SCRAMBLE

PHOTO  /  2021.02.17

21876

好きが原動力!謎の美女「Aimi」の素顔とは?

様々なフィールドで活躍中の美女たちを写真とインタビューでご紹介。その魅力に迫ります。
今回は「好き」を仕事に活動する謎のベールに包まれた美女「Aimi」さんが登場です!

フェチな部分に美しさを感じる

ーーAimiさんは被写体としての活動をされていますが、今のお仕事をはじめたきっかけは?

Aimi:ちょうど4年くらい前からはじめたんですけど、グラビアがもともとすごく好きだったんですよ。

中でもちょっとフェチなところ、たとえばSMとまではいかないですけど緊縛やラバーだとか、そこに美しさというのを感じていて。

あとは女の人のヌードが好きで、そういう表現をしたいと思ったんです。私はヌードはできないですけど…。

ーー緊縛写真や水中写真など、様々な作品に挑戦されていますね?

Aimi:気になる人をTwitterでフォローするようになったんですけど、見ているだけだとつまらないなと思って。

自ら発信していこうと、Hajime kinokoさんや古賀学さんなど尊敬する作家さんに「モデルにしてほしい」と直談判しました。

仕事が楽しい

ーー今いちばん楽しいお仕事は?

Aimi:そうですね~好きなことなので基本毎回楽しいんですけど、グラビアはもともとすごい好きなので楽しいなと思います。

Aimi:あとは車関係のお仕事とかがすごい好きで、教習指導員の資格をとったんですよ。

普段は教習指導員として教習所で働いています。車もバイクも運転が好きです。

ーー休みの日は何をされてますか?

Aimi:スーパー銭湯が好きで、よく入ります。

あとはホットヨガですね。去年ヨガ指導資格のRYT200を取りました。

会社を設立

ーー「好き」をお仕事をされているAimiさんですが、今いちばん「好き」なものは?

AImi:Pococha(ポコチャ)というアプリで、ファンの人たちと交流しながらライブ配信を毎日続けてるんです。

Aimi:その中で「Aimist(アイミスト)」という会社ができたんですよ!

ファンの人たちとPocochaで相談しながらコツコツと創り上げています。

社会に貢献したい

ーー今後の目標、やりたいことは?

Aimi:そうですね~。なんとなく出来ることはたくさんあると思うんですよ、そつなくこなせるタイプなので。

それでどう社会に貢献していくか、今までお世話になった方やファンの方にどう還元していくかを探しながら頑張っていきたいです。

Aimi(あいみ)

▼AimiさんSNS
Twitter:@aimi_feti
Instagram:aimi_feti

SCRAMBLE編集部

SCRAMBLE編集部のアカウントです。
インタビューや独自取材した記事を中心にお届けしていきます。