SCRAMBLE

GAME  /  2018.12.22

560200

【水沢柚乃インタビュー】ゲームは1日10時間!カレンダーで時間管理も!?

「10秒グラビア」でその名を轟かせ、2018年はミスiD2019にも選出された今大注目のグラビアアイドル・水沢柚乃さん。
コアなゲーマーとしても知られる彼女がスクランブルにて連載をスタートすることに!
そこで、水沢柚乃さんにインタビューを敢行!デビューのきっかけからゲームの話、そして連載テーマについてなど色々とお話を伺いました。

毎日朝までゲーム!

--ゲームがお好きなんですよね?

水沢:ゲームはずっとやってます。幼稚園くらいからやっていて、最初はゲームボーイの「ポケモン緑」でした。

その後もドラクエとかやってたんですけど、中学生の頃に「MMORPG」にどハマりしちゃって…高校生になってもやってたんですけど、ある日お母さんに「ネトゲやりすぎ!」って怒られて、パソコン取り上げられちゃったんです(笑)。

それで、しょうがないからゲーセン行くようになって…ゲーセンのゲームを極めていきました。やっていたのは主に音ゲーですね。段位があるものは一番上まで行って、大会へ出るために遠征したり。そんな感じでゲームをずっとやっています。


--ゲームは一日どれくらいやるんですか?

水沢:一日10時間はやります。気付いたら10時間経ってるっていうか…。

仕事から帰って来て、夜11時くらいからゲームを始めて、それで朝8時くらいまでやります(笑)。


--好きなゲームはなんですか?

水沢:今やっているのはパソコンの『PUBG』と、スマホゲームの『Shadowverse(シャドウバース)』ですね。

昔はドラクエもポケモンも好きでしたけど、一番ハマったのはMMORPGの『マビノギ』と、音ゲーだと『SOUND VOLTEX(サウンドボルテックス)』ですね。

趣味のゲームが仕事に

--ゲームが生活の一部ですね?

水沢:ゲーム系のお仕事が多いので、起きてゲームの仕事でゲームして、帰ってきてからゲームして、みたいな時が下手したらありますね(笑)。


--eスポーツへの憧れなどはありますか?

水沢:プロゲーマーレベルになると、ゲームが上手い人からさらに頭3つ、4つくらい抜けているんですよね。普通のプレイヤーには超えられない壁があると感じています。

だから、なりたいなと思うことはなくて、見てるだけで楽しいかなという感じですね。

大会はよく見に行きます。こないだはPUBGの大会の後シャドバの大会をハシゴしました。以前には友達が優勝したこともあって、すごくアツかったです。その時はみんなで号泣しちゃいました(笑)。

仕事も含めてゲーム漬けの毎日ですね。


--趣味が仕事になっていますね?

水沢:でも、やっぱり大変な時期もありました。時間がなくて1個のゲームをやり込めなくなっちゃうことがストレスになったこともあります。

一時期はカレンダーツールでスケジュールを立てていて、この日からこの日はこのゲーム、この日からこの日はまた別のゲーム、みたいな管理をしていました。仕事が近いものやイベントがあるゲームを優先して、深夜に賑わっているゲームは深夜にやったり。端末3つ使ってソシャゲやったり。

最近は友達とスマブラやったりもしていて、ちゃんとゲームを楽しめていますよ。でも以前は3時間眠れば大丈夫だったんですけど、最近はなかなか起きれなくなってきましたね…。仕事の合間に寝ています。

負けず嫌いのあまり…

--ゲームが上手くなるコツはありますか?

水沢:個人的な感覚なんですけど、ずっとやっていると、ある日急にコツを掴むことがあります。ひたすら練習ですね。でも集中力がなくならないように、あまり長時間やり続けすぎないことが大事です。

ゲームによって、戦術を研究したり、とにかく練習したり、やることは変わってきますけど、たとえばFPSやシャドバは練習系ですね。戦術は、上手い人やプロゲーマーの方の話を聞いたりして教えてもらうといいです。

あとは、ちゃんと寝ること。寝ないと頭が動かなくなっちゃうので。疲れたらしっかり休むことが大切ですね。


--ご自身で一番上手かったと思うゲームはなんですか?

水沢:音ゲーですね。難しい曲のスコアがツイッターで2000RTくらいされたことがあります。自撮りよりも伸びた(笑)これもひたすら練習でした。

あとは、シャドバのランク上げがストレスすぎて、蕁麻疹が出たことあります。ポイント2000上がった翌日に2500落ちたりして…配信で泣きながらシャドバしてたこともあります(笑)。負けず嫌いなので、とにかくその時はランクを上げたくて。


--食事はどうしていますか?

水沢:ちょっと不規則ですね。がっつり食べる日と、全然食べない日があって。深夜にラーメン食べたくなったりしますけど、ゼリーやおつまみ系でしのいだり。あとは糖分を摂ったりします。糖分を摂らないと集中できないですね。

ゲームの「ながら飯」で一番おすすめなのは、「ウイダーinゼリー」です。手が汚れないし、手軽に食べられます。あとはカニカマをよく食べています。カニカマを吸い込んだらフィルムを捨てるだけでいいので(笑)。

「10秒グラビア」が話題

--芸能のお仕事を始めるきっかけはなんですか?

水沢:ポートレート撮影に応募したら、実はそれが水着の撮影会で…断れきれなくてやってみたんですけど、案外大丈夫で、しばらく続けてみようと思いました。

それからグラビアのお仕事もやらせていただくようになって。ゲームが好きだったので、ゲームのお仕事がある事務所に入って、今に至っていますね。


--ツイッターをすごく活用されていますね?

水沢:もともとフォロワーが3万人いたんですけど、それを10万人にしたいと思って目標にしてました。フォロワーが多いとお仕事につながることも多いかなと思って、アナリティクスを見てましたね(笑)。

事務所の先輩でもある倉持由香さんを参考に「10秒グラビア」を始めたりして、目標達成できました。


--「ミスiD2019」も受賞されていますが、応募のきっかけは?

水沢:純粋に興味がありました。好きな人がみんなミスiDの出身者だったりもするので。もともと私オーディションが苦手だったんですけど、それを克服したい気持ちもありました。ミスidって、自分をちゃんと持っていないと出られない気がして。

そしたら結局、めっちゃ病んで、最終面接では号泣しました(笑)なんとか「10秒グラビア」をやって受かることができましたね。いろんな人からおめでとうと言われて嬉しかったです。

ゲーマだからこそのコラムを書きたい!

--今後やりたいことはありますか?

水沢:グラビアが好きなので、グラビアの機会が増えたらなと思っています。

あとはゲーム上手くなりたいです。もっと上手くなりたい!


--コラムの連載にあたって意気込みをお聞かせください

水沢:毎日めちゃくちゃゲームしてるガチ寄りのゲーマーなので、実際に私が食べている「ながら飯」もそうですし、ほかにもプロゲーマーの方から聞いたものなどを、ご紹介していければいいなと思っています。

水沢柚乃(みずさわゆの)

10秒グラビアン。
twitter上で「#10秒グラビア」というコンテンツを作り発信し半年でフォロワー10万人以上アップ!現在では15万人以上!
ゲームの公式プレイヤーとして現在5タイトルでレギュラーを務める今、グラビア界で最も勢いのあるゲーマーグラドル。

Twitter:@mizuyuno_
Instagram:mizuyunosan_
Blog:https://ameblo.jp/mizuyunosan/

併せてチェック!

左:川井優沙さん 中央:水沢柚乃さん 右:藤井えるさん

水沢柚乃さんの所属事務所GPRからは、女優でモデルの川井優沙さん、スポーツ万能のモデル・藤井えるさんの連載もスタート予定。
お二人のインタビューも併せてチェック!

川井優沙さんのインタビューを見る
藤井えるさんのインタビューを見る

    SCRAMBLE編集部

    SCRAMBLE編集部のアカウントです。
    インタビューや独自取材した記事を中心にお届けしていきます。