SCRAMBLE

ENTERTAINMENT  /  2021.05.19

52008

アクション女優としても注目の「搗宮姫奈」日々挑戦し続ける人でありたい

ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』や映画『翔んで埼玉』など数々の作品に出演する女優の「搗宮姫奈」さん。初主演作である映画『爆裂魔人少女 バーストマシンガール』以降は、アクションを演じることのできる女優としても注目を集めています。5月は舞台に出演、6月には映画の公開も控える搗宮さんにお話を伺いました!

ーーデビューのきっかけを教えてください。

搗宮:2015年に開催された「Girls Award 2015 SS」のオーディションでグランプリをいただき、デビューしました。

ーー今まで演じた中でいちばん印象に残っている役は?

搗宮:初主演作である『爆裂魔神少女 バーストマシンガール』のアミちゃんです。

主演であると同時にほとんど初めての映画撮影でもあり、振り返ってみると本当にがむしゃらに頑張っていたなという印象です。

ーー様々な作品でアクションに挑戦されていますが、アクションの大変な点・やりがいを感じる点を教えてください。

搗宮:どのお仕事でもそうだとは思うんですが、アクションって本当に極めようと思うとゴールがないんです。

だからこそ、理想のアクション像にたどり着けるよう日々訓練して、作品に貢献できた時に一番の喜びを感じます!

ーー体作りのために普段やっていることはありますか?

搗宮:変にストイックなところがあって「あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ」って考えに陥りがちなんですけど、それだとやっていて楽しくないし続かないんですよね…。

体を動かすのは好きなので、自分の好きな時にアクションの練習をして、自分が食べたいと思ったものを食べる、という風にストレスフリーな生活を送ることを心掛けています。

ーー趣味や特技を教えてください。

搗宮:趣味は本当によく変わるんですが(笑)、今は格闘技とミュージカルにものすごくはまってます!

あとはドライブとか映画やアニメをひたすら見ちゃいます。

特技は水泳とアクションです!

ーーお休みの日は何をしてますか?

搗宮:観劇か映画を観るか、ドライブかショッピング!たくさんありますね(笑)。

スニーカーや洋服が大好きで、ドライブがてらアウトレットに行ってショッピングしたりすることもあります。

車の中でめちゃくちゃ歌うので、通りすがりの人にすごい目で見られてしまったことも(笑)。

ーー最近いちばんうれしかったことは?

搗宮:私、自分が成長したなって感じられた時にすごく幸せを感じるんです。

去年、珍しくものすごく悩んでしまった時期があったんですが、そんな時にある戯曲を扱うオーディションを受けたんです。

演出家さんの言葉や戯曲と向き合うことで自分が成長できた気がしたので、それがうれしかったです。

ーーこれから演じてみたい役はありますか?

搗宮:3歳の頃から15年間水泳をやっていたんですが、当時一緒に試合出ていた選手達がたくさん東京オリンピックの代表に選ばれているんです。

そのことに大きな刺激を受けているし、彼らの気持ちは誰よりもわかると思うので「水泳」をテーマにした作品に携わってみたいですね。

たとえスイマー役でなくても何らかの形で作品に参加できたらなと思います!

ーー今後の目標、将来の夢を教えてください。

搗宮:海外の作品に携わりたい、戯曲を演じてみたい、アクションをもっと極めたい…などなど、やりたいことが多すぎてひとつに絞るのは難しいですね(笑)。

自分らしく色々なことに挑戦し続けられる人でありたいです。
そのために日々成長を続けなきゃと思ってます。

搗宮姫奈(つきみや ひめな)

1996年11月16日生まれ。映画『爆裂魔人少女 バーストマシンガール』で初主演。
2021年5月21日(金)〜30日(日)まで舞台「SEPT Vol.10 ReAnimation ReUnion/ReVise」に出演。
2021年6月25日(金)より映画『Bittersand』が公開予定。

▼搗宮姫奈さんSNS
Twitter:@himenachaaaaan
Instagram:himenachaaaaan

SCRAMBLE編集部

SCRAMBLE編集部のアカウントです。
インタビューや独自取材した記事を中心にお届けしていきます。