SCRAMBLE

GO OUT  /  2021.08.06

106338

マグカツの季節到来!三重外洋でスーパーボイルを打ち倒す!

こんにちは!おかまりこと、岡田万里奈です。
今回は、大きいキハダが釣れることで有名な、三重県へ。
夏の代名詞、マグロ&カツオを狙い撃ちします!!!

穏やかで自然いっぱいの三重

さて、出港〜!

ということで、初めて三重の港から沖に出ました!

三重県は、何度か海上釣り堀で行ったことがありますが、外洋に出ていくのは今回がはじめて!
わくわくどきどきです。

水面では、かわいいトビウオが船の前をビューン!と飛んでいきます。
水が綺麗で、トビウオが飛び立つ瞬間がくっきり見える!

一瞬船にびっくりして、あちこち泳いだ後、水面を飛び出して飛んでいくんですね〜
これが三重に来て、初めての発見でした!

待ち構えていたのは

ある程度、沖に出ると、待ってましたー!!!とばかりに現れたのは、カツオの群れ!

上からは鳥が、下からはカツオが、で水面は大変なことに(笑)

この光景は「スーパーボイル」と呼ばれ、相模湾などでもよく見られるのですが、次元というか、レベルの違う魚の量、サイズで釣り人のテンションも上がりまくり!!!

最強ルアー現る

そして、このボイル、大活躍したのがこのルアー。

『ルーディッシュ/スミス』

投げて、ただ巻くだけのミノーなのですが、これが釣れる釣れる…!!!

もちろんジグなどでも釣れるのですが、このルアーのヒット率は異常。
カツオの中に、キメジ(キハダのちっちゃいやつ)も混じり、ずーっと釣れ続けた、まさに最強ルアーでした。

シンキングで、飛距離、動き共に素晴らしい。
あとはポイントとして、ルアーの落ち方がヒラヒラとものすごい動きをするので、是非一本持っておくことをおすすめします。

もちろん、わたしもゲット

そして、ででーん!!!!

カツオがでかい!!!!

これでもアベレージサイズで、大きいものだと6kgくらい?あるんだそうです。

わたしが去年釣ったメーター超えのシイラがちょうど6kgだったので、いかに肉厚かわかる!

この子はもちろん頂きましたが、脂もノリノリでとても美味しかったですよ♪

残念、キハダには敗れる…

そのあともこのようなナブラは、ひたすら続き…。

途中からはこのカツオが、キハダへ代わり、ナブラの大きさもすごいことに(笑)

ただ、食べている餌が小さく、なかなか食わせきれない時間が続きました…。

でもその中でもきっちり釣っている人はいて、キハダの平均サイズは30kg手前くらい。

わたしにとっては十分大きいと思ったのですが、ここでは最低サイズとのことでした。

50kg、60kgがバンバン跳ねる三重の海、やっぱりすごい!

キハダに会える日を夢見て

残念ながら、今回もキハダに会うことはできませんでしたが、わたしはまた、大物に出会いにチャレンジしに行きたいと思います!

今回はルアーで狙いましたが、これからの時期はエサでも狙えます。

エサなら初心者の方でももっと簡単に、キハダに出会えるチャンスがあると思うので、ぜひ夢のキハダ、皆さんも取りに行ってみてください!!!

そして、三重の海、とっても綺麗なのでぜひ遊びに行ってみてくださいね!

    岡田万里奈

    釣り好き一家の一人娘です。アオイソメはもう噛みちぎれるレベルまできています。よろしくお願いします!

    【テレビ】
    テレ玉「フィッシング倶楽部」(不定期出演)
    釣りビジョン「釣りステ釣会議」(不定期出演)

    【新聞連載】
    日刊スポーツ 「オカマリの雨のち晴れ、いっつも釣り!」