SCRAMBLE

ANIME  /  2021.05.21

69624

一体誰?様々なガチ「元祖」キャラを考えてみた

こんにちは、可恩です!

多種多様な個性を持つアニメキャラが絶え間なく誕生している中で、ふと「この系統の元祖キャラクターって誰なんだろう…?」と考えたことはありませんか?
そこで今回は、様々なキャラクターの型となったガチの「元祖」キャラクターを考えてみました◎

・博士キャラの元祖

白衣に禿げ頭、白髪のふわふわ毛に大きな鼻…!
「博士」と聞くと、何故かこのようなイメージのキャラクター像が浮かびますよね。

そのようなイメージの元祖は『鉄腕アトム』のお茶の水博士であると考えられます◎

まさに絵に描いたような博士の原型を作ったキャラクターであり、少しおっちょこちょいな性格までもが現代のキャラクターにも影響を与えていると言えるでしょう。

まさに『名探偵コナン』の阿笠博士(あがさひろし)などはお茶の水博士を彷彿させますよね♪

・ロボットキャラの元祖

ロボットキャラと聞いて、現代のヲタクが一番に思い浮かべるのは『機動戦士ガンダム』シリーズなどだと思いますが、40年の歴史があってもなおアニメ史の中では「元祖」ではないのです!

そこでもっと歴史を遡ってみたところ…日本初のロボットアニメ『鉄人28号』の鉄人28号が元祖で間違いないと考えました。

ロボット好きなら誰もが知ってる偉大な作品でもありますし、様々なロボットアニメがこの作品からの影響を少なからず受けていて、1970年代にはロボットアニメが男の子から絶大な人気を誇り、後続作品がたくさん放送されるようになりました◎

『マジンガーZ』や『機動戦士ガンダム』などの名作たちも、もしかしたら『鉄人28号』が無ければ生まれていなかったかもしれませんよね…!

・魔法少女キャラの元祖

"魔法少女"と聞くと、可愛いフリフリの衣装を纏い、様々な能力を使えるキャラクター像を想像しますよね!

現在では様々な系統の魔法少女が登場しているものの、やはり元祖は『魔法使いサリー』のサリーちゃんだと思います♪

1966年に「東映魔女っ子シリーズ」第1作として放送開始され、今でもなおそのジャンルは一定層の人気を誇り、現在では"魔女っ子"を受け継いた"魔法少女"としてアニメ界の大きなジャンルの一つとなっています。

一番分かりやすいのは、女の子が大好きなピンクの衣装を主人公が纏うスタイルで、このスタイルは『おジャ魔女どれみ』シリーズや『魔法少女まどか☆マギカ』にも継承されています◎

もしもサリーちゃんが青い衣装を身に着けていたら…どれみちゃんやまどかも青い衣装を着ていたかもしれないと思うと面白いですよね!

歴史は受け継がれている!

いかがでしたか?

こうして見ていくと、アニメの歴史はしっかりと受け継がれていることが分かりますよね!

他にも「元祖ロリコンキャラ」や「元祖ヤンキーキャラ」など…元祖が気になるキャラクターがたくさん居るので、またいつか調べて続編を書きたいと思います♪

可恩(かのん)

元「清 竜人25」の第6夫人「清 可恩」、元SKE48、元ももいろクローバーの高井つき奈プロデュースアイドル「simpatix」の初期メンバーとして活動。現在は「Dreamy Melts」として自身が作詞曲、ボーカルを務めるバンドを結成。アイドルとバンドの両方を持ち合わせたマルチな活動から今後も目が離せない。

可恩

元「清 竜人25」の第6夫人「清 可恩」として活動。現在は「Dreamy Melts」として自身が作詞曲、ボーカルを務めるバンドを結成。アイドルとバンドの両方を持ち合わせたマルチな活動に今後も目が離せない。

Twitterアカウント→@Dreamy_Canon