SCRAMBLE

PHOTO  /  2022.09.09

58816

【美少女スクランブル】着物を着て、琵琶を弾く役とかできたらいいな(笑)「竹内詩乃」

令和に輝く次世代の美少女を写真とインタビューでご紹介していく写真連載「美少女スクランブル」。今回は、2021年に「第8回日本制服アワード」で女子グランプリを受賞し、「日本一制服が似合うショートカット美少女」として注目を集める女優の竹内詩乃さんをご紹介。その愛らしい見た目からは想像できないギャップあふれるプライベートについて語っていただきました。

行った先でたまたま抹茶関連のお店と出合うのがいいんです

食べ物は何でも好きなんですけど、中でも抹茶が好きです。すごく好きで、いろんな抹茶カフェを巡ったりしますし、ひたすら抹茶を載せるだけのインスタのアカウントがあるんです(笑)。ただ、面倒臭いこだわりがありまして、自らお店を探して行くんじゃなくて、行った先でたまたま抹茶関連のお店と出合うというのがいいんですよ(苦笑)。

京都の宇治にあるパン屋さんがすごくおいしくて! 京都は名産なので、周りを見渡せばすぐに「抹茶」って目に入ってくるので大好きな場所です(笑)。

空いている日があったら、すぐに行っちゃうくらい京都が好き

「抹茶」という面でもそうなのですが、歴史好きでもあるので京都は本当に好きです。何日か空いている日があったらすぐに行っちゃうくらいで、先月も3回くらい行きました。宇治は絶対行きますし、寺社仏閣が好きなのでいろんなところにお詣りに行っています。

あとは、海が好きですね。夏はもちろん入りますし、冬でも一人で鎌倉の海に行ってパンを食べながらボーっと眺めたり。なんか海を見てうると心が落ち着くんですよ。悩み事があっても見ていると忘れられるので、ふらっと行って帰ってきたりとかよくやっています。

琵琶を弾くのにハマっています

最近は、琵琶を弾くのにハマっています。アニメの「平家物語」を見てすごく感動して、「私も琵琶を弾きたい」と思って、夏から習い始めたんです! どうやって習えばいいか分からなかったので、そのアニメで琵琶を弾いている先生を頑張って調べて、自分から連絡したんです。まだ習い始めて2ヶ月くらいなのですが、すっごく楽しいです! 単純に先生と仲良しというのもあるのですが…(苦笑)。この間、先生の公演が広島であったんですけど、大好き過ぎて一緒に付いて行きましたし。

居酒屋のあのわいわいした雰囲気がいいんですよねぇ

20歳になってお酒を飲めるようになったので、仲のいい友達と居酒屋に行って夜遅くまで飲んで話したりできるのがすごくうれしいです。あまりたくさんは飲めないんですけど、ビールがおいしくて!(笑)

居酒屋のあのわいわいした雰囲気がいいんですよねぇ。仲のいい事務所の子とか、それこそ琵琶の先生とも飲みに行きました。お稽古の帰りに電車が止まっていたので、ちょっと飲みに行くつもりが、気付いたら終電近くまでしゃべってました。

シャチのショーをやる人に憧れて、手紙を書きました

実家が千葉で、小さい頃から鴨川シーワールドによく行っていて、シャチのショーをやる人になりたかったです。海の生き物でシャチが一番好きで、小学1年生くらいの時からずっと憧れていて、シャチの飼育員さんに手紙を書いたことも。しばらく経って、家に「夢に向かって頑張ってください」というお返事とシャチのイラストが描いてあるポストカードが届いて、すごく感動したことを覚えています。

時代劇にすごく出てみたいです!

歴史が好きだから、時代劇にすごく出てみたいです! 着物を着て、琵琶もやっているから琵琶を弾く役とかできたらいいなって(笑)。

思ったことを口にするようにしたら、人間関係が円滑に

最近は思ったことをすぐ言うように意識しています。以前は、他人に遠慮して言わないでいたら「何考えてんの?」みたいに言われてあまり良くなかったこともあったので、最近は何でも思ったことバンバン言うようにしたら人間関係も円滑に進むようになったので。

春夏秋冬、1年を通して私の成長やそれぞれの景色の美しさを見てほしい

7月15日の私の誕生日に初の写真集「内緒」を発売させていただきました。高校を卒業してから1年かけて撮影したものなのですが、春夏秋冬、1年を通して私の成長やそれぞれの景色の美しさを見てもらえたら! また、私と一対一で居るような雰囲気になっているので、「2人だけの内緒だよ」という感じを楽しんでいただけたらと思います。

竹内詩乃(たけうち しの)

Twitter:@takeuchi_shino
Instagram:takeuchi_shino_official

▼STAFF
ヘアメイク:JULLY株式会社
撮影:関根いおん

SCRAMBLE編集部

SCRAMBLE編集部のアカウントです。
インタビューや独自取材した記事を中心にお届けしていきます。