SCRAMBLE

SPORTS  /  2022.04.19

57284

初めての体験!競輪場で【競輪観戦】してみた!

こんにちは。
香澄明希です。
先日、初めて競輪場で競輪観戦してきました。
とても楽しかったので、私のように初めての競輪場デビューの方にも参考にしていただけるようにと簡単にレポートをさせていただきます。

川崎競輪場

今シーズン初野球観戦の翌日、3月27日に初めて川崎競輪場に行ってきました。

川崎競輪場は駅から離れているのですが、川崎駅から無料のシャトルバスが出ているのでバスで川崎競輪場に向かいます。

バス停に出走表が置いてあったので、出走表を見ながら向かいました。

川崎競輪場の入場料は100円。

入り口を入ったところにも出走表が置いてありました。
出走表は無料でもらえるのですが、どの選手がどのレースで何時に出走かがわかるので、必須のパンフレット(?)です。

バンクの前に椅子とテーブルがあったので、そこでごはんを食べながらレースを待ちました。
競輪場グルメがとても充実していたので、また改めてご紹介させてください。

レースが始まったら、周りの方を見よう見まねで金網によじ登って観戦するスタイル。
大人なのにこんなお行儀悪いことができるなんて、とわくわくしました。

近すぎて金網の隙間からうまく撮影できなかったのですが、スタートラインが目の前で選手やレースを間近で見ることができました。

出走前の選手を観察する私。
知らない間に誰よりも前のめりでした。

電撃引退を発表した高木真備(たかぎ まきび)選手

水色4番車が高木選手

横からだけでなく上からも観戦することができ、ガールズケイリンは上から観ました。
このオッズパーク杯、報知新聞社杯を最後に引退を発表した高木真備選手。

高木選手は2021年のガールズケイリングランプリ、賞金女王を獲得された日本一の選手で、このレースがこの日1番の観客の多さでした。

この後電撃引退を発表されたのですが、最後の最後で高木選手のレースを観られたのはとてもラッキーだったと思います。

的中したレースの確定板と記念撮影

競輪場で競輪観戦は敷居が高くて今まで中々踏み出せなかったのですが、レースの迫力や競輪場の雰囲気がとても楽しくて、1レース目から最終レースまでしっかり観戦しました。

やっぱりスポーツは現地で観戦するのが一番!ますます競輪が好きになりました。
好きなスポーツが増えて、とっても幸せです。