SCRAMBLE

SPORTS  /  2019.01.29

【フロンターレ】感動のベストゴールは…!?

チャビネスの森本愛理(えり)です!休みの日にライブやイベントがないと、1人でも観戦に必ず行くくらいフロンターレが大好きなフロサポです。そんな私が選ぶ、昨シーズンのベストゴールをご紹介します!

お父さんの影響でサッカー観戦が大好き!昨シーズンもライブがない日は必ず試合観戦!たくさんの試合を生で応援できました!

2018シーズンはフロンターレの年!

昨シーズンはJリーグ2連覇を果たした川崎フロンターレ。MVPもフロンターレの選手、家長選手が選ばれました。

中でも私が一番だと思う感動のベストゴールは…。

10月20日のヴィッセル神戸戦!

10/20にホームの等々力陸上競技場で行われたヴィッセル神戸戦。

大人気で注目を集めているイニエスタ選手やポドルスキ選手が相手チームで活躍し、2対3で一点リードを許しているフロンターレ。

そんな時に、勝利に繋がる同点弾を決めたのは、フロンターレに移籍してからリーグ戦公式初ゴールとなった、齋藤学選手のゴール!

左サイドで家長選手のパスを受けた斎藤選手は、得意のドリブルとトラップで相手DFを1人かわし、強烈シュート!

2017シーズンまで10年間横浜F・マリノスのエースを務め、昨シーズンからフロンターレに電撃移籍をした斎藤学選手。

新たな挑戦として移籍されましたが、怪我の影響もありなかなか試合に出られず、心配するサポーターの声も多くありました。

そんな中、久々のスタメン起用をされた斎藤選手は「何としてでも結果を残さなければならない」そんな状況でした。

「決めない限りここにいる意味はない。申し訳ない」と、一週間前の試合で肩を落とした斎藤選手でしたが、こうした逆境に強いのがフロンターレ。そして見事フロンターレカラーに染まった齋藤学選手。

サポーターをワクワクさせるようなスピードと、テクニックに優れた得意のドリブルから、そのまま自分でシュート!

齋藤学選手の一番得意とする形での、公式戦初ゴールとなりました!

いろんな思いや状況があってのゴールだったので、フロンターレの試合では私にとって昨シーズンの優勝が決まった時以来の感動の涙。

その日、フロンターレの場内を盛り上げたあと、隣で一緒に見られていた事務所の先輩、DJ KOOさんもとても感動されていました!!

多くのサポーターが熱く興奮し、感動したゴール。
イニエスタ選手とDJ KOOさんが驚いたゴールは、まさしくこれです。

これが私が選ぶベストゴール2018です!

「まだまだやれる」

そうコメントし、さらにサポーターを盛り上げた斎藤選手の今後にも期待大です!

    WRITER

    森本愛理

    PPAPピコ太郎の姉妹グループ、Chubbinessのメンバー。

    日本初!痩せたらクビ!太りすぎてもクビ!エリートぷに子集団!

    Chubbinessとは『ぷに子が日本をHAPPYに』を合言葉に、2013年6月にavexとCanCamが手を組んで開催した「全国ぷに子オーディション」で約3500名の中から選ばれた個性派揃いの9人組。

    Chubbiness は【ダンス】【歌】【ファッション】から【おいしい】まで様々なジャンルでみんなのHAPPYをサポートします!

    MORE

    「スポーツ」の人気記事