SCRAMBLE

SPORTS  /  2018.12.04

ヤクルト秋季キャンプ『坊ちゃん球場』レポート!

こんにちは!一緒に飲めるアイドル『飲みドル∞エイトカンパニー』の田邉絵莉です。このコラムでは野球についてのお話しをさせていただきます。

今回は東京ヤクルトスワローズの秋季キャンプ見学のために松山へ行ったお話です。

キャンプ地は坊っちゃんスタジアム

スワローズの秋季キャンプは2004年から松山の坊っちゃんスタジアムにて行われています。

因みに球場の正式名称は「松山中央公園野球場」。坊っちゃんスタジアムというのは公募により付けられた愛称です。夏目漱石の小説「坊っちゃん」の舞台が松山市なのでそこから命名されたようです。

坊っちゃんスタジアムへ行こう!

坊っちゃんスタジアムの最寄り駅はJR予讃線の市坪駅です。「四国」というと遠くから来られる方は少し行きづらく感じてしまうかもしれませんが、実は松山空港から近くてとても行きやすい球場なんです!

松山空港から松山駅まではバスやタクシーで約15分。そして松山駅からJR予讃線に乗り3分程で市坪駅に到着します!新幹線をご利用の方は岡山駅から特急しおかぜで松山駅へ行くことができます。地元が岡山の私はしおかぜで向かいました!

朝早くに家を出たのでしおかぜの中では寝ようと思ってたのですが、窓から綺麗な海や山が見えたり、すれ違う電車にあんパンのキャラクターのイラストが描かれていたりと色々な景色を眺めるのが楽しすぎて、全く寝られませんでした。

球場に到着!

岡山を出てから約3時間、球場に到着しました!

坊っちゃんスタジアムの客席は内野が約20,000席、外野が約10,000席です。一つ一つの席の感覚が広くて、ゆったり座って観ることができました。

この日はお昼からは通常の練習ではなく地元の子ども達の為の野球教室が開催されました!

こちらも客席から見学することができたのですが、大勢の子どもたちに指示を出したり、お手本を披露して盛り上げたり、一人一人に丁寧に指導していたりと普段の試合とは違う選手達の姿が見られてとても楽しかったです。

松山滞在2日目

野球教室の翌日、この日は丸1日通常の練習メニューが見られるということで張り切って朝早くから球場へ行きました!

私の松山旅行はこの日が最終日、しっかりと目に焼き付けなければとかなり気合いを入れていたのですが…

雨!!
どこまでも広がる曇り空!写真では分かりづらいですがかなり激しい雨が降っていました。

しかし選手達はこの雨のなかを走っていたり、室内での練習が少し覗けたりとこの日も練習見学を楽しむ事はできました。

ただ1つだけ…坊っちゃんスタジアムの周辺ってコンビニが全く無いんですよ。雨具を忘れても傘もカッパも買えません。

更にこれからの季節は気温も下がるので、野外球場での練習見学やイベントの時は雨だけでなく寒さにも気を付けないといけませんね。

初めてのキャンプで浮かれてしまい傘も防寒対策も忘れていた私はこのコラムを書いている今もくしゃみが止まりません。皆様もお気をつけください!

    WRITER

    田邉絵莉

    一緒に飲めるアイドル『飲みドル∞エイトカンパニー』のメンバーとして活動中。

    Twitter:@tanabe_eri

    MORE

    「スポーツ」の人気記事