SCRAMBLE

PHOTO  /  2022.07.21

97918

【AXXX1S特別インタビュー】もっと幸せにできるように頑張りたい「遠藤幹也」「橋本夏椰斗」

ボーイズアイドルグループ・AXXX1S(アクシス)のメンバーである、遠藤幹也さんと橋本夏椰斗さんのお二人に特別インタビューいたしました。
実は幼馴染というふたりに、出会いのキッカケや現在開催中の東名阪福を廻るツアー「Booze Beat 2022」への意気込みについて訊きました。

幼馴染で仲良し!出会いのキッカケは?

遠藤:小学校1年生のときに初めて出会って、そこから中学校までは一緒でした。同じクラスになったことがキッカケで話すようになりましたね。
橋本:ふたりともドラゴンボールが好きだったんですよ。
遠藤:それで意気投合みたいな。
橋本:そうそう(笑)。休み時間に一緒に絵を描いたり。今も好きで、よく『ドラゴンボール』の話をしています。
橋本:育った環境が一緒なんで、好きなものも多分似ているんですよ。中学生の時は、よくトイレで見よう見まねでフリを一緒に踊っていました。
遠藤:そんな感じだったんですけど高校は別々。卒業してからはそれぞれ働いていました。成人式で夏椰斗に会った時に「一緒にやろう」と声を掛けて、ふたりでやることになったんです。
橋本:二人ともアーティスト系を目指して、こいつ(遠藤)がダンスの専門通っていて、俺が歌の専門学校に通っていたんですよ。話しを持ち掛けられたときは、興味があったので話しを請けました。
遠藤:ひとつ目のグループではそんな感じで一緒になって、ふたつ目のグループでは別々に。それから時を経て「AXXX1S」でまた一緒になったんです。
橋本:幼馴染で、しかも同じグループで活動している人はなかなかいないですよね(笑)。

幹也から見た夏椰斗は「カッコいい男」

遠藤:(夏椰斗は)昔からカッコよくて、ちょっとキザなところがあるんですよ。でもそれがカッコいいんですよ。俺が見る限り、キザな部分は眠っていると思うんですよね。侠気はあると思います……あるよね?
橋本:あるって言われたことはない(笑)。
遠藤:あとはスタイルもいい。細さやスタイリッシュさ、向こうから歩いてきた時とかに「うわー」ってなります。
橋本:バレーをやっていたら伸びたのか今は175cmあるんですけど、僕は小学校卒業するぐらいのときは154cmしかなかったんです。なので小学生の時は全然幹也の方が大きかったんですけどね。
遠藤:僕は小学生で160cmあったんですけど、その時から成長が止まっちゃって。今は7、8cmくらい差ができちゃいました。

夏椰斗から見た幹也は「なんでもできる人」

橋本:なんでもちょっとやったらできちゃう、みたいな。勉強もスポーツもだいたいできるしカッコいいからモテるんですよ。そういうところがちょっとムカつきます…いや、いいなって思います(笑)。
遠藤:いや、夏椰斗の方がモテていましたよ!
橋本:ぶっちゃけ五分五分か、ちょっとコッチ(幹也)の方がモテていました。
遠藤:えー。でも夏椰斗は身長も高いし、脚も長くてスタイルが良いんですよね。ちょっと憎たらしい(笑)。
橋本:ハハハ(笑)。昔はコイツ(遠藤)カッコいい系だったんですよ。でも、今はかわいくないですか?年を重ねるにつれて、徐々に若返っている気がして。僕はそこも腹が立ちますね。
遠藤:自分じゃわからないんですけどね。
橋本:昔の写真見てほしい。絶対にそのときの方が老けてるよ!
遠藤:なんだろう、人前に立つようになって意識が変わったのかな。でも最近は大人っぽさもほしいなとは思います。

東名阪福を廻る「Booze Beat 2022」がツアー中!福岡、大阪、東京でのライブへの意気込みは?

遠藤:初めてのツアーになります。成功させられるか不安な部分もあるんですけど、お客さんにいい夏にしてもらいたいです。
橋本:それに普段は会えないお客さんが多いと思うんです。特に福岡は「AXXX1S」自体が行くのも初めてなので、その人たちを精一杯楽しませられるような熱い夏にしたいです。
遠藤:そのために、演出なども含めいろいろ考えているよね。全部で4ヶ所廻るんですけど、全部違った部分を見せて楽しんでもらえたらなと思います。

最後にファンの方へのメッセージをお願いします。

遠藤:いつも応援してくれるみなさん、ありがとうございます。僕自身、まだ「AXXX1S」に入って半年なんですけど、いつもみなさんが応援してくれるおかげでグループ活動も楽しいし、毎日がとても充実しています。こんな僕ですが、もっとみなさんを幸せにできるように頑張るので着いてきてください!

橋本:僕も入って早半年になります。曲がいいのもあるんですけど、ライブを心から楽しいと思えるのは、ファンのみなさんが幸せそうに観てくれているからです。そのおかげでモチベーションも上がるし、もっともっと笑顔にしたいという気持ちになります。これからもっと上の景色を見られるように、もっともっと幸せにできるように頑張るので、みなさんよろしくお願いいたします。

遠藤幹也(えんどう みきや) 橋本夏椰斗(はしもと かやと)

▼「遠藤幹也」さんSNS
Twitter:@mikiya_0423
Instagram:mikiddd77

▼「橋本夏椰斗」さんSNS
Twitter:@kayatooo0
Instagram:_kayyato_


▼STAFF
撮影:山﨑優祐

SCRAMBLE編集部

SCRAMBLE編集部のアカウントです。
インタビューや独自取材した記事を中心にお届けしていきます。