SCRAMBLE

ENTERTAINMENT  /  2021.08.11

50292

『刑事7人』にゲスト出演の【味方良介】たくさんの作品にトライしていきたい

今注目の若手俳優・味方良介さんが8月11日放送の『刑事7人 Season7』(テレビ朝日系)第4話にゲスト出演します。
2011年のデビュー以来、『熱海殺人事件』で主演を務めるなど数々の舞台作品に出演する実力派として知られている味方さん。2020年1月のドラマ『教場』(フジテレビ系)に出演以降は、映像作品にも活躍の場を広げています。
11月には舞台『鴎外の怪談』への出演が予定されている味方さんにお話を伺いしました。

『刑事7人 Season7』で逃亡犯に

『刑事7人 Season7』の第4話で味方さんが演じるのは、宝石店窃盗事件で実刑判決を受けたものの収監前に逃亡し手配中である登戸和馬。託児所で保育士や子どもたち、田辺誠一さん演じる海老沢刑事を人質にとって立てこもるという重要な役柄です。

ーー『刑事7人 Season7』の撮影に参加した感想は?

味方:とてもアットホームな現場だなと感じました。長年のコンビネーションや距離感が絶妙で力まず、フラットなテンションで参加することができました。「以前から知り合いだったかな?」というくらいフラットで明るい座組みで居心地が良かったです。

ーー撮影時のエピソードがありましたら教えてください。

味方:非常にテンポの良い撮影で、ワンシーンワンシーンがあっという間に進んでいくので自分のシーンはとてもチャレンジングでした。4話がどうなっているか放送を観て楽しみたいです。

ーー『刑事7人 Season7』第4話の見どころは?

味方:田辺誠一さん演じる海老沢芳樹の人柄や人間力が垣間見える場面が多くあります。その中で、僕が演じる登戸和馬の心が揺れ動く様も観てもらいたいです。

話題作の再演に出演

映像作品でも活躍する一方で、11月からは二兎社公演45『鴎外の怪談』に出演。二兎社主宰の永井愛さんが作・演出を手掛ける、2014年に上演された話題作の再演です。

ーー「鴎外の怪談」に出演が決まった時の感想は?

味方:「お、二兎社!!嬉しい!これは凄いことになりそうだ!」という気持ちと同時に、「大丈夫か…」「あんな素敵な言葉を紡ぐ作品と戦えるのか…」「無敵な諸先輩方と作品のなかでどう会話していけばいいんだろう…」と今から戦々恐々としています。

ーー初めての二兎社公演への出演となりますが、主宰の永井愛さんの印象は?

味方:演劇や文学という言葉がとてつもなく似合う方だなと感じたのが第一印象です。まだまだ共に作品を作るということが出来てないので、どういった演出をなさるのか今から楽しみです。

ーー『鴎外の怪談』では永井荷風役を演じられます。意気込みをお聞かせください。

味方;永井荷風に限らず、この作品は鴎外を取り巻く人間たちが鴎外にもたらす個々の"何か"が重要なのでは?と今は勝手に思っています。そして言葉一つ一つがどう作用するのか、させれるのかが楽しみです。まあ、今はまだ想像の段階ですが…(笑)。

ーー2020年の『教場』から映像作品に出演されていますが、演じる上で舞台作品との違いはありますか?

味方:違いは当然ありますが、違うと思って演ることはやめにしています。何かを演じるということよりそこで生きるということを大切にしたいな、と。なかなか難しいですが、そうやってたくさんの作品にトライしています。

ーー最後に、今後の目標を教えてください。

味方:今も昔も変わらず、舞台に立ち続けることです。そして映像作品により多く携わり、舞台演劇という世界を僕の微々たる力で広げていきたいです。

味方良介(みかた りょうすけ)

1992年10月25日生まれ。東京都出身。
2011年にデビューし『熱海殺人事件』など舞台作品を中心に活躍。2020年『教場』で映像作品に初出演。

『刑事7人 Season7』

毎週水曜日よる9時、テレビ朝日系で放送中。

二兎社公演45『鷗外の怪談』

▼東京公演
2021年11月12日(金)~12月5日(日)
東京芸術劇場シアターウエスト

▼全国ツアー
2021年11月7日(日)、12月16日(木)~2022年1月24日(月)
埼玉、長野、山形、滋賀、兵庫、山口、静岡、豊橋、北海道で公演予定

SCRAMBLE編集部

SCRAMBLE編集部のアカウントです。
インタビューや独自取材した記事を中心にお届けしていきます。