SCRAMBLE

SPORTS  /  2019.01.29

7599

あの名捕手が教える!最高の『プロ野球観戦術』

こんにちは!一緒に飲めるアイドル『飲みドル∞エイトカンパニー』の田邉絵莉です。
このコラムでは、野球についてのお話しをさせていただきます。
今回はシーズンが始まる前に是非読んでほしいオススメの野球本をご紹介します!

古田式・ワンランク上のプロ野球観戦術

2015年3月13日に朝日新書より発売された古田敦也さんの著書『古田式・ワンランク上のプロ野球観戦術』です。

著者である古田敦也さんは、1989年のドラフト会議にて2位指名を受け、トヨタ自動車からスワローズに入団し、2007年の現役引退までスワローズ一筋で活躍。2006年・2007年には監督も兼任されました。

ベストナインを9回、ゴールデングラブ賞を10回受賞。
スワローズの、そして日本プロ野球の歴史に名を残す名捕手です。

初めて読んだのは3年以上前

実はこの本、私がスワローズファンになって初めて読んだ野球関連の本なんです。

私がスワローズファンになったのは、2014年シーズンの終了直後でした。
きっかけは、知り合いから面白いと勧められて読んだスワローズのマスコットキャラ『つば九郎』のブログです。

偶然にも、最初に見た記事は2014年10月8日の「きみがいるだけで。」というタイトルの記事で、小川淳司監督への想いが綴られた記事でした。

当時の私はスワローズどころか野球も全く見なくて、選手の名前すら一人も言えないような状態だったにも関わらず、なぜかこの記事を読んで号泣。その日から東京ヤクルトスワローズというチームを応援することを決意したのでした。

自分自身がそんな変わったきっかけからスワローズファンになったので、野球を観る理由や球団を応援する理由は人それぞれでいいんじゃないかと思っています。

マスコットが好き、チアが好き、選手がかっこいい、球場でビールが飲みたい、地元のチームだから応援する、ユニフォームがかわいい、好きな人が野球好き、等々。

勿論、楽しみ方も人それぞれ。野球のルールや技術面に詳しくなくても楽しむ方法はいくらでもあると思います。

だけど、野球の知識を1つでも多く得ることで野球を観るのがもっと楽しくなるかもしれない、私はそう思ってこの本を手に取りました。

初めて読んだのは、何度か試合を見に行ってやっと少しルールを覚えた頃でした。

観戦初心者にも分かりやすくて読みやすい

この本は本当に説明が丁寧で分かりやすくて、当時野球知識が全然無かった私でも難しいと思う事が全くなく最後まですんなり読むことが出来ました。イラスト付きの解説があるのもとてもありがたいです。

アンパイアとのやり取り等、野球経験者にしか分からないお話も沢山書かれてとても面白かったです。

そして最近またこの本を読み直して、「次はこういうところにも注目して見たいな」という部分が増えたので、シーズン開幕がより一層楽しみになりました!早く試合が観たい!!

ワンランク上の観戦をしたい皆様、おすすめです!是非読んでみてください!

    田邉絵莉

    一緒に飲めるアイドル『飲みドル∞エイトカンパニー』のメンバーとして活動中。

    Twitter:@tanabe_eri