SCRAMBLE

SPORTS  /  2018.12.18

【ヤクルト】2018年のシーズンを振り返る!

こんにちは!一緒に飲めるアイドル『飲みドル∞エイトカンパニー』の田邉絵莉です。このコラムでは野球についてのお話しをさせていただきます。

今回は2018年シーズンのスワローズを振り返ってみたいと思います!

思った以上に盛りだくさんの出来事が!

…と思ったのですが、実際振り返ってみると思った以上に色々ありました。

チームは昨シーズンから一気に飛躍し、セ・リーグ2位。

そして選手一人一人の活躍を振り返っても、最優秀中継ぎの近藤投手に、守護神石山投手、ブキャナン投手の二桁勝利、風張投手、中尾投手、大下投手の初勝利、バレンティン選手の打点王、村上選手の初打席初本塁打、山田選手、川端選手、上田選手のサヨナラホームラン等々…。

とにかく嬉しいことが多すぎて流石に全部は書ききれません!

というわけで今回は、シーズン中の沢山の出来事の中で私が特に声を大にして「おめでとう!」と言いたい事を3つご紹介します!

偉業!山田哲人選手、3度目のトリプルスリー!

まずはミスタースワローズ山田哲人選手です。

山田選手に関しては盗塁王にベストナイン、自身初のサヨナラホームラン、そのホームランで6月のスカパー!サヨナラ賞受賞、7月の月間MVPなど書きたいことが沢山ありますが、やっぱり1番は3度目となる「トリプルスリー達成」ですね!

「打率3割・30本塁打・30盗塁」

以上の成績が求められるトリプルスリーですが、今シーズンの山田選手は【打率3割1分5厘、34本塁打、33盗塁】でした。

3度目の達成は日本プロ野球史上初です。もう凄すぎて何と言っていいか…。
こんな素晴らしい選手がいる時代にヤクルトファンになれて本当に幸せです。

山田選手なら4度目のトリプルスリーも達成できてしまう気がします。来シーズンも活躍期待しています!

高橋奎二投手、3年目の初勝利!

2つ目は高橋奎二(けいじ)投手のプロ初勝利です!

10月2日、プロ3度目の先発で勝ち星はまだ無し。

恐らくレギュラーシーズン最後の登板になるであろうこの日に、なんとしてもプロ初勝利を飾って欲しくて試合中ずっと祈りながら見ていました。スワローズファン歴4年の中で1番緊張して観た試合だと思います。

結果、バレンティン選手の2本塁打もあり見事プロ初勝利!

そして初のヒーローインタビューも見ることができ、本当に忘れられない試合となりました。

来シーズンはシーズンの最初から先発ローテーション入りして、更に勝ち星を増やしていって欲しいです。

独立リーグ出身者初のFA取得!

そして最後は、私の中で1番大きかった出来事。

私がスワローズ選手の中でも特に応援している三輪正義選手が、独立リーグ出身者としては初となる国内フリーエージェント(FA)権を取得しました!

三輪選手が取得した国内FA権は、NPB(日本野球機構)の球団と選手契約を締結できる権利で、原則として8シーズン(2007年ドラフト以降の大学・社会人出身者は「7シーズン」)一軍登録された選手が取得できる権利です。

プロとして一軍でやってきたからこそ取得できる権利。移籍しちゃったらどうしようと思いつつも、やっぱり取得して欲しくてシーズン中は「あと何日でFA権…」とずっと数えていました。

無事に取得できて、しかも行使せず残留してくれるとのことで本当によかったです。

職人技と呼ばれるバントも内外野どこでも守れる守備も俊足もいつも元気な所も全部大好きなので、これからもずっと応援していたいです。

今から来年が楽しみ!

冒頭にも書きましたが、今シーズンは本当に嬉しい事が多く、勝ち試合も多くて楽しいシーズンでした。

オフシーズンのキャンプや自主トレを経て、更に強くなるであろう来シーズンのスワローズが今から楽しみです!!

    WRITER

    田邉絵莉

    一緒に飲めるアイドル『飲みドル∞エイトカンパニー』のメンバーとして活動中。

    Twitter:@tanabe_eri

    MORE

    「スポーツ」の人気記事