SCRAMBLE

GO OUT  /  2021.10.08

40512

釣り×おしゃれは難しい?釣りの「映え写」の撮り方!

こんにちは!おかまりこと、岡田万里奈です。

釣り×お洒落って…。なかなか結びつかないイメージでしたが、近年では釣りブームもあり、だいぶ形になってきました。

わたしもインスタはおしゃれにしたい!と半年前から映え写真にこだわって更新しているのですが…。

今回はそんな釣りシーンで映える写真の撮り方を、ご紹介したいと思います!

磯場は最高のステージ

まず、おすすめしたい映えスポットが、磯!!!

これはなかなか、一般の人は行かない場所だと思いますが、広大に広がる磯場は、自然界が創り出したまさに最高の映えスポット!!!

地磯といって、歩いて渡れる磯も多く、ハードルも実は高くありません。
(※滑ることがあるので、礒靴は履くことをおすすめします)

基本周りに建物などがないので、ここぞとばかりに、まわりと差がつく写真が!

技術いらずの映えスポットです!

ブラックバス×山

続いて、ボートで浮かぶ湖。そして、ブラックバス!!!

湖の水は大抵みどり色をしていて、山々に囲まれているため、全体的に緑配色の写真になります!

そこに主役のブラックバスがどーん!ときたら、これはもう映え写真以外の何者でもない!
バスも綺麗な緑色をしているので、同系色のまとまりある一枚になります。

また、バス釣りは全世界共通人気なので、#blackbassのタグを付けると、海外からのアクションも多め!

釣るのは難しいバス釣りですが、浮いてるだけで映え写真が撮れるので、こちらも手軽です。

ルアー写真は、木を使おう

続いて、釣りには欠かせない釣り道具。

もしあなたが釣り道具を写すなら、迷わず周りの木を拾うべし!!!(笑)

私も元々ルアーに関しては、上手に撮れなくて悩んでいたのですが…。
この映え写の撮り方は、プロのカメラマンさんが教えてくれました!

ただでさえ難しい、この物撮りという工程…。
木が背景にあるだけで、いきなりクオリティの高い写真ができるので、騙されたと思ってぜひやってみてほしいです。

また、自然光を入れるとさらに素敵な写真になるみたいですよ!

釣り×おしゃれは実現できる

いかがでしたか?

釣りシーンでの映え写真、私はこんな風に工夫して、おしゃれ化計画しています。

釣りならではの映え写で、自分だけの釣り雑誌のようなインスタを作るのが夢。

今回は一部をご紹介しましたが、わたしが釣り写真を撮ってきた中で知り得た知識がまだあるので、またこういった記事を書きたいと思います!

みなさんもいい釣り映え写真が撮れたら、是非報告してくださいね!

    岡田万里奈

    釣り好き一家の一人娘です。アオイソメはもう噛みちぎれるレベルまできています。よろしくお願いします!

    【テレビ】
    テレ玉「フィッシング倶楽部」(不定期出演)
    釣りビジョン「釣りステ釣会議」(不定期出演)

    【新聞連載】
    日刊スポーツ 「オカマリの雨のち晴れ、いっつも釣り!」