SCRAMBLE

GO OUT  /  2021.04.16

56925

始まりました!春のビッグな「アオリイカ」を狙う

こんにちは!おかまりこと、岡田万里奈です。

さあ、いよいよ、このシーズンがやって参りました!
春のビッグフィッシュ!アオリイカ!!(正確には魚ではない)

春イカといえば、とにかくデカいで有名。
釣りをしない人にとっては、驚くサイズのイカたちが、バンバン…いやボチボチあがる季節です。

今日はその中でも、沖で船を流して釣る「ティップラン」をご紹介します。

使うのは専用のエギ

今回使うのはこちら!エギ!!!!

エギは全部おんなじ形に見えますが、深場用、浅場用、ティップラン用と、実はいろいろ違います。

その中から、今回はティップラン用のエギをチョイス!
色はオレンジとピンクのマーブル、通称オレピンマーブルを使います。

普通のエギとは重さや沈下速度が違うティップラン用。
沖は潮が速いので、それでも軽いな〜やりづらいな〜と思った時は、これまた専用のヘッドシンカーで調整しましょう◎

しゃくってストップ

さて、肝心な釣り方ですが、ティップランの場合はポイントについたら、船を風に任せながらゆっくり流していきます。

なので、エギを真下に落としても、勝手に船の移動で狙ってるポイントが毎回違うのです。

エギを着底させたら、4〜5回パパパっとシャクって、止めるだけ。
エギメーカーさん曰く、この止めが、ちゃんとできるかで釣果に差が出るんだそう。

イカのアタリは以外と繊細なので、ピタッと止まってないと当たりが取れない。なので、しっかり止めて小さなアタリを見逃さないのが大切です!!!

ピタッとに成功し、イカゲット!

竿をしゃくって、ピタッと止めたら、チョンっと竿が曲がって、釣れてくれました!これぞ春イカ!!!!

サイズもばっちし、本当にきれーな生き物です!!!

体の模様が横線のものはオス。点々のものがメス。今回はオスのアオリイカでした!

こんなにでっかいサイズでも、2kgないくらいの春イカ。
大きいものだと、今年で3kgクラスが、相模湾周辺で釣れているんだそうです!かぁーっ!夢が広がりますなー!!

ビッグなイカに出会うのはこれから

ご覧の通り、一回あのサイズのイカに噛まれてしまうと、カチコチのエギもここまでボロボロにされてしまいます。イカの歯ってすごいんです!!

春イカのシーズンはまだ始まったばかり。これから釣り人も増えるとは思いますが、釣れるイカも増えていくので、出会えるチャンスは増えますよ!!!!

皆さんも自分の手で釣ったでっかいイカを思う存分味わってみては、イカがでしょうか…?(←ついやりたくなった。笑)