SCRAMBLE

GO OUT  /  2021.04.23

51632

伊豆の夜を釣る。野生動物との出会いも…?

こんにちは!おかまりこと、岡田万里奈です。

今回は深夜に3時間くらいかけて、伊豆まで車を走らせ、夜に集まる魚たちを狙ってきました。

夜10時、東京を出発

さて、いよいよ伊豆に出発。

コロナ前、静岡は週一で通っていた釣り場なので、わたし的にはあまり遠く感じないのですが、やはり運転3時間。疲れている時には危険な距離です。

お昼に掃除や買い出しなどをして、この日は22時に走り出しました。夕方の変に混んでいる時間より、この時間の方が運転時間が短くて済みます。

野生の鹿!!!

すると!!!!

山道で突然、野生の鹿が顔を出しました!(身体も)

この子たちは夜になると、こうして道路にもやってきます。
車が来ると、基本は逃げていってくれるのでいいのですが、やはり野生動物。間近でみると大きいし怖いです。

この日は、合計10頭くらい鹿を発見しました。

海到着

さて、海に到着しました。

夜の海で釣りするときは、完全にこの常夜灯が指標になります。

明かりに集まる小魚たち。この量やばくないですか…!?

わたしの今日のターゲットは、この小魚を食べるアオリイカ。

でもなんか、平和に誰かに追われてる感じのしない、小魚たちです…(笑)

釣ってみた

ちょっと一旦、この子たちがなんの魚なのか、釣ってみました。
餌を知ることは、ビックフィッシュへの近道。と考えます。

正体は、ネンブツダイ!

こんなに見えてるのに意外と釣るのは難しく、当たるのに食わない〜時間が続きます。
憎いやつらです(笑)

釣れちゃった(笑)

小魚の正体を探っていると、なんと久々に登場。カサゴちゃんが釣れました!

東京だとわたしはほぼ、持って帰らないのですが、駿河湾のカサゴは水の綺麗なところで育っていて、食べたいな〜と思ったりもしました。

今回の子は、流石に小さすぎるのでリリース。もし負担をかけすぎて死んでしまいそうな時は、ちびっ子も持って帰って丸揚げにすると、めちゃくちゃ美味しいらしいですよ!

でもできるだけ、帰れる魚は返したい派です!

アオリはまだっぽいな〜

というわけで、この日は深夜3時近くまで粘ってみましたが、アオリの気配はなし。

ぼちぼち上がっているみたいですが、伊豆といえど、簡単には釣れなさそうです。

春イカは大きくて、食べてもめちゃくちゃ美味しいので、また改めて、釣りに行ってみたいと思います。

釣れなくても豊かな自然や、魚や動物に癒される伊豆の旅、是非みなさんも行ってみてはいかがでしょうか?

    岡田万里奈

    釣り好き一家の一人娘です。アオイソメはもう噛みちぎれるレベルまできています。よろしくお願いします!

    【テレビ】
    テレ玉「フィッシング倶楽部」(不定期出演)
    釣りビジョン「釣りステ釣会議」(不定期出演)

    【新聞連載】
    日刊スポーツ 「オカマリの雨のち晴れ、いっつも釣り!」