SCRAMBLE

SPORTS  /  2018.12.12

745303

【大学ラグビー】熱戦!激しいタックルに大興奮

皆さんこんにちは!kolmeのRUUNAです。

ラグビーファン歴もうすぐ2年になる私が!このコラムで皆さんと一緒にラグビーについてますます詳しくなっていくため、たくさんの情報を発信していきます\(^^)/

先日11月25日に行われた関東大学リーグ戦「大東文化大学vs東海大学」の試合内容について今回もお届けします!!前回は大東文化大学にスポットを当てたので、今回は東海大学メインでいきたいと思います♪

愛称はSEAGALES!

青ジャージが東海大学です

東海大学ラグビー部は1963年創部の歴史ある部で、チーム愛称はSEAGALES(シーゲイルズ)です。

全部員数はなんと!200人以上です!すごい!人数です!

そして何より、東海大学出身の有名なラグビー選手がいます!!皆さんご存知ですか?現在ラグビー日本代表のキャプテン「リーチマイケル選手」の出身校でもあり、大学ラグビーの名門校です。

東海は、試合出だしからすごく落ち着いてプレーをしていました。

緊張している様子も感じられず、いい意味で力が抜けていたような雰囲気でした。

私が一番驚いたのはディフェンス(守り)です!タックルが凄かったです!!久しぶりにドキドキしたプレーでした♡

低く下半身を狙い一発で相手を仕留めるあのタックルを私も受けたい!と観戦中は思っていました(笑)

大東文化が得点エリアへ迫っていく際も脅威の守りで、攻めている側の大東文化が少しずつ後ろへ下がっていく場面を見ていて、パワーとプレッシャーという名の圧を感じました。素晴らしいです♪

キックもすごく上手で、ちょうど際どい良いポイントに蹴るので、試合を活発に動かしていた印象です!

スクラムは大東文化が強く、少し苦手な相手そうでしたが…今回のメンバー表を見ると3年生のメンバーが多かった事もあり、来年更にどんなチームになっているのか楽しみです♪

スーパーラグビーに参加する選手も!

そして、東海の応援は一体感があって迫力がありました!ラグビー部の選手達の低い声がグラウンドに響き渡ってました。私は大東文化も東海も好きなので片方を応援と言う形はできなかったのですが、本当に良い試合でした!!

ちなみに、13番CTB(センターバック)のトンガ出身「アタアタ・モエアキオラ選手」はニュージランドの「チーフス」と契約し、来年2019年のスーパーラグビーに参加する事が決定しているようです!!大学生ながら海外の有名チームでプレイするという注目選手です\(^^)/

大学ラグビーの醍醐味は毎年チームの色が変わるところ、そしてプロへ進む姿を見れるところだと思います!!ぜひ、皆さんも大学ラグビー観戦に行ってみて下さい♪お値段もリーズナブルなのでオススメです♡

それでは、また次回お会いしましょう。

    RUUNA

    KOUMI、RUUNA、MIMORIの3人によるガールズユニット『kolme』で活動中。
    2014年12月30日に結成。
    それぞれの得意分野を活かし楽曲やパフォーマンスをセルフプロデュースする新しいスタイルのガールズユニットとして活動をスタート。
    リーダーのRUUNA、ダンスを得意とするKOUMI、作曲を得意とするMIMORIの3人が一体となったクオリティーの高いダンスと楽曲の創造性溢れるパフォーマンスが魅力。