SCRAMBLE

ANIME  /  2021.03.12

67776

中毒者続出…!気になる「擬人化アニメ」3選

こんにちは、可恩です♪

近頃のアニメでは、スポーツ、SF、ロボット、恋愛など…数え切れないほど様々なジャンルの作品が放送されていますよね!
そんな中、ひときわ異彩を放っているジャンルの"擬人化アニメ"の中からオススメの作品を3つ紹介したいと思います◎

①はたらく細胞

「はたらく細胞」は、体の中の細胞やウイルスを擬人化した作品で、アニメは1期・2期共に話題となり、現在はスピンオフ作品のひとつ「はたらく細胞 BLACK」が放送されています!

初回放送を観るまでは細胞を擬人化するなんて想像もつかなかったのですが…全く違和感なく擬人化された細胞たちに驚かされたのを覚えています(笑)

「がん細胞」や「すり傷」など、誰しも一度は聞いたことのある細胞や病名がサブタイトルとなっていて、各話ごとに細胞がどんな働きをしているか、ウイルスがどんな悪さをしているのか、などをリアルに学ぶことができます。

細胞やウイルスのメカニズムが十分に学べることから、最近では学校授業の教材としても使用されているんだそうです…!
細胞やウイルスがキャラクター化していることから親近感が湧き、少しでも興味を持つことができるなら先生も生徒も嬉しいですよね◎

自分の体で起こっているメカニズムが解るだけでこんなにも楽しく、そして気にかけることが出来るんだなと思いました◎

②ウマ娘 プリティダービー

「ウマ娘 プリティダービー」は、競走馬をキュートな女の子に擬人化した作品で、2月にはスマホゲームもリリースされ、現在はアニメの2期が放送されるなど、かなり話題となっています♪

「競馬」と聞くと、なかなか入りづらい部分もあると思うのですが…ウマ娘では、尻尾や耳の生えた個性豊かな女の子たちが走って競走をします!

学ぶ機会が少ない競馬のルールや面白さを知ることもできるので、スポーツアニメとしても楽しむことができる作品です◎

競走馬の名前と魂を受け継いで生まれてきた少女たち…という設定なので、キャラクターも実際の競走馬の名前が名付けられていたり、キャラデザも実在の馬を連想するようなデザインが施されているので、競馬ファンからしても胸熱ですよね!

そして一番の見所は、なんと言っても豪華な声優陣♪
キャラクター数も多いので、次世代を担う女性声優陣たちがたくさん出演しています。

一気にたくさんの女性声優さんと出逢える作品でもありますので、ウマ娘で推し声優を見つけるのも楽しいかもしれませんね◎

③ヘタリア

「ヘタリア」シリーズは、様々な国を男性に擬人化した作品で、アニメは全部で6期まで放送されていて、春から7期の放送が決定しています!

擬人化アニメの中でも群を抜いてスケールのデカい題材を擬人化していたので初めは驚きましたが…世界史を軸として、国のイメージや風土などをモチーフとしたキャラクターたちが繰り広げるコメディはかなりクセになります♪

元々は作者の方が個人サイトに掲載した同人誌で、当時の同人誌界を盛り上げた作品のひとつでもあるんです…!

「はたらく細胞」同様、教材にも有用で、難しいテーマである歴史を楽しく学ぶきっかけにもなりそうですし「ウマ娘」同様、本作の魅力も
やはり豪華な声優陣にあります◎

2.5次元舞台や、ゲーム作品なども精力的に展開されている勢いの止まらない擬人化アニメです♪

難しいテーマや非日常的なジャンルでも…。

いかがでしたか?

細胞やウイルスに始まり、競走馬や国まで…!
アニメ界では、かなり幅広いジャンルのものが擬人化されていました。

歴史や科学などの難しいテーマや、日頃中々触れることのないカルチャーでも気軽に学ぶことができるのもアニメの素晴らしいポイント◎

どの作品もシリーズ化されていて、人気もボリュームもたっぷり♪
気になる作品があったら是非この機会にチェックしてみてくださいね!

可恩(かのん)

元「清 竜人25」の第6夫人「清 可恩」、元SKE48、元ももいろクローバーの高井つき奈プロデュースアイドル「simpatix」の初期メンバーとして活動。現在は「Dreamy Melts」として自身が作詞曲、ボーカルを務めるバンドを結成。アイドルとバンドの両方を持ち合わせたマルチな活動から今後も目が離せない。

可恩

元「清 竜人25」の第6夫人「清 可恩」として活動。現在は「Dreamy Melts」として自身が作詞曲、ボーカルを務めるバンドを結成。アイドルとバンドの両方を持ち合わせたマルチな活動に今後も目が離せない。

Twitterアカウント→@Dreamy_Canon