SCRAMBLE

SPORTS  /  2019.01.01

ルーキーで日本代表入り!守田英正選手の魅力

こんにちは!フロンターレサポーターの森本愛理(えり)です!2019年から行われる【AFCアジアカップUAE2019】の日本代表に、川崎フロンターレから唯一選出された守田英正選手はなんと大学上がりのルーキー。そんな守田選手の魅力をお伝えします!

お父さんの影響で小さい頃から、サッカー観戦が大好き!試合の日にライブやイベントがなければ必ず試合観戦に行くほどのフロサポです。

守田英正選手って?

先日、2019年から始まる【AFCアジアカップUAE2019】の森保ジャパンの日本代表メンバーが発表されました!我らが川崎フロンターレから唯一選ばれたのは、MFの守田英正選手。

彼は川崎フロンターレのベテラン、中村憲剛選手や、日本代表メンバーにも何度も選ばれている大島僚太選手と共にプレーし、時にはスタメン争いをするほど、フロンターレでは欠かせない存在です。

守田選手は23歳のプロ1年目!

ですが何と!守田選手は23歳のプロ1年目なのです!!

春に大阪の流通科学大学を卒業し、フロンターレに入団。2018年のはじめの試合「富士ゼロックススーパーカップ」のセレッソ大阪戦では、すでに途中出場。

そして4月14日のリーグ戦、ベガルタ仙台戦ではリーグ戦初先発を果たしました!

さらに9月には、同じポジションの大島僚太選手と、山口蛍選手が怪我のため、日本代表に追加招集されました!

大学卒業1年目のルーキーにも関わらず、フロンターレはもちろん、日本代表としても活躍する守田選手のプレーは一体どんなものか?

一言で言うと、【とても視野が広く、絶妙な位置に攻めたパスを出せる】です。

大島僚太選手と少し似ていて、とても視野が広く、サイドチェンジがすぐできたり、フリーの選手をしっかり見ていたり、攻撃に繋がるようなチャンスを作る縦パスを入れるのが得意。

MFですがかなり攻撃的で、守田選手が絡むと、得点が期待できるほどです。

守田選手の魅力はボールキープ力!

もちろん縦パスだけでなく、直接ボールを貰わず走り込みをしてパスをもらうフェイントをかけて相手DFを動かし、ゴール前でスペースを作るのもとても得意。

そして、なんといってもボールキープ力。

身長177cmとズバ抜けて大きな体格でもないですが、強い体とテクニックを生かして、ボールはなかなか取られません。

相手DFに攻められても、面白い形でキープする。それも守田選手のプレーの魅力なので是非注目してほしいです。

来年から始まる日本代表戦で、ぜひ守田選手のプレーに注目してみてください!

    WRITER

    森本愛理

    PPAPピコ太郎の姉妹グループ、Chubbinessのメンバー。

    日本初!痩せたらクビ!太りすぎてもクビ!エリートぷに子集団!

    Chubbinessとは『ぷに子が日本をHAPPYに』を合言葉に、2013年6月にavexとCanCamが手を組んで開催した「全国ぷに子オーディション」で約3500名の中から選ばれた個性派揃いの9人組。

    Chubbiness は【ダンス】【歌】【ファッション】から【おいしい】まで様々なジャンルでみんなのHAPPYをサポートします!

    MORE

    「スポーツ」の人気記事