフェットチーネのちょっと贅沢なPRIMEバージョン!

ブルボン PRIME フェットチーネグミ

最後に紹介するのは、10周年を迎えたばかりのフェットチーネグミから10th Anniversaryとして特別に出たPRIMEシリーズ!

パスタのような食感を表現したフェットチーネグミ、割と新しいグミだと思っていたんですが、意外ともう10年も経っていたことに驚きました。
当時からブレない他には無い食感のグミで、私も大好きでついつい一気になくなってしまいます。

一気に食べすぎてしまうグミですが、この度出たのは贅沢な果汁を使用したものになっていて、いつもより味わって食べるように気をつけました!(笑)

味は2種類出ていて、華やかな風味のランブルスコ果汁を使用した贅沢グレープ味と、澄みわたるクリアな風味のシチリア産レモン果汁を使用した贅沢レモン味です!いつものフェットチーネより濃厚な果汁の味わいが楽しめます!

フェットチーネの独特な食感と一緒に、特別な味わいを噛みしめてみてくださいね!

大人になったってグミを楽しもう!

いかがでしたか?今回は珍しい大人向けのチョイスのグミを紹介してみました。

子どものお菓子だと思っていたグミの違う楽しみ方が、大人になった多くの人に伝われば嬉しいです。
この機会にグミからちょっと離れていた人も、今回紹介したグミ以外にもまたグミを楽しんでみてはいかがでしょうか?

年々進化しているグミの世界、子どもの頃とはまた違った楽しみ方を発見できるかもしれません!また、私もそんな新しいグミの発見のお手伝いをこれからもしていけたら嬉しいです。

<商品について>
※販売状況は地域、時期などによって変更となる場合がございます。
※詳しいお取り扱い状況は、販売店等にお問い合わせください。

グミアーティスト☆バーディー

日頃からグミオタクで、グミの収集は欠かせない。グミの様々な可能性をご提案。
日本を初め、海外を飛び回り、世界各国のグミを集めているうちに生まれたグミのアートも製作している。

バーディ

日頃からグミオタクで、グミの収集は欠かせない。
グミの様々な可能性をご提案。
日本を始め、海外を飛び回り、世界各国のグミを集めているうちに生まれたグミアートの製作もしている。