SCRAMBLE

SPORTS  /  2018.12.18

【川崎】あの選手が流した「涙」の理由とは…?

こんにちは!川崎フロンターレサポーターの森本愛理(えり)です!先日行われた、FC東京戦、すなわち多摩川クラシコで、多くのフロサポが感動した長谷川竜也選手の涙のゴール。その涙の理由を、お話しします!

舞台は「多摩川クラシコ」!

私はお父さんの影響で、小さい頃からサッカー観戦が大好き!応援しているチームは川崎フロンターレ。ライブやお仕事がない日は必ず試合観戦に行くほどのフロサポです!

先日の対FC東京戦「多摩川クラシコ」は、ライブのためDAZN(ネット生中継)観戦。

フロンターレは二連覇が決まっているため、この日は普段のスタメン以外の選手が多く先発として出場しました。

その中でも、多くのフロサポが注目したのは、まだ今季まだゴールがないFWの長谷川竜也選手。

長谷川竜也選手は、細かいドリブルが魅力。身長は164cmと小柄ですが、逆にそれを生かして、スピードのある細かいドリブルで、左からゴール前までスルスルっと軽やかにシュートまで持っていけるのが強みです。

ですが、今季初ゴールが誤審で取り消されてしまってから、ゴールはなし。

そんな中、先発で出場した長谷川竜也選手は、「応援してくれる人のために頑張ろう」そう、特別な思いをもって試合に挑んだそうです。

誰もが待っていた長谷川選手のゴール

知念選手のゴールで1点リードしていた後半5分。普段長谷川選手が練習してきた「ゴール前の入り」の成果を発揮。

知念選手のこぼれ球をヘディングで押し込み追加点!今季初ゴールを決めました!!

フロンターレの選手、サポーター、誰もが待っていた長谷川選手のゴール。

選手同士で喜びあった後、すぐにサポーターの元へ行き、大きくガッツポーズを見せました。その目には涙が…。

試合後のコメントでは、「本当に苦しんだ1年だった。応援してくれた人の顔が浮かんで感極まりました」とコメントされていました。

選手とサポーター、そして私を含めたネット観戦していた多くのサポーター全員で共に喜んだ、熱い念願のゴール。

長谷川選手ならではの強みを生かして、来シーズンもまだまだ活躍が見たいです!!

    WRITER

    森本愛理

    PPAPピコ太郎の姉妹グループ、Chubbinessのメンバー。

    日本初!痩せたらクビ!太りすぎてもクビ!エリートぷに子集団!

    Chubbinessとは『ぷに子が日本をHAPPYに』を合言葉に、2013年6月にavexとCanCamが手を組んで開催した「全国ぷに子オーディション」で約3500名の中から選ばれた個性派揃いの9人組。

    Chubbiness は【ダンス】【歌】【ファッション】から【おいしい】まで様々なジャンルでみんなのHAPPYをサポートします!

    MORE

    「スポーツ」の人気記事